スポンサードリンク



IHクッキングヒーターが壊れた!どうしよう!というお悩みの方。
IHクッキングヒーターは自分でも簡単に取り付け交換できるのです。
我が家の体験を交えてご紹介します。




IHクッキングヒーターを交換する経緯い

我が家は新築したタイミングでIHクッキングヒーターを購入しました。
機種はHITACHIの「HT-A20WS」になります。
購入当時は日立社製の割には10万円以上もした高級品でした。

HT-A20WS


もちろん、使い勝手も良く毎日使っていましたが、
8年ほど使用したある日、お湯を沸かそうとしてもボタンの反応が悪くなり、
使えたり使えなくなったりする症状が出始めました。

完全に使えなくなっている訳ではなかったので
騙しだまし使用していましたが、
肝心な時に使えなかったりと不都合が出てきましたので
修理をお願いしようかとメーカーへ取り合わせましたが、
症状確認の出張代やら修理代やらで数万円はかかりそう。

ということで、一念発起して新しいIHクッキングヒーターを探し始めました。

正直に言いますと、あまり高級なIHクッキングヒーターを取り付けても、
その機能を存分に扱えていませんでした。
(正直、過熱とグリル機能しか使っていませんでした。)


ということで、とにかく普通に加熱が出来て(必要最低限の機能)、
信頼のおけるメーカーであれば良い、
という条件で新しいIHクッキングヒーターを探しました。

そこで候補となったのがパナソニックの「KZ-F32AS」です。

KZ-F32AS ブラック/グレイッシュシルバー

実に送料込みで30000円代という低価格!
メーカーも安心のパナソニック社製。

「KZ-F32AS」は某価格サイトでも1位に君臨している機種となります。

機能は正直、豊富ではありませんが、
過熱と最大火力が大きい(3kW)ので必要十分の機能です。


さっそく、ネットショップで注文をしました。


メーカー取り寄せだったので、
1週間くらいかかりましたが問題なく「KZ-F32AS」が届きました。

思ったより小振りな箱といった印象です。

標準幅が60cmのタイプの為、全体的な大きさも小さいのでしょう。

さっそく、「KZ-F32AS」の取り付けを開始しました。



「KZ-F32AS」の取り付け


ざっくりではありますが、
新しいIHクッキングヒーター「KZ-F32AS」を取り付けるにあたり、
その際の行程をご紹介します。

KZ-F32AS
意外とこじんまりとした箱でした。


既存のIHクッキングヒーターの取り外し

もちろん、新しいIHクッキングヒーターを取り付けるためには、
古いIHクッキングヒーターを取り外す必要があります。

さすが8年も使用していると、
設置部分が油でベトベトでした。

正直、今回の取り付け作業において、
既存のIHクッキングヒーターの取り外しが一番時間がかかりました。

力仕事になりますので、やはり男手があった方がいいです。

取り外し
取り外した跡はポッカリと穴が空いています。

下の鍋類が生活感を漂わせていますね。


掃除

取り外した後は、汚れた箇所を綺麗にしましょう。

重曹ちゃんクリーナー本体 400ml

我が家では重曹入りの水性クリーナーでゴシゴシと掃除しました。

完全には汚れは落ちないものに、
重曹入りクリーナーでだいぶ汚れはおちます。

年末の大掃除でも大活躍の道具です。


新しいIHクッキングヒーター 「KZ-F32AS」を設置


ぽっかりと空いたスペースに「KZ-F32AS」を設置します。

正直、難点や注意する点を挙げることはありません。

あえて言うなら、
「設置する際に指を挟まないように気を付けましょう」
「角の尖った箇所で指を切らないように気を付けましょう」
「念のため、取り外し・取り付けを行う際はブレーカーを落としておきましょう」

といった、ところですね。

そのため、軍手をはめて作業を行うことをおススメします。

「KZ-F32AS」は、取り付け後にいくつかネジを締める箇所がありますので、
設置説明書に従って、ネジを締めていきます。
計4か所のネジ締めがありました。

ネジを締めるだけですので、ものの数分で完了です。


こうして、取り付け作業があっさりと完了しました。

KZ-F32AS取り付け後

Sponsored Link


試運転


「KZ-F32AS」の取り付けが無事に完了しました。

そして、さっそく試運転を行います。

ブレーカーを上げ、
お茶を沸かしてみました。


うーん、簡単。
電源を入れて、ヒーターの入りボタンを押すだけです。

鍋やヤカンを置いていなければ
過熱が始まりません。
安心ですね。

KZ-F32AS試運転


ヤカンに入れたお茶も数分で沸き、
無事に試運転完了です。

業者を呼ぶまでもなく、
自分で簡単に取り付け交換が完了しました。


Sponsored Link

まとめ


このように、IHクッキングヒーターの交換は素人でも簡単に行えます。

ここで注意しないといけないことが1点。

200Vの電源が引いていること。

です。

今回のように、取り付け交換であれば、
すでに200Vを引いていると思いますので、
私と同様に簡単に交換ができると思います。

ただし、200Vの電源を引いていない場合は、
電気工事(要資格)となりますので、
個人では出来ません。
その場合は素直に業者に取り付け工事を依頼することになります。


以上より、IHクッキングヒーターの取り付け交換が
個人でも簡単に行えますので、
IHクッキングヒーターの買い替えを検討している方は、
自分で取り付ける際の参考にして下さい。

自分でできることが自分でやっちゃいましょう!


以上、IHクッキングヒーターの取り付けレポートでした。



こちらが今回、私が取り付けたIHクッキングヒーターです。


色違いの黒色の方が、値段も安く人気も高いです。
シルバーではなくブラックが好みという方はこちらの方がおすすめです。


どちらをお選び頂いても、今回わたしが取り付けたように2台目以降なら取り付け交換は簡単にできますよ。
初めてIHクッキングヒーターを取り付けたい場合は、素直に業者さんにお願いしましょう。
IHクッキングヒーターを購入時にオプションで取り付け工事も付けられると思います。

それでは良いIHクッキングヒーターライフを♪

Sponsored Link