4月1日、広島対阪神2回戦。
両チームともフォアボールやエラーを連発し、乱れに乱れた試合は延長戦の末、10回裏に広島が安部のゴロの間にサヨナラランナーが帰り、9対8でサヨナラ勝ちを修めました。
見ている両チームのファンはため息が漏れまくる展開だったでしょう。


Sponsored Link



広島は初回から2年目の岡田が乱調。
いきなりの4失点スタート。

前日のジョンソンも初回から失点し、2日続けての敗戦ムードから始まりました。

けれども、1回裏に丸のスリーランホームランが飛び出し、1点差に!



丸ちゃん、今季もチャンスに強いところを見せてくれますね!

今日も点の取り合いの展開を思わせるスタートとなりました。


広島・岡田がフォアボール連発する中、阪神・岩貞もフォアボール連発。

両チームとも倒壊でピンチに次ぐピンチとなる展開。


ただ、試合は終始、阪神リードで進んでいましたが、7回に阪神・藤川が押し出しのフォアボールで8対8の同点に。


まさにフォアボールに次ぐフォアボールで、試合はぶち壊し状態。

14時に始まったデーゲームでしたが、19時を過ぎてもまだ試合をしている状態でした。


そして、試合が決まったのは延長10回裏。





延長10回裏。

先頭打者の鈴木誠也がアウトになるも、次のエルドレッドがヒットを放ち、1アウト1塁へ。
ここでエルドレッドから上本にランナー交代です。


そして試合が動いたのはここから。

阪神・ドリスが牽制球を悪送球し、ランナーは2塁へ。

続くランナー、広島・下水流が打った打球はバットか折れ、ボテボテのサードゴロ・・・
と思いきや、阪神のルーキー・糸原は一度落球し、拾って焦って投げたためか1塁から大きく逸れる悪送球に!

ルーキーを攻めるのは酷かもしれませんが、エラーでピンチを広げる展開に。


そして、1アウト2,3塁で打者は広島・安部。

ここで覇気を見せるか安部!



広島・安部がセカンドへ打ったゴロの際に、3塁ランナーの上本が本塁に生還し、広島のサヨナラ勝ちへ!

この、悪送球⇒悪送球⇒ゴロ生還の展開は、まさに広島ファンにとっては棚からボタ餅と言える試合だったでしょうね。

なんせ、初回に4失点を浴びて、今日も敗北濃厚の試合の中、相手投手の投壊から得られたラッキー勝利。

まぁ、同じく広島の投手陣もフォアボール連発で投壊していたのですが。



終わりに


終わりに

なんにせよ、数えてみれば両チーム合わせて27フォアボール。

5エラーと草野球か!
とも言える試合となりました。


ちなみに、この27エラーは80年振りに新記録を更新した模様です。

あまり喜ばしい記録ではないですけどね。

27エラーも去ることながら、両チームとも残塁祭りでもありました。

決定打に欠ける両チーム。

まぁ、まだ糸井が加わった阪神の方が勝負強い気もしましたが。


そんなわけで、フォアボール連発、エラー連発の草野球か!
とも言える試合は何とか広島が制し、これで1勝1敗のタイとなりましたね。


2017年のペナントも始まったばかり。

巨人のみが2連勝して首位をキープしております。


大型補強をした巨人が、大方の予想通りに2017年を制するのか。

今後の展開が楽しみですね。


やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ