スポンサードリンク

9月15日放送のケンミンSHOWで福岡とり皮を特集!
福岡の鶏皮は外はカリカリ、中はもっちりで名店揃い!
誰もが認めるとり皮の名店やレシピ・作り方をご紹介します。

とり皮,鶏皮,ケンミンSHOW,福岡,かわ屋,とりかわ粋恭,博多とりかわ大臣





福岡で人気のとり皮


福岡と言えば、博多ラーメン・明太子・もつ鍋など、
ご当地グルメがわんさかとあります。

グルメマニアにはもう、たまらない街と言えますね。

そんなグルメマニアに大人気の福岡ですが、
上記のメニューに負けず劣らず美味くて人気のメニューがあります。


それは、『とり皮』です!

福岡でとり皮?

とお思いの方もいらっしゃることでしょう。

福岡ではお酒飲みの方だけでなく、
老若男女に鶏皮が愛されているのです。

鶏皮を串に刺し、丁寧に焼かれて香ばしい香りが絶品のとり皮。

この香りだけでご飯が進むこと間違いなし!

ここでは福岡のとり皮をご紹介します!



福岡とり皮の人気店ご紹介



博多とりかわ大臣 駅前串房

住所:福岡市博多区博多駅前4-5-5
電話番号:092-409-3786
営業時間:17:30~24:00
アクセス:
博多駅1出口から徒歩約7分
博多駅博多口出口から徒歩約9分
祇園(福岡県)駅5出口から徒歩約13分


博多とりかわ大臣は複数店舗を構える人気店です。

博多とりかわ大臣の元祖「博多とりかわ」はどちらもお酒によく合い、全く違った味を楽しめるため、
ほとんどのお客さんが「タレ」、「塩」の両方を頼むという一品です。

とり皮,鶏皮,ケンミンSHOW,福岡,かわ屋,とりかわ粋恭,博多とりかわ大臣

一本95円。

油が抜けていて、カリカリした食感のの鶏皮が絶品です。
染みこんだタレのお味も抜群に美味しいです。

何本でもペロリと食べられますね。


かわ屋

住所:福岡県福岡市中央区白金1-15-7 ダイヤパレス 1F
電話番号:092-522-0739
営業時間:17:00~24:00(L.O.)
夜10時以降入店可、日曜営業

アクセス:
西鉄・地下鉄七隈線薬院駅より徒歩約5分
薬院駅から386m


かわ屋も複数店舗を構える人気店です。

とり皮,鶏皮,ケンミンSHOW,福岡,かわ屋,とりかわ粋恭,博多とりかわ大臣

1本100円てのも安くて美味しい!

目の前の焼き場でカリカリに焼かれたとり皮を見ていると、
本当に食欲がそそられます。

見た目は味が濃そうなのですが、
思ったよりもタレ感はなくって塩味のほうが強いと感じる人もいますね。

でもお味はとても美味しいです!


とりかわ 粋恭 薬院店

住所:福岡県福岡市中央区薬院1-11-15
電話番号:092-731-1766
営業時間:17:00~24:00
夜10時以降入店可、日曜営業
アクセス:
薬院大通駅から193m

開店前から周囲に漂う煙と食欲をそそる香ばしい香りは、名物のとりかわを仕込んでいる証拠です。

とりかわ 粋恭さんのとり皮は、他のお店よりもちょっと高い130円。

とり皮,鶏皮,ケンミンSHOW,福岡,かわ屋,とりかわ粋恭,博多とりかわ大臣

一般的な鳥皮の脂が多めで柔らかくタレで焼いたものとは異なった独自のもので、その秘密は独自の焼き方にあるそうです。

脂肪が少ない首の皮を使い串へ編み込むように巻き付けて3日かけ焼きや炙りを繰り返し、
皮特有の臭みや余分な脂を落としているので、皮の旨味を際立たせながらもヘルシーな一本に仕上がっています。
焼き上がりは、カリカリで香ばしく中はネットリという独特の食感を生み出しており、
醤油油ベースの自家製タレの味付けが後を引く美味しさ!

人気が出るのもうなずけるほどのお味ですね。



Sponsored Link

とり皮のレシピ・作り方


ここで、ご家庭で作ることができるとり皮のレシピ・作り方をご紹介します。

1.適度の大きさに切り分ける


とり皮を食べやすい大きさに切り油分が落ちる程度にレンジで軽くチンします。

油を落とすには、お湯にくぐらせても構いません。


2.串に通す


油を落としたとり皮を串に通します。

竹串が焦げるのでアルミ箔でつつみましょう。

とり皮,鶏皮,ケンミンSHOW,福岡,作り方,レシピ


3.塩・胡椒で味付け


塩・胡椒で味付けをします。

ちょっと塩を多めにふると、いっそう美味しくなります。


4.グリルで焼きます


魚焼きグリルで10分ほど焼いて、完成です!

とり皮,鶏皮,ケンミンSHOW,福岡,作り方,レシピ


お家でも簡単にとり皮を作ることができますね。

本来は油っぽい鶏の皮ですが、湯通し・レンジでチンして油を落とすことで、
ヘルシーに仕上げることが出来ます。

お塩で頂くのも良いですし、タレをつけても美味しいですよ!


Sponsored Link



まとめ



福岡の定番、とり皮。

あまりの美味しさに何本でもペロリと食べられちゃいます。

タレも良いですし、塩も良いですし、
どちらも交互に食べたいですよね。


福岡の名物、とり皮。

是非、一度食べてみて下さい!



以上、福岡県民の愛するとり皮の紹介でした。




Sponsored Link