2018年も春アニメ(4月~6月)の季節がやってきました!

春アニメと言えば、学校ものや恋愛ものが楽しみですよね!


そして毎年、春アニメのラインナップの中で見所はどこなのか、
視聴率はどの春アニメがトップになるのかが話題になります。

それだけ、皆さんが春アニメについて注目をしているということですよね。

実際、前評判通りの結果になるのかどうかは始まってみないとわかりません!


そこで皆さんの意見を交えまして、春アニメの見所と視聴率が良いであろうその理由をお届けします。

さて、何が春アニメのトップに輝くのか楽しみですね!

是非、皆さんの意見をご参考ください!


Sponsored Link



目次

2018年(4月~6月)春アニメ候補の見所や視聴率を大予想!


1

それではさっそく、2018年(4月~6月)春アニメの見所や視聴率上位予想をまとめていきます。

ここからは皆さんの意見をどんどんご紹介していきますね。

この中から見事、2018年(4月~6月)のトップに輝く春アニメが出るのでしょうか!?

私、気になりますっ!



【2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位予想】1.フルメタル・パニック! Invisible Victory




フルメタル・パニック! Invisible Victoryは富士見ファンタジア文庫から刊行されているライトノベル「フルメタル・パニック!《通称:フルメタ》」を原作としたアニメの最新作です。テレビアニメとしては前作「フルメタル・パニック!The Second Raid《略称:TSR》 」より13年ぶり4作目となり期待が高まっています。今作では前作までと違い主人公である相良宗助に視点を当て原作に準じたストーリー構成となっており、よりハード・シリアスシーンも増えているので、今作からフルメタをご覧になる方はアニメシリーズの一作目~TSRをご覧になることを個人的にお薦めします。昨今の異世界もの・ハーレム展開等のアニメをよく見る人に見てもらいたい作品です。


この作品は原作がいいから成功していると言ってもいいと思います。しっかりとしたストーリーと世界観。ロボットアニメであり、戦闘シーンが派手であるところもシリーズ通してのみどころのひとつです。しっかりとした世界観に負けないこい各キャラの性格や。行動。そして、それぞれがしっかりと自分を持っていることが、その行動に表れる点が私はこの作品が好きな理由の一つです。けれど、絶対的に強いというキャラはいなくてそれぞれが、なにか抱えている。それは過去だったり、そこから現在にまで続くような悩みだったり、コンプレックスだったりすのですがそれに負けずに、どのキャラも見せ方は違うけれど「強く」生きているのが、見終わったあとの爽快感と元気をもらい得る作品だと思います。


三期から長い事音沙汰がなかったフルメタアニメシリーズですが制作がジーベックに変更になりました、ジーベックは有名どころでは蒼穹のファフナーを手掛けていて全編見ましたがそのCG技術は高い物だと私は思っています、なので作画にも期待が持てます。また、三期は香港編でラムダドライバ完全起動まで描かれましたが次はミスリル壊滅、主人公機大破、ヒロイン誘拐の超山場なのでこのシーンがアニメで見られるのは非常にうれしいです、スーパーロボット大戦シリーズではすでに小説版参戦として原作の最期まで描かれ、新主人公機のレーバテインやその後の展開も描かれており、動いているところも見てはいますがアニメ化となるとやはり楽しみになってしまうのがファンというものです。



などがフルメタル・パニック! Invisible Victoryを候補に挙げた理由ですね。
フルメタル・パニック!の4作目ということで固定ファンも多く、本格派ロボットアニメとして見ごたえがありそうです!
ストーリーも独自の世界観がありますので、画像からストーリーまでトータルして楽しめそうですね!



【2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位予想】2.宇宙戦艦ティラミス



この作品は存じ上げておらずCMでPVを拝見した時に凄く綺麗な絵柄に見入ってしまい、でも戦艦やロボット物なのかと少しガッカリしました。(好きではないジャンルだったので)ですが「串カツを食べれる」というセリフにんん!?と思い、しかもタイトルがティラミス!?ケーキ!?と思い気になって速攻サイトにいってあらすじやWEB漫画を読んで綺麗な絵柄なのに笑えて心温まる一面もあって一気に心惹かれてしまいました!「このマンガが凄い!WEBオトコ編」でも3位を獲得したのも納得だと思いました。機械・ロボットものがあまり興味がないわたしでも楽しく拝見できました。しかもアニメはキャストさんが凄く豪華で期待しかありません。


原作既読者です。シリアスで美しい絵柄のイケメン+αたちが、次から次に超しょうもない事をしでかすSFギャク作品です。この作品が個人的に良いなと思ったのは、安易なギャク顔や漫画的な記号を入れて絵的なシリアス感を崩したりしない所でしょうか。セリフが無かったらパッと見シリアスなロボット物にしか見えないため、内容とのギャップが凄まじい。まさに画力の無駄遣いとも言うべきこの作品、絵柄が緻密で情報量も多いので、それをどこまで再現出来るのかという興味と期待感もあります。過去の有名ロボットアニメのオマージュ要素もあるので、そういった作品が好きな方は更に楽しめるかも。毎週放送後にSNSなどで盛り上がってほしいなと思ってます。



などが宇宙戦艦ティラミスを候補に挙げた理由ですね。
「宇宙戦艦ティラミス」ってタイトルからして美味しそうです(笑)
請声優さんも豪華ですし、女性人気も高そうなアニメになりそうです!



【2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位予想】3.食戟のソーマ 餐ノ皿「遠月列車篇」



食戟のソーマの1期、2期、3期と視聴していて3期は3か月しか放送してなかったのでとても寂しく、冬の間は放送されてなかったのでやっと始まるなという感じで楽しみにしています。前回の終わりでは才波丈一郎の正体が幸平創真の父親と知った薙切えりな。そして自分の父親が才波と知り合いという所に驚いたシーンで3期は終了。すごく続きが気になる展開でした。ジャンプは読んでないので、読んでない人間としては続きはどうなるの?としか思ってません。前回は3か月で終了してしまったので今回は半年くらい放送してくれたら嬉しいなと思います。今回は列車編という事なのでどんな料理が出てくるのかとわくわくしています。新しいメニューが出たら自分も作ってみたいのでそこも楽しみにしている一部です。



などが食戟のソーマ 餐ノ皿「遠月列車篇」を候補に挙げた理由ですね。
少年ジャンプで人気の食戟のソーマもこれで4期目です。
最初の勢いこそ落ちついているもの、固定ファンも多いことからやっぱり期待できますね。
ムフフなシーンも男性に人気です(笑)



【2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位予想】4.ありすorありす



梱枝りこさんのイラストが好きで、以前から注目していた作品でしたが、今回アニメ化するにあたり、とにかく声優陣が豪華なので、間違いなくヒットすると思っています。佐倉綾音さんと日高里菜さんがメインヒロインというだけで、これはかなり期待できます!更に松岡禎丞さんの演じるキャラクターは男女問わず人気が高いので、男性受けの要素が強い作品ですが、女性からの支持も得られそうです。最近はシリアスなアニメよりも日常的なコメディ作品を見て、現実のストレスを忘れる時間を求める人が多いように思います。そんな現代のニーズにも答える癒し系作品だとも思います。妹好きな人だけでなく、たくさんの人に愛される作品になっていくと予想します。




などがありすorありすを候補に挙げた理由ですね。
何と言ってもキャラクターがカワイ!
日常系のアニメってなんだかんだで人気が高いですよね。
声優人も豪華ですし、大きなお友達がいっせいにグッズなどで盛り上がりそうな予感です!




【2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位予想】5.ゲゲゲの鬼太郎(第6期)


https://twitter.com/kitaroanime50th/status/977704581466537984

ゲゲゲの鬼太郎と言えば、知らない人はいないのではないかと言うくらいの、老若男女知っている作品だと思います。
それが今回また新たに6期として放送されるということでとても楽しみにしています。
ただ昔からのアニメがというところではなく、今回出演の声優さんが新たにパワーアップしたという所も私的には注目しています。
鬼太郎役には、 少年少女から魅力的な大人の女性まで演じてこられている沢城みゆきさんや、初代鬼太郎役を演じられて今回目玉の親父役を演じられる野沢雅子さん、また脇役の中にも普段は主役級のキャラクターの声を当てられている方が多いので、それにも注目したいところです。
個人的な興味としては一反木綿を演じられる山口勝平さんがとても気になる所でもあります。
あののんびりした口調の一反木綿がどのようになるのかが個人的には一番気になる所です。



などゲゲゲの鬼太郎(第6期)を候補に挙げた理由ですね。
ゲゲゲの鬼太郎もとうとう6期目に突入。
毎回、猫娘のビジュアルが話題になっています。
今回も当然、猫娘で話題になりますし、目玉の親父を野沢雅子さんが演じていることから時代の流れを感じますね。



【2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位予想】6.お前はまだグンマを知らない



【なんやかんやで死に至る】聞いただけで、どんな作品なんだと興味がわいてくる北関東にある群馬県に酷似の領域グンマが舞台の漫画、お前はまだグンマを知らないが今年の4月でアニメ化が決定されました、原作者は群馬県出身であることと、実際の群馬のPRも兼ねて漫画で地元のPRや豆知識などを取り入れた破天荒系の作品がなんやかんやで放送が開始されるのです。群馬県の名産や地方ならではの風習も面白可笑しく、馬鹿馬鹿しく仕上げる作品は一度見たら病みつきになるのは間違いなく、もちろん群馬県民も隣県の人も全く関係ないエリアの人も同等のことが言えます。
この記事の著者である私は、群馬県在沖ですが、正直やりすぎな感じと、かるたの読み札にブランクを感じるなど地元民しかわからないディープなネタも分かるため地元民はより楽しめるといっても過言ではないです。



などがお前はまだグンマを知らないを候補に挙げた理由ですね。
このアニメを見て群馬県民に対する評判がどうなるのかも気になります(笑)
グンマの地元ネタなどどんな展開になっていくのか楽しみです!
月曜から夜ふかしでも話題になり、密かに注目しています!



【2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位予想】7.東京喰種:re



人気アニメ「東京喰種」「東京喰種√A」に続く新作なので楽しみにしています。
前作は原作と違った展開だったこともあり、ストーリー展開は少し微妙な終わり方をしたので今回のアニメの続きの展開も気になります。
原作でreは新キャストも増え、主人公をはじめ元々のキャストもガラッと雰囲気が変わりますので、アニメ化で映像化されるのが嬉しいです。
動くだけではなく、CVをどなたが担当されるのか?なども興味深く待っています。
雰囲気の変わった主人公を声優の花江夏樹さんがどんな風に演じるのか?楽しみはたくさんあります。
東京喰種の原作の絵が大好きなので、今回もその世界観をアニメで表現していただき良い作品に仕上げていただきたいと思います。


などが東京喰種:reを候補に挙げた理由ですね。
人気の東京喰種トーキョーグールですので固定ファンも多く、視聴率も良さそうです。
新キャラにも期待ですよね!



【2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位予想】8.ヲタクに恋は難しい


https://twitter.com/wotakoi_anime/status/976085050457403392

pixivで話題の漫画です。登場人物ほぼ全員がヲタクというなかなか濃いアニメです。主人公の女の子は今までヲタクを隠して男性とつきあっていたけど、失敗ばかりです。今度つきあうことになったのはヲタクであることを知っている幼馴染です。2人ともヲタクということで、デートってどんなのだっけ?ってギクシャクしたりヲタク話で盛り上がったり、とにかくヲタクが見るとうんうんと頷ける話ばかりです。主人公の男の子が実は昔から女の子のことを好きでずっと想い続けていたりとか、キュンキュンする場面もあります。また、友達カップルもとても可愛いです。女の子は有名なコスプレイヤー、男の子はライトヲタクです。この女の子のコスプレ姿がまたかっこいいです。いつも喧嘩しがちな2人ですが、なんだかんだ仲良しなのも見ていて微笑ましいです。



などがヲタクに恋は難しいを候補に挙げた理由ですね。
ヲタクによるヲタクのためのアニメ(笑)
ヲタク同士のカップルなど、普段の会話がちょっと気になります。
キャラクターもかわいいですよね!



【2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位予想】9.ゴールデンカムイ



今度の春アニメで私がオススメしたいのは、『ゴールデンカムイ』です。知人に「絶対に好きなはずだから読んでみて」と言われて読んだら、ハマってしまいました。主人公の杉元や、ヒロインのアシリパだけではなく、登場人物全員のキャラが濃い。変態が多いので、アニメで原作通りやれるのか不安でもありますが。「脱獄囚達に彫られた、金の在り処を記した暗号になっている入墨」の争奪戦という、血みどろになりそうな話なのに(実際血みどろ度は高い)、かなりギャグが多いのも魅力。シリアスな流れの中に突然入ってくるギャグが、アニメではどう再現されるのか気になります。ジビエグルメの部分もこの作品の魅力のひとつなので、そこもアニメではどう表現されるのか楽しみです。実は普段アニメを観ないほうなのですが、『ゴールデンカムイ』は毎週観たいですね。



などがゴールデンカムイを候補に挙げた理由ですね。
内容が濃く、そしてキャラクターも濃い(笑)
男性に人気が高そうです。



【2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位予想】10.銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅



「アルスラーン戦記」の原作者で知られる田中芳樹さん原作のSF物語です。
アニメは1988年からOVAで制作されており、100話を超える長作ですが、緻密な駆け引きや登場人物の心理描写が細かく描かれていて一気に引き込まれる内容でした。
また、堀川りょうさんや若本規夫さん、勝生真沙子さん、池田秀一さんと言った当時活躍していた声優さんが多く起用されていることも話題になりました。
今回は新たに声優陣、製作スタッフも一新して制作されることになりました。
お話は原作1巻からで全12話の予定になり、主役のラインハルトは宮野真守さん、ヤンウェンリーは鈴村健一さんが起用され、更に梶裕貴さん、諏訪部順一さんと人気声優が次々に発表されていますので期待です。



などが銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅を候補に挙げた理由ですね。
もう銀河英雄伝説はもう言わずと知れた名作ですよね。
声優陣も豪華で非常に楽しみであります!



【2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位予想】11.アイカツ フレンズ


https://twitter.com/aikatsu_dcd/status/976741397918244864

2012年からアニメスタートしたアイカツシリーズの最新作で、シリーズ自体去年5周年を迎え、更に長期化、安定路線に入った印象があります。また、シリーズはメイン視聴者の女子児童や、はてまた成人男性にもファンがいて幅広いジャンルが注目されています。本作は2年前のスターズ以来のキャラクター及び世界観が完全に一新した新シリーズとなっていて、シリーズものならではの新たな世界観に期待が高まる一方、こちらもシリーズものの宿命ではありますが、前作スターズの熱狂的なファンであればある程、賛否が起きる可能性があり、またスターズ自体も2年続いたため、新しい世界観に入り込めるには時間を要しそうな印象もあります。とはいえ、そうした賛否両論もシリーズものならではの要素でそれだけに注目度も高いという証拠になり得ます。



などがアイカツ フレンズを候補に挙げた理由ですね。
こちらも言わずと知れたアイカツの新作ですね。
女の子の憧れのアニメですし、安定した人気になると思います。
グッズも凄いんでしょうねぇ。



【2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位予想】12.ピアノの森



原作の漫画を読んだのはもう数年前にもなりますが、とても好きな作品で今頃まさかアニメ化するなんて思ってもいませんでした。主人公は切ない過去を持ちながらも独学でピアノを学び、物凄いテクニックを持っています。子どものころ自由に自分の好きなようにやりたいように演奏するだけだったけど、他の人の演奏を聴いたり、大人の人に言われ、表現力を学んでいくようになります。かっこよく育った主人公はイケメンピアニストのように扱われ有名になりますが、母に似て女性のような顔立ちでもあるため、ギョッとするシーンも描かれるかもしれません。主人公以外のキャラクターも魅力的で世界観に引き込まれます。つらいシーンも多いですが、それを上回るピアノの音色が聞けると思うので楽しみにしています。



などがピアノの森を候補に挙げた理由ですね。
ピアノ好きはもちろん、彼の弾くピアノに誰しもが惹きこまれそうですよね。
女子人気が高そうなアニメです。



【2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位予想】13.重神機パンドーラ



『マクロス』シリーズを手がけた河森正治監督が手がける久々の新作ということで、とても期待しています。キャラクター原案は『マクロスF』の江端里沙さん、というのもワクワクせざるを得ません。河森監督と言えば「ロボ」「メカ」というキーワードが浮かびますが、今回も重厚なメカが登場することが発表されています。メカのデザイン、アクションも気になるところですが、さらに今作は特撮要素も加わるということで、新感覚のロボットアニメが楽しめるのではないかと期待しています。そして、それらの屈強な側面と合わせて、もうひとつ物語の重要なポイントとなるのが「家族」。それらが合わさったとき、どのような壮大なストーリーになるのか、とても楽しみです。



などが重神機パンドーラを候補に挙げた理由ですね。
河森正治監督ですので外れは無いでしょうし、主題かもBUMP OF CHICKENということで注目を集めそうです!
ロボット好きの男子に熱い展開が待っています!



【2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位予想】14.カードファイトヴァンガード





今までのカードファイトヴァンガードと違い今回のカードファイトヴァンガードは原作寄りの本編にやってます。今回のカードファイトヴァンガードの主人公は先導アイチです、第1作目のカードファイトヴァンガードと同じですルールも新たに追加されて今までのカードファイトヴァンガードより楽しく遊べます、初期のヴァンガードのカードが復刻されます、ブラスターブレード、アルフレッド・アーリー、ドラゴニックオーバーロードなどが復刻されます、トライアルデッキは何個か買って自分オリジナルデッキを作りますが今回のカードファイトヴァンガードのトライアルデッキは1個で済むレベルのトライアルデッキです、新旧ヴァンガードバトルが楽しみです。



などがカードファイトヴァンガードを候補に挙げた理由ですね。
小中学生に絶大な人気を誇るヴァンガードの新作です。
今回も多くの小中学生がカードでバトる姿が見られそうですね。




などなどのアニメを一挙にまとめました。
見てみたいと思ったアニメはありましたでしょうか?

面白そうなアニメを是非、チェックしてくださいね♪


まとめ


今回は皆さんの予想する2018年(4月~6月)の春アニメの見所と視聴率上位を予想してみました!

やっぱり前評判はフルメタル・パニック! Invisible Victoryが非常に高いですね。

宇宙戦艦ティラミスも女子人気が高そうです。


また、ありすorありすも□リータファンの間で話題となりそうですね!



今回、まとめた皆さんの予想通り、フルメタル・パニック! Invisible Victoryが春アニメの視聴率上位となるのでしょうか?

はたまた、ダークホース的な春アニメが現れるのか。


いずれにしても、アニメ好きである私たちファンを楽しませてもらいたいですね!



1

最後までご覧いただきありがとうございました!

記事の内容をご参考いただけたら幸いです。
それではまたのご来訪をお待ちしています。

以上、「春アニメ2018人気おすすめランキング!見所や視聴率トップ予想!」でした!