スポーツ

【水泳】佐藤翔馬の身長や体重は?高校や慶應大学のベストタイムも!


1月26日に開催された競泳・北島康介杯で、男子200メートル平泳ぎで優勝した佐藤翔馬さんに注目が集まっています!
その実力は北島2世だとも評価され、今後の活躍が大いに期待できる選手です。

そこで今回は、佐藤翔馬さんの年齢や身長、体重などのプロフィールと、高校時代や現在の慶應義塾大学におけるタイムをご紹介します。

将来の五輪候補として名乗りを上げた佐藤翔馬さん。


これからさらに強くなり、世界の佐藤になるのでしょうか!?

それでは行ってみましょう。



Sponserd Links

Sponserd Links

佐藤翔馬の身長・体重などのプロフィール


それでは早速、佐藤翔馬さんの年齢や身長、体重などのプロフィールを簡単にご紹介します。

佐藤翔馬

佐藤翔馬プロフィール

名前:佐藤翔馬

生年月日:2001年2月8日

年齢:18歳(2020年1月現在)

身長:173cm

体重:64kg

専門種目:平泳ぎ

出身高校:神奈川県私立慶應義塾高等学校

大学:慶応大学商学部 1年

主な戦績:世界ジュニア新記録


このようなプロフィールとなっています。

現在は慶應義塾大学1年生ですが、出身高校は慶應義塾高校ですね。

高校時代からその実力は折り紙付き!
後述しますが、高校時代でも良いタイムを出して大会に優勝したりしているんです。

身長は173cmと水泳界ではそこまで大きな選手とは言えません。
でも、ダイナミックな泳ぎは身長差をもろともしていません。

体重も64kgとありましたが、トレーニングを積んで筋肉量が増えて数字はもっと体重は増えているかもしれません。
これから本人のベストコンディション時の体重なども更新されていくと思います。


今回、平泳ぎの200メートルでジュニア新記録を出した佐藤翔馬さん。
もちろん、200メートルだけでなく100メートルでも高校新記録に迫るタイムを出したりと、そのスピードは驚異的!

競泳・オリンピック候補選手として今後も注目していて損はありませんよ!

私は水泳がちょっと苦手なので、このように速く泳げる人を尊敬しちゃいます。



Sponserd Links

佐藤翔馬の高校・大学のベストタイムは?


つぎに、佐藤翔馬さんの高校・大学のベストタイムをまとめたいと思います。

今回は「ベスト」タイムとは言いつつも、個人的な時に出た記録など公表されていない場合もありますので、大きな大会でのタイムで見てみましょう。


まずは2019年9月8日のインカレでは、「2:09.21」の世界ジュニア新記録で優勝を飾っています。




1年さかのぼって、2018年11月の東スイ招待でのタイムは「2:13:89」です。

大学生に混じっての大会で3位に入るなど、成績も抜群ですね!



さらに1年をさかのぼって、2017年の東スイ招待でのタイムは「2:16:48」です。

こちらは15歳~16歳のクラスでしたが、見事に優勝ですね!



このように、大会で好成績を修めている実績もあるなか、タイムもどんどん速くなっていっています。

2017年:2:16:48

2018年:2:13:89

2019年(2020年1月):2:09.21



この進化は怖いものがありますよね。

周りの選手も佐藤翔馬さんの成長ぶりに驚いているかと思います。


これは先が非常に楽しみにな選手ですね!

高校時代から好成績を修めていた佐藤翔馬さん。

競泳という競技は、オリンピックのような大きな舞台でしかあまり報道されないのが残念ですが、この調子でいけばメダル獲得も夢ではありませんね!


Sponserd Links

まとめ


デイトピ まとめ


今回は北島2世とも呼ばれる期待の新星・佐藤翔馬さんについて、年齢や身長、体重、過去のベストタイムなどをお届けしました。

平泳ぎ200メートルのタイムで世界ジュニア記録を出すなど、実績も十分!
そして何より、いまだ成長中というのが驚きの一言です!

この調子でいけば、オリンピックに選ばれ、好成績も決して夢ではありません。

まだまだ伸び盛りの佐藤翔馬さん。

北島康介さんの後を継ぎ、世界の水泳界に通用する選手へと育って欲しいと思います。

今後も佐藤翔馬さんの活躍を応援していきましょう!


以上。「【水泳】佐藤翔馬の身長や体重は?高校や慶應大学のベストタイムも!」でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です