9月15日、広島対巨人は先発ジョンソンと菅野の投手戦となったが、カープが1対0で逃げ切り、
ジョンソンは12勝目、チームも待望の借金返済で5割復帰となりました。
4位巨人と1.5差に、首位のヤクルトとも3.0差で優勝の望みを繋ぎました。


Sponsored Link


巨人先発は菅野。
負け星が先行しているものの、失点の少ない巨人のエースとの対決。
対するジョンソンも大崩れをしない安定感抜群の成績を収めています。

試合開始前より、投手戦になること必至と予想されていた試合でしたが、
予想通り、両チームとも凡退が続く投手戦となりました。

2回裏に巨人坂本の失策の間に先制点をあげると、
そのまま両チームともゼロ行進が続きます。

ジョンソンは8回降板するまで、巨人に与えた安打は3。

対する菅野はカープ打線を寄せ付けず、わずか2安打で負け投手となってしまいました。
菅野は9勝10敗と2桁勝利がおあずけになった上、負け数が勝利数を上回ることになりました。



それにしてもジョンソン。
本日の勝利で12勝7敗。
先日のノーヒットノーランを逃した日も8回に逆転を許しただけに、
本日も8回に1アウト1,3塁のピンチになったときに
嫌なムードになりました。
さらに1塁ランナーは代走鈴木。

誰しもがダブルプレーを祈る中、
ジャイアンツのルーキー岡本を見事併殺で打ち取り、
ピンチを脱しました。

見事につきますね。
広島の助っ人外人は、いままでも
バリントンやコビールイスなど、優良な先発がいました。

ジョンソンも負けず劣らず優良助っ人と言えるでしょう。
来年の去就が気になりますが、球団はもちろん手放すわけもありませんね。

マエケンがメジャーに行く可能性が高いので、
ジョンソンには是が非でもカープに残ってもらいたいところ。

黒田も現時点では9勝。
二桁勝利まで目前となっています。
黒田も殿堂入りの200勝を目指して、
来年も続けてもらいたいとは思います。






中4日での登板のためか、ジョンソンは8回で降板。
9回には若き守護神中崎が登板。

ランナーを出すと急に崩れてしまう中崎ですが、
本日の中崎は危なげなく3者凡退でラストを締めくくりました。
これで中崎は24セーブ目。
だんだん守護神の貫禄が出てきました。


尚、カープは球団ワーストを更新する23戦連続1桁安打を記録。
投手陣が奮闘しているおかげで貧打でもなんとか勝利をもぎとることができています。


引き分けを挟んで5連勝。

田中のホームラン誤審が無ければ、6連勝になっていたかもしれません。




残り試合数も少なくなってきています。

4位まで1.5差。
1位まで2.0差。

まだまだ諦められない日が続く。







やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ