大阪の万博記念公園はとても有名な桜の名所です。

桜の見頃は1週間ほどかと思いますが、万博記念公園は色んな種類の桜が咲いていますので、
たとえ満開ではなかったにしても存分にお花見気分を味わえるかと思います。


ここでは、万博記念公園の桜の種類や開花予想、穴場スポットなどのおすすめ情報をご紹介します。

事前にお花見会場の情報を知っておけば、突然の事態に備えることも出来ますよね!


ご家族で楽しむも良し!デートで楽しむも良し!
お友達や会社の仲間と楽しむも良しです!


みんなで万博記念公園の桜を満喫して、お花見を楽しましょう!

Sponsored Link


花見2018!万博記念公園(万博記念公園)の桜情報


ここでは万博記念公園(大阪)の桜情報をまとめます。


どんな種類の桜があるのか、何本くらい咲いているのか。
桜の種類によっては開花の時期や咲いている時間なども多少は異なりますよ。

事前に万博記念公園(大阪)の桜の情報を知っておいてお花見の準備に役立ててくださいね!


万博記念公園,大阪,万博記念公園,花見,2018,大阪,開花予想,穴場,桜

お花見会場情報
名前:万博記念公園
住所:大阪府吹田市千里万博公園
駐車場:有料
入場料:自然文化園・日本庭園(共通)250円、小中学生70円、JAF会員割引あり
交通案内:大阪モノレール「万博記念公園駅」下車
例年の見頃:3月下旬 ~ 4月上旬
本数:約5500本
桜の種類:ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラ
など9品種
ライトアップ:あり(17:00~21:00)

大阪府吹田市千里万博公園



万博記念公園は昭和45年(1970)に開催された日本万国博覧会会場跡地を整備したもので、

「日本さくら名所100選」にも選ばれていて、9種約5500本の桜が咲き誇る大阪府の桜の名所です。

特にソメイヨシノ約2400本が中心となっています。

桜祭りが開催されている期間中は夜間のライトアップもあって、お酒を飲みながら夜桜を満喫できるので、
ぜひ一度日本の美しい桜を見て頂きたいところです。 

万博記念公園は関西のお花見名所として毎年人気が高く、多くの観光客が訪れるお花見会場です。

さらには夜桜も楽しめるということで、昼も夜も多くのお客様で賑わっています。

公園全部を合わせると桜は約5,500本もの圧倒的な本数!

そのうちの約半数を占めるソメイヨシノ以外にも沖縄地方でよく見られる紅赤色で華やかな寒緋桜(カンヒザクラ)や、
4月と10月頃の年2回開花するとされる十月桜(ジュウガツザクラ)などおまつり期間を通じて様々な桜を堪能することもできます。

また、お花見会場の中には全国大陶器市などのイベントも同時開催していますので、
お花見以外でも色々と楽しむことができます。



花見2018!万博記念公園(大阪)の開花予想!


ウェザーニュースで2018年の桜開花予想が発表されました!

大阪の開花予想は3月27日(火)です。

そのため、万博記念公園(大阪)も同様に3月27日が開花予想となります。

2018年桜開花予想

出典:ウェザーニュース



なお、2018年の土日は下記となります。

3月の土曜日:3日、10日、17日、24日、31日
3月の日曜日:4日、11日、18日、25日
4月の土曜日:7日、14日、21日、28日
4月の日曜日:1日、8日、15日、22日、29日

土日に合わせて満開になってくれたら嬉しいですよね。

例年、大阪は3月下旬~4月上旬が見頃となっていますので、

2018年は3月31日(土)、4月1日(日)、4月7日(土)、4月8日(日)が土日での見頃な日でしょう。


それだけに場所取りもヒートアップしますので、万博記念公園にお花見に行かれる方は早めに行かれることをオススメします。


天候・季候によっては開花宣言が前後しますので、
あくまでも開花予想としてご参考にしていただければと思います。



花見2018!万博記念公園(大阪)の穴場スポットは?


万博記念公園(大阪)はとても広いので、色んな場所で桜を楽しむことができます。

万博記念公園(大阪)と言えば、ソメイヨシノが綺麗で有名です!

それゆえに、ソメイヨシノが良く見えるスポットは混雑必須!

多くの方が人混みを避けて穴場スポットが無いかを探しています。

けれども、万博記念公園は人気のお花見会場ですので、なかなか穴場だと言えるスポットって無いんですよね。

さすがみなさん考えることは同じで、ちょっとでも穴場だと言えるスポットがあったとしても、
すぐに場所取りされてしまいます。

そのため、万博記念公園での穴場を見つけるのは結構難しいでしょう。


3月下旬~4月中旬にかけて開催されているイベントで、
2018年3月25日から4月16日まで開催。期間中は無休です。

イベント期間中は朝9:30~21:00までです。

夜桜のライトアップもあり、屋台などお店もたくさん出るので、家族や、お友達、
カップルなども楽しめます。

ちなみにライトアップするエリアは自然文化圏の東大路あたりです。

昼とは違って夜の桜も綺麗なのでおススメですよ。


万博記念公園,大阪,万博記念公園,花見,2018,大阪,開花予想,穴場,桜


万博記念公園(大阪)でお花見デートの周辺スポット・・・


万博記念公園でお花見をした後はちょっと周りを散策してデートするのもいいですよね!

そこで万博記念公園周辺のおすすめデートスポットをご紹介します。

もちろん、ご家族の方やお友達にもおススメですよ!

人混みが苦手な方は隣接しているExpoシティからも見ることができますよ。

ららぽーとエキスポシティ

名称:ららぽーとエキスポシティ
住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1
大阪府吹田市千里万博公園2-1


エキスポシティは万博公園から500mぐらいの距離にあります。

2015年にオープンした大型ショッピング施設。

日本一の大観覧車もあり、一日中楽しめます。


ニフレル

名称:ニフレル
住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1Expocity内
大阪府吹田市千里万博公園2-1Expocity内


大阪万博公園内にあり、7つのゾーンに分けられていて

水族館全体がアーティスティックな空間となっている新感覚の施設です。



太陽の塔

名称:太陽の塔

住所:大阪府吹田市千里万博公園内
大阪府吹田市千里万博公園内


大阪万博が開催された1970年に建てられ、今でもメインシンボルとして知られており、
多くの観光客が訪れます。下が砂利になっているところもあるので行く際には歩きやすい靴がいいです。


上記でピックアップした場所以外でも、万博記念公園付近には色々と観光スポットがあります。

お花見のあとはゆっくりと観光デートを楽しんでみてはいかがでしょうか。



花見でこれ便利グッズ!


お花見と言えば場所取りが必要ですよね。

デートなどで彼氏・彼女の二人っきりならそんなに広い場所は必要ないかもしれませんが、
家族やお友達とお花見を楽しむならそれなりの広さが必要です。

そこでお花見の場所取りにおススメのグッズをご紹介します。



場所取りと言えばコレ!レジャーシートですよね。

場所を取るだけなら大きなビニールのレジャーシートでも良いのですが、
こちらは「居心地」も快適に過ごせます。

200×200サイズで大人4~6人がゆったりと座れる大きさが良いです!
色違いも多数あります。


私は色違いを使っていますけど、厚みのあるクッション生地ですので、長く座っていても疲れにくいの良いですよ♪

お花見だけではなく、運動会や遊園地にも活躍の場は多いです。
一つ良いレジャーシートを持っていれば長持ちしますのでおススメです!



そして、こちらもお花見には最適グッズです。



背もたれもしっかりしますしドリンクホルダーも何気に便利。

ちょっと大きめですが、その分、大人でもゆったりと座ることができます。
こちらもお花見だけではなく別のレジャーにも使えて便利ですよ!


お花見は長時間をお外で過ごすことになります。
お花見を楽しむなら、ちょっとでも居心地の良いグッズがおススメです。

そんなに値段の高いものではないのに、快適さは断然アップします。
他のレジャーでも使えるので、長い目で見れば活躍の場も多いかと思いますよ。


快適グッズでお花見を楽しみましょう!




まとめ


以上より、万博記念公園の桜の種類や開花予想、穴場スポットなどの情報をお届けしました。


万博記念公園は大阪でも人気のお花見スポットですので毎年大勢の方が訪れます。

もちろん、お花見をメインに万博記念公園を楽しむ方もいれば、観光として万博記念公園に訪れる方もいます。


いずれにしても春の祭典、「万博記念公園のお花見」をみんなで楽しんで、
綺麗な桜をバックに写真を撮ったりおしゃべりをしたりと思う存分満喫しちゃいましょう!


お花見の後には、先ほど紹介しました万博記念公園周辺の観光スポットを楽しむのも良いですよ。


一年に一度のお花見。

いい場所を確保して、綺麗な桜を見ながら美味しい料理を食べる。

幸せな一日を過ごせますよね!


ご家族で、デートで、仲の良いお友達と楽しいお花見を過ごしてくださいね♪


見頃はいつ?大阪のお花見会場スポットも人気です。




以上、「万博記念公園で花見2018!開花予想と穴場は?桜の種類も!」でした。