山口県の周防大島町で12日から行方不明になっていた2歳の男の子、藤本理稀ちゃんが無事発見されました!

誰もが生存の可能性を絶望しているなか、
2歳児は一体どのように行動してきたのか、

地元民の私は推測していたいと思います。


Sponsored Link






2歳児が行方不明になった周防大島とは


周防大島は、「屋代島」という山口県大島郡周防大島町に属する島です。

地図を見てみたらわかりますが、島の形が「金魚」に似ていることから、
島全体が「金魚」をモチーフにした物産品で町おこしをしています。

周防大島

ちなみに「屋代島(周防大島)」は『日本書紀』ではイザナミが生んだ大八島の一つ、7番目に生まれた島とされていて、
『古事記』では大八島に続けて産まれた6島の3番目とされています。

つまり、古事記のような神話においても「屋代島(周防大島)」の名前が上がるような有名な島となっています。


尚、海水浴場としても有名な個所があり、「逗子ヶ浜海水浴場」「片添ヶ浜海浜公園」といった海水浴場に訪れる観光客も多い。

私も何度となく海水浴場に行っていますが、綺麗な海で楽しく過ごすことができますよ!


毎年お盆には柳井金魚ちょうちん祭りも開催されています。

dailytopic_20180815_04



周防大島の町の様子は?
テレビでも連日報道していて、町の様子はテレビでもご覧になられた方は多いかと思います。

山と海に囲まれた屋代島(周防大島)は、本当に『のどか』という言葉が似あうのんびりとした町です。


大きな海水浴場に行かなくても、いたるところに小さな砂浜があります。

こんな感じの砂浜ですね。

周防大島


今回の事件も、曾祖父母の家から400メートル離れたところに泳ぎに行こうとしていたことから、
こういった砂浜で遊ばせようとしていたのですね。


海の近くに山もあり、海に山に子供にとって遊ぶところ満載の島となります。

周防大島



ちょうど私が「屋代島(周防大島)」に帰省したのが12日の朝8時くらいでした。

そして町内放送で藤本理稀ちゃんが行方不明となった放送が流れたことから事件を知りました。

最初は町内で迷子になった子が出たのだな、という感じの印象でしたが、
時間がたつに連れニュースも全国区に。


町内では朝から夕方までヘリコプターが飛び交っていました。


そして海では海上保安庁の船が巡回したりもしていました。

dailytopic_20180815_03
※すみません、写真を撮り忘れたのでこちらは似たような海上保安庁の船です。
小型の海上保安庁の船が海を捜索していました。


これだけ2日間も多くの人を動員し、捜索にあたっても発見に至らなかったことから、
ほぼ生存は絶望していた矢先、家から700メートルほど離れた箇所で見つかって本当に安心しました!

当然、そこは一度捜索した場所だったそうですが、理稀ちゃんも移動しながら暑さを凌いでいたのかもしれませんね。



周防大島 行方不明2歳児無事発見に安どの声


2歳児の無事発見に安どの声が多数寄せられています!

本当に皆さん関心が高かった事件で、だれもが絶望している中の無事発見は奇跡のようです!




https://twitter.com/RCwl7RxXcDYnPep/status/1029505430907641857






多くの方が無事発見に安どしていますね。

「神隠し」のような今回の事件、無事に見つかって本当に良かった!




2歳児が行方不明になった理由は?


そこで気になるのは2歳児がすぐ近所で行方不明になった理由ですよね。

ニュースでもあるように、町のいたるところにため池や排水溝が在ります。

背丈86cmの藤本理稀ちゃんにとって危険がいっぱいの場所となります。

今でこそ、町の設備は良くなってきていますが、
まだまだトイレが水洗ではない(いわゆるボットン便所)の家も多数あります。


2歳児にとっては、ボットン便所に落ちる可能性も十分あったことでしょう。

幸い、家の近所で見つかったことから、危険な場所に落下したわけではなくて安心でしたが。



そこで2歳児が行方不明になった理由として私が推測するのは下記の通り。

「屋代島(周防大島)」には至る所に蛙や虫や猫がいます。

藤本理稀ちゃんは家の近くでこれらの生き物を見つけて、捕まえようとフラッと家から離れてしまったのではないでしょうか。

2歳児にとっては目の前の興味が行動力に繋がります。

本当に些細なことが要因かと思いますが、2歳児はまだまだ目を離せない年ごろの年齢です。

親として保護者として、本当に目を離さないようにしないといけませんね!



まとめ


以上、「屋代島(周防大島)」についての様子と2歳児が行方不明になった理由を私なりに推測してみました。

私が滞在した12日、13日とも天候が良く、太陽に日差しは結構ありました。

ただ、町は風はそこそこ吹いており、カラッとした暑さだったので都会の「猛暑」のような暑さではなかったのが幸いです。

それこそ至る所に影がありますので、暑さはなんとか凌げていたのでしょうね。



尚、地元民から追加の様子となりますが、
町のすぐ近くに山があることから、猪が出ます。

うちの畑も幾度となく猪に荒らされています。
(幸い、熊がいるという情報は聞いていません)


また、とある掲示板では猛禽類(鷹やワシ)などにさらわれたのでは?
という話も出ていましたが、屋代島(周防大島)にも結構大きめな猛禽類が山の周りを飛び回っています。




このように、自然の生き物も、小さな子供にとっては脅威になりえる可能性もあるのです。


のどかな田舎町で起こった2歳児の行方不明事件。

小さなお子様がいる親御さん・祖父母さんは、どのような場所であっても、
本当に目を離さないように気を付けてください!


無事発見されて本当に一安心です!


以上、「行方不明2歳児無事発見!周防大島地元民が考察!」でした。