今、セリーグの貯金が消えようとしている。
6月22日現在、首位の巨人の貯金がわずか「1」

6月23日の結果次第では、前代未聞の「首位なのに貯金が無い」
という状況に陥る可能性がある。

cyokin

Sponsored Link


まずは、6月22日現在の順位をおさらいしてみよう。

首位でも貯金「1」
首位:巨人 貯金1
2位:阪神 貯金なし
3位:DeNA 借金3
4位:中日 借金4
5位:広島 借金5
6位:ヤクルト 借金6


実に、先日までの交流戦でパリーグに貯金を全て持っていかれた感じです。
計算すると、「17」もの貯金をパリーグに献上していますね。
人気のセ、実力のパ、は今年も健在か。

実は6月20日でも巨人が負ければセリーグの貯金が消える可能性がありましたが、
その日は巨人が勝ったため、再び貯金が「2」になりました。

しかし、21日に再度巨人が負けたため、上記の貯金状態になったわけです。

まさに23日がセリーグの貯金が消えようという運命の日となります。

そんな巨人の23日のお相手はDeNAです。
また、阪神の相手は広島。
そして中日の相手はヤクルトになります。


首位から最下位まで2.5ゲーム差になる可能性あり
そこで、もし下記のような勝敗になった場合、
セリーグは超混戦状態となります。

● 巨人 – ○ DeNA
● 中日 – ○ ヤクルト
○ 広島 – ● 阪神

もし首位の巨人が負け、最下位のヤクルトが勝ったとします。
その場合、セリーグの貯金が消滅するだけではありません。

首位の巨人から再開のヤクルトまで、
なんと2.5ゲーム差という状態になります。

そうなると1週間後の順位がどうなっているか予想だにつきません。
首位と言えども、3タテされようものなら一気にBクラスになりえます。





一時期はDeNAの独走でしたが、交流戦にて大失速。
貯金を使い果たし、一気に借金生活となりました。
阪神はセリーグ唯一の交流戦勝ち越しで2位浮上。
広島も交流戦を5割で終え、交流戦後のDeNA戦で連勝し最下位脱出。

まさに最下位と言えどもまだまだ首位を狙える状況です。

毎日順位が入れ替わる状態となっており、
野球ファンとしては毎日が喜びと落胆の繰り返しになりますね。

そんな23日の試合ですが、私が注目するのは巨人-DeNA戦と広島-阪神戦です。

投手最多勝争いも混戦状態
巨人の先発はルーキー高木。
広島の先発は黒田です

高木も黒田も現在、共に6勝となっています。
そしてセリーグの現在の最多勝は大野(中日)の7勝です。
高木・黒田のどちらが勝っても7勝で最多勝に追いつきます。

この時期の最多勝を比べても仕方がないことではありますが、
セリーグの順位争いと同様に投手の最多勝争いも混戦状態です。

先が全く読めないセリーグですが、
23日がセリーグ貯金消滅の運命の日になるかどうかは
巨人・阪神の戦績次第となります。

運命やいかに。






やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ