LIMEX(ライメックス)は株式会社TBM社が開発、製造、販売する新たな紙やプラスチックの新素材です。
ライメックスは世界中で大量に使われているこの紙(ペーパー)とプラスチックの代わりとなることでエコ資源として注目を浴びています。
株式会社TBMの山崎敦義社長が、8月4日の『カンブリア宮殿』に出演され注目度も急上昇しています。

limex1

Sponsored Link


ライメックスの主原料は石灰石


ライメックスの主原料は石灰石です。
石灰石は他の資源と比べて埋蔵量がとても多く資源です。
日本でも100%自給自足できる資源となります。

また日本だけでなく世界各地においても埋蔵量もとても豊富で、しかも高効率でリサイクルも可能です。
そのため、ほぼ無尽蔵と言っても過言では無いかもしれません。


ライメックスの使い道は紙(ペーパー)とプラスチック


このライメックスの使い道が注目の的となっています。

そう、それは紙(ペーパー)とプラスチックです。
紙(ペーパー)と言えば、主原料は木材が代表的です。
そのため、大量の木を伐採することから砂漠化現象も大きな社会問題となっています。
プラスチックも現在はペットボトルの材料として大量に使用されています。

それが、ライメックスペーパー・プラスチックを利用することにより、
木に代わっての新たなペーパー革命が起こる可能性も非常に高いと言えます。

木の代わりとなる石灰石を原材料とした新素材・ライメックス。
これほどエコと言えることはないでしょう。
リサイクル性も抜群です。

地球を救う、新たな資源としてライメックスが注目を浴びているのがこの理由のためです。

limex2


名刺の作成においてライメックスに大注目か!?


企業と言えば名刺を大量に用意しますよね。
営業さんは特に1にち100枚単位で消費する人もいます。

ペーパーレスな世の中にはなってきてはいるのですが、
未だに名刺を配る慣習はまだまだ残っています。

スマートフォンが普及したとは言え、今後も名刺は無くなることは無いでしょう。

そんな名刺も、当然、紙(ペーパー)です。
ライメックスのペーパーに注目が浴びるのも必然ですね。

ライメックスはエコだけでなく、世界の企業にも大きな影響を与える、
新たなペーパー革命だと言えるでしょう。

まぁ、名刺に限らず紙を大量消費する場合においては、
ライメックスは注目せざるを得ない程の存在ですね。


閑話休題


話は逸れますが、ちょっと不思議な絵をご紹介します。

こちらはチェコの街並みです。
よく目を凝らしてみて下さい。
遠近感が狂って何か変な感じに見えるでしょう。
チェコにはこのような不思議な写真が沢山ありますよ。

チェコの街並み




まとめ


地球の温暖化を防ぐ可能性の高いライメックス。

まだまだ知名度はあまり高くはありませんが、
注目を浴びるほどライメックスの株価も今後は大きく上がっていくかもしれません。
ライメックスの毎日の株価指標をチェックしてみてはいかがでしょうか。


近い将来、ライメックスの紙(ペーパー)が世界中に広がるのもそう遠くないかもしれませんね。




やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ