ディーン・フジオカさんが主演を務める新ドラマ『モンテ・クリスト伯』が2018年4月から放送されます。

モンテ・クリスト伯でディーン・フジオカは、巌窟王こと主人公・暖を演じるとのこと。

クールでカッコイイ、ディーン・フジオカさんが、思わぬ幸運で獄中から逃れ、巨万の富を得た暖は、知力と財力を駆使し、自らの人生を狂わせた3人の男たちに復讐していくドラマです。


こちらの記事では、モンテ・クリスト伯のあらすじとキャスト、原作やスタッフ情報などを紹介していきます。


ドラマの視聴率・あらすじやネタバレ、主題歌などを追記していきますので、未視聴の方はご注意ください!


Sponsored Link



ドラマ『モンテ・クリスト伯』のあらすじは?



巌窟王


『モンテ・クリスト伯』は、アレクサンドル・デュマ・ペールによる小説で、日本では『巌窟王』の名称でも知られています。


ドラマの舞台は、とある小さな漁師町。

主人公の柴門暖(ディーン・フジオカ)は、目黒すみれ(山本美月)との結婚が決まり、幸せな生活を過ごしていた。

そんな折り、婚約者を奪おうと横やりを入れてくる南条幸男(大倉忠義)、出世をねたんで陥れようとする同僚の神楽清(新井浩文)、
保身によって暖の話を聞き入れなかった警察官・入間公平(高橋克典)、この3人の策略によって異国の地の監獄に送られてしまう。

無実の罪で15年間もの時間を異国の地の牢獄に閉じ込められ、さらには婚約者まで奪われた主人公は、
思わぬ幸運で獄中生活から逃れることができた。
さらに巨万の富を手に入れた別人となって復讐を誓う。

人生を地獄のどん底へと陥れられた2003年から2018年の『空白の15年間』。

思わぬ幸運で脱獄した後、巨万の富を手にし、モンテ・クリスト伯爵を名乗って自らを陥れた者たちの前に現れ、復讐する物語である。

しかし脱獄した時は既に投獄から15年の月日が過ぎていた。

そして自らの人生を狂わせた3人の男たちがそれぞれ財産や地位を手に入れ今や時の人となっていることを知る。
そして9年にわたる準備の末、仇敵の3人に近づき、富と権力と知恵を駆使した復讐を開始するのだった・・・



ディーン・フジオカがモンテ・クリスト伯に?新作での役柄は?


『ダメな私に恋してください』で深田恭子さんと共演したドラマをきっかけに大ブレイクしたディーン・フジオカさんは、「IQ246~華麗なる事件簿~」「今からあなたを脅迫します」などなど、多くの人気ドラマで主演してきました。


「ダメな私に恋してください」では深田恭子さんにちょっと冷たくあしらいながらも、実は面倒見が良いクールな役柄がとてもカッコよかったですよね!

今では向井理さん的ポジションになっているかと思います。


そんなディーン・フジオカが『モンテ・クリスト伯』で演じるのは主人公・暖です。

投獄から脱獄、そして富を手に入れ復讐へ・・・

暖に迫りくる壮絶な人生をディーン・フジオカさんがクールに、時に熱く演じます!



ドラマ『モンテ・クリスト伯』のキャストは?



まずは『モンテ・クリスト伯』の登場人物は下記の通りです。(原作より)

  • 主人公・柴門暖:ディーン・フジオカ – 元・守尾漁業社員。莫大な富と途方もない権力の持ち主。自分を陥れた3人に復讐を誓う巌窟王となる。
  • 目黒すみれ:山本美月 – 暖の婚約者。元喫茶店店員。現在は有名料理研究家
  • 南条幸男:大倉忠義 – 元・売れない役者。現在は有名俳優
  • 神楽清:新井浩文 – 元・守尾漁業社員。現在は不動産会社社長
  • 入間公平:高橋克典 – 警視庁参事官から現在は警視庁刑事部長

本作では主人公・モンテ・クリスト伯爵の名前はエドモン・ダンテスです。

ドラマ化にあたっては、エドモン・ダンテス ⇒ 暖 のように名前をもじっていますね。

そういうことから、上記に載せました各登場人物も名前が変わります。
キャストも適役ですね!

フェルナン→南条幸男
メルセデス → 目黒すみれ
ヴィルフォール→入間公平
ダングラール→神楽清


それでは、出演が決まっているキャストをご紹介します。


主人公・暖にディーン・フジオカさん!





ディーン・フジオカさんは、今回の抜擢にあたり、「光栄な思いと同時に、数々のリメイク作品を見てきたこともあった。壮大なスケールにプレッシャーも感じた」とコメントしています。

ディーン・フジオカさんのクールで爽やかなイメージから一変、「復讐の鬼」という役どころに注目ですね。

他、キャストには復讐の矛先となる3人(関ジャニ∞の大倉忠義、新井浩文、高橋克典)が選ばれています。
また、暖の婚約者に山本美月さんですね。

そうそうたるメンバーで、名作「巌窟王」が現在によみがえります!!



目黒すみれ役に山本美月さん!




原作ではメルセデス。演じるのは山本美月さん。

主人公・暖の婚約者役の山本美月さん。

「巌窟王」の原作では、主人公・エドモン・ダンテスの婚約者メルセデスは、エドモン・ダンテスが死んだと騙されて別の人と結婚するストーリーです。

ドラマ版にあたっては、「婚約者」として公表されていて、
南条幸男との関係に「?」となっています。

原作ではフェルナンと結婚しているメルセデス。

ドラマではどうなるのでしょうか・・・?



南条幸男役に関ジャニ∞の大倉忠義さん



原作ではフェルナン。演じるのは関ジャニ∞の大倉忠義さん。

ドラマでは南条幸男として、売れない役者から有名俳優にのし上がった人物です。

ディーン・フジオカと恋敵になるかどうか。

大倉忠義さんの金髪姿もなんか新鮮です。
関ジャニ∞の大倉忠義さんがどのような演技をするのかも見ものです!



神楽清役に新井浩文さん


新井浩文さんを撮影させていただきました。 #新井浩文 #犬猿

iwa maさん(@yanjianchende)がシェアした投稿 –


原作ではダングラール。演じるのは新井浩文さん。

元々は暖が信頼していた人物でしたが裏切られ復讐することに。

現在では不動産会社の社長とのことで、経済的復讐になるのかもしれませんね。


入間公平役に高橋克典さん



原作ではヴィルフォール。演じるのは高橋克典さん。

元警視庁参事官から現在は警視庁刑事部長に。

過去の事件で見捨てられたことから復讐相手に。
高橋克典さんは刑事の役が多いですよね。
(ちょっと変わった刑事が多いですが)

モンテ・クリスト伯でも高橋克典さんがどのような刑事を演じるのか楽しみです。


主なキャストは以上です!

他のキャストもどうなるか楽しみですね!



「モンテ・クリスト伯」の相関図は?


「モンテ・クリスト伯」の相関図は下記になります。



dailytopic_20180210_061405
出展:スポーツ報知





主人公・暖を取り巻く様々な人物たち。
その相関図もまた気になるところです。

ディーン・フジオカさんを中心に、どのような展開になっていくのか楽しみですね!


ドラマ『モンテ・クリスト伯』の原作を紹介!


ドラマ『モンテ・クリスト伯』の原作はアレクサンドル・デュマ・ペールです!


アレクサンドル・デュマ・ペール



アレクサンドル・デュマ・ペールと言えば、「巌窟王」の他にも三銃士「ダルタニャン物語」などが日本でもよく知られていますね。


ドラマ『モンテ・クリスト伯』の放送は2018年4月から!


ディーン・フジオカさん主演の『モンテ・クリスト伯』は、2018年4月 午後9時からの放送開始です。

2018年春ドラマの中でも注目の作品となりそうですね。



ディーン・フジオカさん演じる主人公・巌窟王が織り成すストーリー。

笑いあり、涙ありで巌窟王が活躍する様子を見守っていきたくなるドラマです!


視聴率がどれくらいなのかや、ネタバレなどはドラマが始まって以降、更新していきたいと思います。

主題歌も誰が歌うか楽しみですね!



以上、「モンテ・クリスト伯がドラマ化!キャストやあらすじ、相関図は?ネタバレも!」でした。