時事

いちごの日の由来は?ローソンのイチゴが美味そう過ぎてヤバいwww

1月15日は「いちごの日」です。
1月5日かと思いきや、実際は1月15日になっています。
それではなぜ苺の日が1月15日になったかの由来や、どこがいちごの日を定めたかをご紹介します。

ショートケーキを始め、様々なスイーツで人気のいちご。
ローソンでもこの日は大々的にいちごを大売り出し中です!


そんないちごの日に関する情報を是非、ご参考ください。


いちごの日の由来は?


それではさっそく、いちごの日の由来やそれを定めたのはどこか、
などの情報をまとめていきましょう。


■月日:1月15日

■由来:いちごの日の由来は、「いいいちご」のごろ合わせとなっています。ただのイチゴではなく、良いイチゴということですね。

■制定:全国いちご消費拡大協議会によって定められました。


1月中旬はいちごの収穫・出荷が徐々に多くなってきます。

けれども、いちごは一年中、ハウス栽培などもされているので、あまりこの「いちごの日」は世間には周知されていないのが現状です。

ただ、一部の和菓子屋さんなどでは「いちごの日」を境に「イチゴ大福」を大々的にPRしていくお店もあったり、地方でも様々なイチゴにまつわるイベントを催したりしています。

もっと「いちごの日」が世間に浸透し、日本中がいちごを美味しく食べる日になったら良いですよね。

スーパーや八百屋さんでも、いちごの日ではイチゴの特売をしたりしていますので、是非ぜひ、お近くにイチゴを購入しにいってはいかがでしょうか。



いちごの日に関する世間の声


本日は「いちごの日」。

世間の皆さんがいちごの日に関してどのような関心を持っているのか、
などの声をまとめていきます。

いちごの日はやっぱり美味しいショートケーキが食べたいですね♪




皆さん、思い思いにイチゴを食べたりしていますね。

やっぱりショートケーキもいいけれど、パフェもいいですよねー!


ローソンでもいちごの日キャンペーン!


dailytopic_20190115_02

ローソンでも1月15日のいちごの日にちなんで、イチゴ関連の商品を売り出し中です!

dailytopic_20190115_03

dailytopic_20190115_04

イチゴのドーナツやスイーツは一般的ですが、イチゴのサンドイッチはこの時期ならではのラインナップではないでしょうか。

とても美味しそうなローソンのイチゴ商品。

お昼ごはんやおやつの時間に、ちょっとローソンに寄ってみてはいかがでしょうか?


Sponsored Link

いちごの日の由来やローソンキャンペーンまとめ



今回はいちごの日に関する由来や、どこが制定したのか。
そして皆さんのいちごの日に関する声や、ローソンのイチゴ商品についてまとめました。

日本人にとって、イチゴはケーキからスイーツでとても身近な果物だと言えます。
あの甘酸っぱさとクリームを合わせると、とても幸せな気分になりますよね。

イチゴ生産者の方々も、もっと「いちごの日」を盛り上げようと頑張ってらっしゃいます。

皆さんもいちごの日は、何かしらイチゴの入ったスイーツを食べたり、食後のデザートにしたりしていちごの日を味わってみてはいかがでしょうか。


最後までご覧いただきありがとうございました!

記事の内容をご参考いただけたら幸いです。
それではまたのご来訪をお待ちしています。

以上、「いちごの日の由来は?ローソンのイチゴが美味そう過ぎてヤバいwww」でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です