今年は寒ブリが大不漁で例年の数十分の一の漁獲量となり超貴重な魚となっています。
暖冬の影響とも言われ、キロ数万円まで値上がりした天然寒ブリをマツコが大絶賛!
マツコにとれたてを食べさせてあげたい件、寒ブリ編です。


Sponsored Link



寒ブリとは


ブリは、スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種です。

成魚は最大で全長150cm・体重40kgの記録がありますが、通常は全長1m・体重8kg程度までです。
マグロなどと違い、大きくても1m強といったところですね。


ブリは大きさによって呼び名が変わる出世魚でもあります。

関西では、モジャコ(稚魚)→ワカナ(兵庫県瀬戸内海側)→ツバス、ヤズ(40cm以下)→ハマチ(40-60cm)→メジロ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)
と呼ばれます。

関東では、モジャコ(稚魚)→ワカシ(35cm以下)→イナダ(35-60cm)→ワラサ(60-80cm)→ブリ(80cm以上)と呼ばれます。

関西では普通に「ハマチ」と呼んでいたのですが、これは西日本でしか「ハマチ」と呼ばれないのですね。
関東では「イナダ」「ワラサ」の方が馴染みのある呼び方なのでしょうか。


ブリは日本海を夏に北上し、冬に軟化する回遊魚です。
遠路を移動するブリは、富山湾に来る頃に最も脂が乗った状態になると言われています。

月曜から夜ふかし,寒ブリ


寒ブリとは12月から2月の厳寒期にとれるブリのことです。
旬は産卵期前の冬とされており、脂が乗って抜群に美味しいです!
寒ブリは同属種のカンパチやヒラマサよりも脂肪が多く、独特の風味があります。
但し産卵後の春には脂肪量が減少します。




今年は超不漁の寒ブリ


しかし、今シーズンは寒ブリが全然取れない問題が起きています。

月曜から夜ふかし,寒ブリ,不漁

参考までに、昨シーズンでは多い時に1日1000本揚がっていた寒ブリ。
それが、今シーズンは1日数十本しか揚がっておりません。

今回、協力をして頂いた漁師さんへお話を伺ったところ、寒ブリはこちらでは数日前に1本。
年明け後から、その1本しか揚がっていないそうです。

月曜から夜ふかし,寒ブリ3

まさに、今となっては超高級魚になっていますね。

実際、この日もスタッフが漁師さんに同行したのですが、寒ブリは揚がりませんでした。

しかし、こちらの漁港でこの日に十数本だけ揚がった寒ブリの一つをマツコのためにゲットしました!

これでやっとマツコにとれたてを食べさせてあげられますね。

月曜から夜ふかし,寒ブリ2



天然寒ブリを食す!


スタジオには協力いただいた漁師の方がいらっしゃっていました。

そして、超貴重な天然寒ブリを裁いてくれました。


寒ブリの刺身


月曜から夜ふかし,寒ブリ,刺身

まずは寒ブリのお刺身。
脂がのってて白い身がとても綺麗です。
とろけそうな身ですね。

これにはマツコも美味い!と絶賛。
村上さんも「最高やん」とニンマリ。

めちゃめちゃ脂が乗っていてとても濃いお味、と上々の評価でした。


ブリしゃぶ


月曜から夜ふかし,寒ブリ,ブリしゃぶ

お次はブリしゃぶです。

天然寒ブリをさっとお湯に通し、ほんのり身が白くなったところにポン酢をつけてパクっと一口!

あまりしゃぶしゃぶし過ぎると、身が白くなりすぎ脂も落ちてしまうので、しゃぶと一回くらいの湯通しでいいみたいです。

月曜から夜ふかし,寒ブリ,ブリしゃぶ2

うーん、美味しそう!

お刺身と違って、あったかいところとキュッと引き締まっているところと二つの食感も味わえます。



ブリ大根


月曜から夜ふかし,寒ブリ,ブリ大根

じっくり煮込んだブリ大根。

一口食べたマツコも「うわ~っ」大絶叫!

大根もブリもしっかりと味が染みていて最高のお味です。

月曜から夜ふかし,寒ブリ,ブリ大根2

和がらしをつけても美味しそうですね。


ブリの照り焼き


月曜から夜ふかし,寒ブリ,ブリの照り焼き

これもとても美味しいけれど、(高級な寒ブリを)照り焼きとかブリ大根にするのはもったいないわ。
とマツコの言葉が。
やっぱり、お刺身でブリ本来のお味を頂く方がいいかな、ということです。



まとめ



あまりの寒ブリの美味しさに、とうとうマツコが大暴走。

自分でお刺身を創作しだし、お椀にご飯をついで寒ブリのお刺身をがっつき始めました。

月曜から夜ふかし,寒ブリ5

やっぱり醤油につけた寒ブリを白いご飯と一緒に頂くのが最高ですね。


マツコも「んー!んー!」と言葉にならない絶叫を上げていました。



マツコにとれたてを食べさせてあげたい件のシリーズは色々ありますが、今回の寒ブリにはマツコも上機嫌でした。

それだけ、脂が乗った寒ブリは最高のお味だったということですね。

そういえば、私もまだ今年に入ってブリを食べていないかもしれません。
スーパーではおおいくらくらいで売っているのでしょうか。
手巻き寿司などにしても美味しそうですね。


以上、マツコにとれたてを食べさせてあげたい件、超貴重な天然寒ブリをマツコが食す!でした。


天然ブリ(寒鰤/寒ブリ)3kg前後
価格:4900円(税込、送料込)


やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ