3月3日の青空レストランは宮城県の油麩を特集!

満天☆青空レストランは、日本各地の熱愛グルメ・郷土料理を紹介します。

司会進行に宮川大輔さん、ナレーターに水樹奈々さんと平野義和さんが声を当てています。

尚、「うまい☆」ハンコも水樹奈々さんが声を当てているんですよ。気付いていましたか?


そして、満天☆青空レストランの面白いところは、出演者自身が食材の収穫をしてから料理を頂くというところです。


野菜を掘ったり、魚を釣ったり、苦労して収穫した食材で料理された出来立てメニューはどれも絶品!

放送時間も土曜日の夕飯時とあって、とても美味しそうに見えますよね。


そして3月3日の食材は油麩です!


そんな油麩の激ウマなメニュー、レシピや作り方、
通販の価格情報などをご紹介します。

美味しそうな油麩は是非、チェックするしかありませんね!

3月3日のゲストは尼神インターさんです。


是非、ご参考にして下さい。


Sponsored Link






青空レストランで特集!油麩とは!?

油麩

油麩は、別名「仙台麩(せんだいふ)」とも呼ばれていて、宮城県北部と岩手県南部(一関近郊)で地域で食されている地元の食材です。

油麩(仙台麩)の特徴としましては、フランスパンに似て細長い形状をしているところでしょう。

作り方を簡単に説明しますと、まず小麦粉に含まれるたんぱく質であるグルテンを練り上げて棒状にします。

それを食用油でカラット揚げるのですが、揚げている最中に膨らんでくるところをカッターなどで長軸方向に切れ目を入れて膨らみ方をコントロールすることで、キレイな細長い形状に作り上げています。

普通のお麩と同じように煮物や味噌汁の具として用いられることが多いですが、
宮城県登米市登米町では「油麩丼」として食する方法が広まっていて、しかも名物の地元料理となっています。

dailytopic_20180225_172749

ちなみに油麩(仙台麩)は精進料理が由来となっているのです!

というのも、登米地方では昔からお盆に精進料理を食す風習がありました。

その精進料理でタンパク源をとるためにグルテンを油で揚げ、コクを持たせた油麩が作られたことから始まっています。
なお、昔は夏季限定の季節食品でした。

宮城県登米地方では油麩を製造する事業所が数件あって、揚げ方の度合いなどがそれぞれ異なっています。
そのため、それぞれ個性が違う油麩(仙台麩)となっていて、いろんな油麩(仙台麩)を楽しめますね。


青空レストラン!油麩の予告



青空レストラン 3月3日の食材は地域の『油麩』です!


宮城県が誇る伝統食材「油麩」 外はカリッと中はジューシーで 和洋中なんにでもあう万能食材でもある油麩!

ゲストの尼神インターと大輔さんの掛け合いにも是非ご注目ください!





こちらは予告映像です!

リンクが切れていたらゴメンナサイっ!





油麩が他のメディアで紹介されたことは?


今回、青空レストランで油麩が特集されましたが、
今までもどのようなテレビや雑誌で紹介されたことがあるのか調べてみました。


地方番組や雑誌などはちょっと調べるのが難しかったので、
基本的には全国番組や雑誌からの情報です。

ご参考にどうぞ!

  • はなまるマーケット
  • 秘密のケンミンSHOW!(2009年7月16日)
  • ドラGO!(2014年9月14日)
  • 突撃!ナマイキTV(2017年6月27日)
  • 満天☆青空レストラン(2018年3月3日)

ちょっと前になりますが、秘密のケンミンSHOWでも油麩が紹介されていました。

その際は、「油麩丼」にして試食会がされていましたね。
ケンミンSHOWの出演者一同、ガツガツと油麩丼を食べていました。

やっぱり人気の油麩はいろいろな所から注目されているようですね。

人気が出るのも納得です!



青空レストランで激ウマ!油麩のレシピ・作り方



ここでは青空レストランで紹介された油麩を使ったメニューのレシピ・作り方をご紹介します。

画像を交えてまとめていますので、ご参考にしてみてください。


油麩のはっと汁


はっと汁

【レシピ】
  • 大根- 1/4本
  • 人参 – 1/2本
  • ごぼう – 1/4本
  • しめじ – 1/2株
  • 豚こま肉 – 100g
  • 油麩(仙台麩) – 10cmほど
  • 薄力粉 – 200g
  • 塩 – 2つまみ
  • 水 – 800cc
  • めんつゆ – 大さじ5
  • 塩 – 2つまみ
  • ネギ – お好み




【作り方】
1.薄力粉に塩を合わせて水を少しずつ混ぜて、耳たぶくらいの柔らかさになるまで捏ねる。
2.粉が練り上がったら丸めてボウルに入れて、乾燥を防ぐために濡れ布巾かラップをかけて30分~1時間なじませる。
3.大根・人参の皮を向いて厚さ3㎜ほどの銀杏切りにする。
4.ゴボウは笹掻きにして、10~15分ほど水に浸けてアク抜きをする。
5.油麩(仙台麩)を厚さ5㎜程度の半月切りにする。
6.お鍋に水を入れて野菜と豚肉を入れて、アクを取りながら10分ほど煮ます。具に火が通ったら、油麩(仙台麩)を入れる。
7.練っておいたはっとの生地を伸ばしてちぎりとり、鍋の中に入れていく。
8.はっとの生地の表面が透き通って浮いてきたら、めんつゆを入れて味付けをする。
9.お椀によそってネギをいれたら完成です!


『はっと汁』は宮城県登米地方の郷土料理です。
ツルツルシコシコの食感に根菜などを入れて旨みが合わさって絶妙です!
油麩(仙台麩)もいいワンポイントになっていますね!
老若男女に愛されているご当地料理です。


お手軽 油麩のマーボー麩


マーボー麩

【レシピ】
  • 油麩(仙台麩) – 10cmほど
  • ひき肉 – 100g
  • しめじ – 1/2袋
  • とうがらしじ – 1本
  • マーボー豆腐の素
  • 塩 – 適量
  • 水溶き片栗粉 -適量




【作り方】
1.ボールに薄い塩水を作って、油麩(仙台麩)をつけてふやかし、水気を切って食べやすい大きさに切る。
2.フライパンに、油をひき、にんにく・とうがらしを炒めます。良い香りがたってきたら、ひき肉・しめじを炒め、全体に火が通るまで炒める。
3.麻婆の素を加えて一煮立ちさせる。
4.油麩(仙台麩)を加えて塩で味を整え、ネギをちらして水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成!

ピリ辛のマーボーと油麩(仙台麩)の組み合わせがジューシーで美味しいです!
ご飯にかけたらいくらでも食べられますよね!
辛いのが苦手な方はとうがらしの量などを調整してくださいね。



お手軽 油麩の油麩丼


油麩丼

【レシピ】
  • 油麩(仙台麩) – 10cm
  • 長ネギ – 10cm
  • 卵 – 1個
  • めんつゆ – 大さじ2
  • 水 – 100cc




【作り方】
1.油麩(仙台麩)を厚さ1cm幅で輪切り、長ねぎは斜め切りする。卵を溶く。
2.フライパンにめんつゆ、水、油麩(仙台麩)、長ねぎを入れて中火で熱し、3分程ぐつぐつ煮る。
3.油麩(仙台麩)に味がじっくりと染み込んだら、溶き卵を回し入れて、ふたをする。
4.卵がいい感じに半熟状になったら火を止める。
5.どんぶりにご飯をよそって、『4』をかけて油麩丼の完成です!

みんな大好き「油麩丼」です!
ご家庭で作るのはめんつゆを使って簡単にできちゃいますね。

油麩にしっかりと味が染みこんで美味!
まるでお肉料理を食べているかのように丼を食べられますね!

お好みで七味をかけたり、紅ショウガをトッピングしてもいいですよ♪



青空レストランで話題!油麩の通販価格は?


青空レストランで紹介されたことによって、油麩の人気が急上昇しています!
やっぱりメディアで取り上げられると人気が集中しますね。


油麩を通販で購入するにはこちらを参考にしてください。
価格情報やちょっとした一言メモをお伝えしていきます。


けれども青空レストランで紹介されると、あっという間に通販で売り切れる可能性があります。
季節モノを取り扱うことが多いので尚更ですよね。

青空レストランで紹介されたとおりのレシピで食べるも良し、
あなたのアイデアで素敵なメニューに仕上げて食べるも良しです♪


通販をお考えのかたはお早めにチェックしてみて下さい!

本当は地元で食べるのが一番良いかとは思いますが、
是非是非、ご家庭でも油麩のお味を堪能してみて下さいね。


油麩をそのままならコチラですね。

仙台麩2本(大)




油麩丼のセットなら材料もお手軽です♪

あぶら麩丼用セット



終わりに


宮川大輔さんやゲストの方々が油麩を美味しそうに食べる姿は見ていて楽しいですよね!

地元の宮城県にお住まいの方が羨ましいです。


油麩は油麩丼やマーボー麩の他にも色んな食べ方もあるようですし、
料理をするのも食べるのも好きな私にはピッタシです。


なかなか油麩を食べる機会は少ないかもしれません。

けれども、このように青空レストランで紹介されると、
私も通販でお取り寄せして食べてみたくなりました♪


やっぱり美味しい食事をするのが一番の幸せですね!


あなたも是非是非、こちらの逸品をご賞味してみてはいかがでしょうか?




以上、「青空レストラン3月3日は油麩特集!レシピや作り方・通販情報も!」でした。