Welq,非公開,dena

「死にたい」などの言葉や、「風邪」「インフルエンザ」などの医療・健康関係の言葉を検索した際に、検索の上位を独占したことで問題となっている『Welq(ウェルク)』が全記事を非公開にしたと発表されました。

Sponsored Link



事の経緯


まずは「Welq」とは何か、ということを簡単に説明しますと、
「Welq」はDeNAが運営する健康や医療などのヘルスケア情報を扱うキュレーションサイトのことです。

この「Welq」では、記事内容の作成を外注して大量の記事を集め、検索の上位を取りたいキーワードを散りばめた記事を投稿するといった手法で、かなりのキーワードの検索上位を独占していました。


タイトルでも記載しましたように「死にたい」などの検索でトップ表示された際には大きく問題として取り上げられました。
(今ではその記事は削除されています)

同様に医療関係の記事も独占しており、さらにはその記事は外注した記事となっていたため、医師の監修無しに間違った内容を掲載した記事も多数見受けられました。

「肩こり」の記事では、肩こりの原因は幽霊の可能性もある
といった記事が掲載されていたときには笑いました。
仮にも健康・医療関連の記事であるのに、その原因が幽霊とは・・・

検索するユーザーは悩みを解決したくて検査をしているものです。
それを幽霊のせいにした記事を堂々と掲載する。
ちょっとそれは頂けないですよね。



さすがにこれには各機関が警告を発し、結果として、
Welqが全記事の非公開を決めた、とのことになりました。



一時的なものでは?


Welq,非公開,dena

11月29日の21時を持って、全記事を非公開にしたとのことですが、
私が適当なワードで検索してみても、まだトップにWelqの記事が来ています。
    炭酸水
    天然パーマ
    筋肉痛

ブラウザの履歴を消してみましたけど、結果は同様でした。

あれ?全記事を非公開にしたのでは?

これは、Googleにてインデックスが残っているからです。
インデックスが削除されない限り、まだWelqの記事が検索に引っかかり続けます。


それと気になるのは、「この措置はいつまでなのか」ということです。

「医師の監修を行ったとして、近いうちに再公開するのではないか」
ということが容易に考えられます。

そうなると、結局またWelqの記事が検索上位の独占に戻ります。



検索エンジンの見直しはあるのか


Welq,非公開,dena

そう考えると、現在の検索エンジンの仕組みが変わるのかどうか、
が論点に変わってきます。


現在は、下記のような内容が検索上位に表示される傾向にあります。

    ・検索対象のキーワードがどれくらいあるのか
    ・内部リンク(サイト全体で参照しあう)
    ・記事の文字数

DeNAでは上記の傾向を攻略するため、外注に大量の記事を作成させ、
キーワードと多く散りばめた多くの文字で作られた記事を大量に投稿して参照し合いました。

まさに数とお金の力で検索上位を取りに来たわけです。


たとえWelqが非公開にしたとしても、DeNAにはほかにも多数のキュレーションメディアを保持しており、別のジャンルでは同様の手法を取り続けることでしょう。

下記がDeNAが運営するキュレーションサイトです。
    welq:医療・健康
    MERY:美容、ファッション
    cuta:妊娠、子育て
    GOIN:車
    CAFY:料理
    iemo:インテリア
    JOOY:メンズ
    UPIN:お金
    PUUL:アニメ、漫画
    Find Travel:旅行

welqは多くのキュレーションサイトの一つにすぎない、ということですね。
上記のキュレーションサイトが全部非公開になるということはまず考えられません。

根本的に検索エンジンの仕組みが変わらないと、この状況を脱しないかと思われます。



まとめ


現在の検索エンジンの仕組みを解明し、力で攻略したDeNA。

これらの記事が医師の監修を受けるには、大量の時間とお金が必要になるでしょう。

それだけの労力と費用を負ってまで、DeNAが同手法を発展させるかはわかりません。

しかし、一度攻略法が露呈してしまった検索エンジン。
DeNAではない、ほかの企業が同様の手法で検索上位にくる可能性は否定できません。


何よりも、ユーザーが求める情報が上位にくるという結果になることが望まれますね。

やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ