NGT48の中井りか、吐き気を伴うほどひどい首の痛みがが原因で、握手会を欠席したことを謝罪しました。

それについて「吐き気を伴うほどひどい首の痛み」が原因となる病気は何なのか?
という憶測が飛び交っています。


そこで、NGT48・中井りかが握手会を欠席したほどの痛みを及ぼす原因と、
そこから推測される病気の可能性を探ってみました。



Sponsored Link





吐き気と首の痛みからくる病気は?


NGT48,中井りか,原因,病気,活動,吐き気,首の痛み


まずは、首が原因で起きる病気にはどんなものがあるかをピックアップします。

首は身体を支える重要な部分です。

そのため、首の痛みを原因とする病気があるのです。

では、その病気の可能性をピックアップします。

  • 頸肩腕症候群
  • 胸郭出口症候群
  • 肩関節周囲炎(五十肩)
  • インビンジメント症候群
  • 頸部脊柱管狭窄症
  • 変形性頸椎症
  • 頸椎すべり症



尚、中井りかさんが首の痛みに関して公表していたコメントは下記の通りです。

「わたしは今首に痛みがあり横や上下に激しくうごかしたり、力を入れたり、できない状況です。笑うだけでもズキズキしていました。そして精神的にもそのせいでかなり追い詰められていて、、そして1番は首の痛みに伴った吐き気がすごくて、今日は主にそれが原因でおやすみしました」




上記でピックアップした病気のうち、若い女性がなりがちな首の病気が「胸郭出口症候群」になります。

胸郭出口症候群は、胸郭出口(一番上の肋骨(第一肋骨)と鎖骨、そして斜角筋がつくるすき間)が狭くなって圧迫されると、の神経や血管が狭くなり、肩こりなどの症状が出てくるそうです。

尚、特定の動作をしたときに腕や肩がだるくなったりする人がかかりやすいとのこと。


さらには、首の病気で手術をした芸能人で言えば、YOSHIKIさんがいます。

YOSHIKIさんは「頸椎椎間板ヘルニア」「頸椎椎間孔狭窄症」になっていて、どちらも首の病気です。
ライブパフォーマンスなどで大きく首を振ったりすることも多く、それも病状が悪化した原因だともいわれています。




中井りかさんもライブパフォーマンスで歌って踊っては当然に行っています。
それだけに、以前から少しずつ身体へ負担がかかっていたのかもしれません。

中井りかさんの首の痛みが単なる肩こりからくるものなら大事には至らないでしょうけれども、慢性的な痛みが続くのでれば、ちゃんと精密検査を受けて原因を特定したほうがいいかと思います。



今後の活動に関する影響は?


今回のサイン会では、セカンドシングル「世界はどこまで青空なのか?」の発売記念個別握手会を第3部から5部まで欠席したとのことです。

NGT48の中井りかさんも、
「今日しか会えない人も今日のためにお仕事学校頑張ってた人も居ただろうに、ほんとにほんとに申し訳ありません。ほんとにごめんなさい」と謝罪の弁を述べており、本人としても今後の活動に関しては敢えて明記はしていません。


けれども、中井りかさんは2017年4月のNGT48デビューシングル「青春時計」でセンターを務めるほどの主要メンバーです。
また、6月の選抜総選挙では23位に入った人気メンバーです。

事務所側の意向としても、ちゃんと症状を改善した上で、万全の体制で活動をしてもらいたいと思っていることでしょう。

今は、重大な病気でないことを願うばかりです。


まとめ


. 2018年1月9日(火) NGT48劇場2周年 前夜祭特別公演 自己紹介 #中井りか

ONE MORE LIGHTさん(@one.more_____light48)がシェアした投稿 –





今回、NGT48の中井りかさんが首の痛みからくる吐き気と症状によって精神的に追い詰められての握手会欠席。

やはり、慢性的に身体(の一部)に強い痛みがあると、歩き回ったり人と話をしたりするのにも影響が出てしまいますよね。


また、NGT48の中井りかさんのようにアイドルという立場からすると、いつも笑顔でニコニコして手を振ったりする必要があります。

でも、首の痛みと吐き気、精神的な落ち込みから周りに笑顔を振りまくのもかなりキツかったと思われます。

NGT48の中井りかさんは、アイドルである前に一人の若い女性です。

先にも述べましたが、大事に至る前にちゃんと精密検査を受けて、しかるべき対応をしてほしいと切に願います。


以上、「NGT中井りかが深刻な病気の可能性!?原因と今後の活動は?」でした。