話題

流行語大賞2019・ワンチームが聞いたことない流行ってないと話題

ONE TEAM

2019年のユーキャン新語・流行語大賞が発表されました。
大賞に選ばれたのは「ONE TEAM(ワンチーム)」で、ラグビーワールドカップで大躍進した日本ラグビーを象徴する言葉でした。

でも、世間では「ONE TEAM(ワンチーム)って聞いたことも無いよ?」「流行った言葉じゃなくて流行らせたい言葉じゃないの!?」と多くの疑問の声が上がっています。

そこで今回は2019年ユーキャン流行語大賞の発表に、世間の声をまとめていきます。

一年を象徴する流行語大賞に世間の声はいかに!?


スポンサーリンク

2019年の流行語大賞と受賞は?


まずは2019年の流行語大賞が選ばれた理由と受賞した言葉をお届けします。


『ONE TEAM(ワンチーム)』が流行語大賞に選ばれた理由は下記の通りです。

「ラグビーワールドカップで日本代表の快進撃と1個のボールを取り合う面白さが多くの人に伝わった。
テレビの視聴率も非常によく、日本代表の桜のレプリカジャージは完売。
ラグビーを始める子供の数も多くなっている」
と選定委員会がコメントしています。

大金星ともいえるスコットランド戦の勝利で日本初の8強入りを果たしたラグビーワールドカップ。
当初の予想通り、ラグビー関連の言葉からの大賞になりましたね。


その他、トップ10は下記の通り。

【トップ10】
・スマイリングシンデレラ/しぶこ(渋野日向子)
・計画運休
・軽減税率
・タピる
・#KuToo
・〇〇ペイ
・免許返納
・闇営業
・令和

【選定委員会特別賞】
・後悔などあろうはずがありません(イチロー)


スポンサーリンク

流行語大賞のONE TEAM(ワンチーム)に世間の声は?


ONE TEAM
それでは、2019年の流行語大賞に選ばれたONE TEAM(ワンチーム)に「聞いたことも無い」と話題になっている世間の声をまとめていきましょう。







https://twitter.com/StardustAutobot/status/1201477952891838465





このように、ラグビー関連の言葉が選ばれことで喜びの声をあげている方もいる中、「聞いたことも無い」「出来レースだ」という批判的な意見も見受けられました。

いずれにしても、今年のラグビーワールドカップは8強と大躍進し、ワールドカップ出場メンバーも他のテレビ番組への出演も増えてラグビー人気が急上昇していますね。
4年前の五郎丸選手と同じように、ラグビーファンの増加に大きく貢献したかと思いますね。

今後もラグビーが国民的人気のスポーツへと成長してくれたら嬉しい限りです。


スポンサーリンク

まとめ


デイトピ まとめ


今回は2019年の流行語大賞に選ばれた受賞ワードと、大賞に選ばれたONE TEAM(ワンチーム)に関する世間の声をまとめました。

毎年、大賞に選ばれる言葉は良くも悪くも話題になりますよね。

2019年に関しては「聞いたことも無い」と根本的に流行していないという矛盾さで話題になりました。

個人的には「しぶこ」かなぁと予想していたのですが、しぶこ以上にラグビーワールドカップの印象が大きかったのでしょう。


毎年恒例のユーキャン・流行語大賞。
今後も色んな意味で注目を浴びそうです。


以上、「流行語大賞2019・ワンチームが聞いたことない流行ってないと話題に」でした。


スポンサードリンク

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です