YOUTUBE

Youtuberの広告収入の計算方法は?再生数からの年収目安も!

今、子供の間でもなりたい職業の上位に挙がってきているYoutuber。

昔の時代では考えられないですよね。

やっぱり、HIKAKINの存在がメチャメチャ大きいと思います。
HIKAKINも芸能人のような存在になっていますからね。


子供に聞いてみたら、

・お金持ちになれる
・簡単に稼げる
・テレビに出られる


というイメージが上がってきています。

そう簡単にお金が稼げるわけではないのですが、子供にとってはそういったイメージ・・・

でも、人気のYoutuberになれば稼げるのも事実。


そんなYoutuberの広告収入の計算方法と、再生数からどれくらい収入が得られるのかをまとめました。

再生数から年収までも暴けてしまうんですよね。

そこから人気のYoutuberはどれくらい稼いでいるのか計算できちゃいます。
一体、人気Youtuberはどれくらいの年収なんでしょうか!?

それでは、その広告収入の仕組みをご参考ください。


Sponserd Links

Youtubeの広告収入とは?


YOUTUBE年収
まず、Youtubeがどのような仕組みでお金を稼ぐことができるか簡単にご説明します。

Youtubeって、再生した最初や途中に、5秒~30秒ほどのCMが流れますよね。

だいたいが最初に流れますが、たまに途中に挟まれることもあります。


あれが『広告』です。


テレビでも途中でCMが入りますよね。

それと同じで、Youtubeでも最初や途中でCMを入れているようなものです。

そのCM(広告)を見ていて、気になる人はクリックしますよね。
あなたもクリックしたことはありませんか?


この広告が挟まれているということを前提に、Youtubeによる収入は下記の2通り。

1.広告自体が表示された報酬
2.広告をクリックしたことによるクリック報酬


となります。

「1」は表示されたことだけで報酬になります。
1再生あたりの報酬は微々たるものですが、それが何万再生、何百万再生されると比例して報酬が上がります。

「2」は「1」に比べて報酬単価も高く、1クリックあたり十数円などの報酬になります。
こちらも再生数が多いほどクリックされる回数も多くなるので、再生数に比例して収入も増えていきます。

このように、『再生数』が多くなればなるほど得られる報酬も高くなるんです。

人気Youtuberは如何にして再生数を稼げるかを常に考えているわけですね。


Sponserd Links

Youtubeの収入の計算方法


Youtube,報酬
再生数が多いほど報酬が多くなることはわかりましたでしょうか。

では、次に1再生あたりどれくらいの収入になると思いますか?

本当に1再生あたりでいえば微々たるものです。


というのも、現在ではYoutubeの広告動画は1再生あたり、『0.02円』が基準となっています。

どうでしょう?
1円にも満たないんですよ!?


50回再生されて、やっと1円という計算になります。

つまり、計算方法は下記の通り。

再生数×0.02円



如何に再生数を多くするかが大事なのがわかるかと思います。

昔は1再生あたり0.1円だったのですが、時代とともに単価が下がってきています。
今後もさらに下がる可能性もあります。

Youtuberになって簡単に稼げるというのは思ったより難しいとわかっていただけますでしょうか?



Sponserd Links

Youtubeの再生数による収入基準


youtube再生数
現在におきまして、Youtubeでの1再生あたりの単価が0.02円です。

でも人気のYoutuberになれば、この0.02円という単価は変わったりします。

で、その単価というのは通常、公表することはYoutube側から禁じられています。


そのため、単純に再生数×0.02円というのは下限として考えて頂ければいいと思います。

人気Youtuberほど再生数が多くなるので、そのYoutuberに広告を出すことで広告自体が世の中に表示される回数が多くなりますよね。

人気Youtuberほど広告主から喜ばれ、1再生あたりの単価も高くなるという感じです。
実力のある野球選手の年棒が高くなるのと考え方は同じですね。


でも、繰り返しになりますが、Youtube側からYoutuberがどれくらい収入を得ているのかを公表するのは禁じられています。

そのため、Youtuberの年収は再生数から計算しての想定金額になります。


参考に、再生数あたりの収入を一覧にしてみましたのでご参考ください。


基準:1再生あたり0.02円

【再生数による報酬金額一覧】
再生数単価収入
10.02円0.02円
500.02円1円
5,0000.02円100円
500,0000.02円10,000円
50,000,0000.02円1,000,000円



【再生数による年収目安】
1ヶ月再生数単価月収年収
500,0000.02円10,000円120,000円
5,000,0000.02円100,000円1,200,000円
10,000,0000.02円200,000円2,400,000円
50,000,0000.02円1,000,000円12,000,000円


このように、1ヶ月で5千万再生されれば月収100万円、年収1200万円になります。

また、再生報酬とは別にクリック報酬も加算すれば上記の金額に加算されます。


もし、Youtuberで生活をすると考えると、最低でも月収20万円は欲しいところですよね。

そう考えると、1ヶ月で1000万再生される必要があります。
それくらい、人気の動画を作る必要があるんです。

Youtuberも決して楽ではないですね。
一般人がYoutubeで生計を立てるのは並大抵ではありません。


でも知名度がある芸能人がYoutuberになるのも納得がいきますね。



Sponserd Links

まとめ


デイトピ まとめ


今回はYoutubeがどういった広告収入の仕組みがあるのか、そして報酬の計算方法と年収の目安をお届けしました。

Youtubeで生計を立てるには、最低でも1ヶ月に1000万再生は欲しいところです。

でも、この再生数は1動画あたりではなくて、全動画の合計です。
人気の動画がいくつあれば、その分だけ安定して再生数を積み上げることができます。


ただ、報酬を得るための資格として登録チャンネル数が1000以上が必要といった条件などもあります。

Youtubeで稼いでいる人は、これだけ苦労して頑張っているわけですね。


あなたもYoutubeを見る際は、Youtuberの方がどれほど苦労しているのかというのも少し考えてみてくださいね。

以上、「Youtuberの広告収入の計算方法は?再生数からの年収目安も!」でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です