2月11日の情熱大陸の出演で大きく注目を浴びた八戸ERの今明秀さん。

特徴のあるキャラクターで一気に話題を集めていましたね。

実は今明秀さんは八戸ER(救急専門外来)の分野におきまして、
かなりの実績と経歴を持つ人だったりするんです。

そういったこともあり、今明秀さんのことをもっと知りたい方が多くなっています。


そこで今回は今明秀さんの年齢や年収などのプロフィールや、
八戸ERに関連する情報をまとめましたのでご紹介したいと思います。


情報をまとめる際には、ネットや雑誌、Twitterやインスタグラムなどから徹底調査しました。



是非是非、ご参考にしてくださいね。


Sponsored Link





今明秀の年齢や年収、八戸ERなどのプロフィール


まずは今明秀さんの年齢や年収、八戸ERに関するプロフィールをまとめました。

今明秀さんをもっと知るためのご参考にしてください。


今明秀さんのプロフィール


今明秀,八戸ER,情熱大陸,年齢,年収,経歴

プロフィール
名前今明秀(こん あきひで)
生年月日1958年
年齢59歳
出身地青森県
出身校自治医科大学を卒業
ジャンル医療
所属八戸市立市民病院救命救急センター所長
年収??
(※写真に関してはTwitterやインスタグラムなどから紹介しています)


1958年生まれですので、現在の年齢は59歳ですね。

実は八戸ERの分野ではすごい経歴を持っています。


今明秀さんは1983年に自治医科大学を卒業。

その後、青森県立中央病院で初期研修を行います。

そして1985年に倉石村国保診療所に所長として着任すると、
翌年1986年に公立野辺地病院に外科医師として勤務するようになります。

さらに1988年に六戸町国保病院に外科医師として勤務するし、
翌々年の1990年に青森県立中央病院救命救急センターに外科医師として勤務します。

その翌年1991年に下北医療センター国保大間病院に外科副医長として勤務し、
1993年に公立野辺地病院に外科副医長として勤務します。

その後、1998年に川口市立医療センター救命救急センターに副所長として着任。

そして2004年に八戸市立市民病院救命救急センター所長に赴任し、
ドクターヘリ体制の確立に尽力しておられます。

救命救急センターは、病院前、ER、手術、TAE、集中治療、リハビリ、退院が一直線となっているため、
救急総合診療を行っていること、そして、豊富なマンパワーと質の高い救急診療を行っています。

救命救急センターでは常に救急と携わっていることから、
豊富な症例が経験でき、高レベルな指導を受けられます。

そんな救命救急センターで病院前現場出動からER、手術室、ICU、リハビリ、一般病棟まで受け持ち、軽症重症を問わず目の前の救急患者を救急医師が一貫して受け持つ新しい日本型救急システムを確立しました。

救命救急センター院内は、八戸市立市民病院の入院収入の4分の1は救急科によるものだそうです。

また、地域の役割としては人口の10分の1が当院のERを利用したことがあるという実績まであります。

そして、ドクターヘリを運用し、青森県内でナンバーワンの施設とも言えるでしょう。
さらには、日本国内においては外傷診療のリーダーを務めており、救急総合診療を実践しておられます。

そんな日本の救命救急の第一人者である今明秀さんはのご家族は妻、長男、次男と娘の5人家族です。


ちなみにER(救命救急医)の年収はどれくらいか、については勤務先やエリアによって大きくことなります。

大学病院では一般的に年収700~800万円程と言われています。
また、関東近郊の政令指定都市(東京外)では年収1000~1400万円程のようです。

青森県は関東付近とは言えないのですが、これだけの実績と地位のある今明秀さんですので、
年収1000万円前後くらいかと思われます。

これが高いと思うか安いと思うかは、人の価値観になります。


そんな今明秀さんは、八戸市立市民病院救命救急センターにおいて「劇的救命」を掲げています。



今明秀さんが他のメディアで紹介されたことは?


今回、2月11日放送の情熱大陸の「日本最大規模のER(救急専門外来)を立ち上げた名物院長」で今明秀さんが紹介されましたが、今までどのようなテレビや雑誌で紹介されたことがあるのか調べてみました。


地方番組や雑誌などはちょっと調べるのが難しかったので、
基本的には全国番組や雑誌からの情報です。

ご参考にどうぞ!

  • BSフジ 「一滴の向こう側」 第19回 へき地に希望と笑顔を
  • ATV「おしゃべりハウス」 2011年4月6日
  • 情熱大陸(2月11日)
などなど、テレビ出演歴多数!


八戸ER関連の番組に多数出演しておられます。

尚、2017年のベストドラマと名高い「コード・ブルー」についても下記のようにコメントしておられます。




八戸市立市民病院の研修医たち20名にメッセージを聞き及んだところ、
半数は『コード・ブルー』をよく見ていたと話し、見ていた研修医の3割はドラマを目にして救急医になることを希望、更に3割はドクターヘリに乗って貢献したいと考えたと語っていたそうです。

将来、『コード・ブルー』が高校生の医学部進学にいい影響を与えると想定したものが全体の2/3ほどあった。

さらに現在既に救急医としてドクターヘリに乗車している医師を通しても話しを聞いたところ、
全員ドラマからそれ相応の影響を受けていると話されています。

ドラマ内で描写された緊急処置などの正確性が高く評価されており、
救急専攻医が悩みながら成長していく様子が、リアルタイムに自分自身と重なったと語る者もいたとのこと。

八戸市民もドクターヘリに関する講演会を行うと、沢山の女子高校生が聴講に足を運んでくるなど、
医療関連の講演では今までにはなかったことであったそうです。

現在では各基地病院ではこういった影響で救急専攻医が増加して、
千葉、和歌山、久留米、兵庫県但馬、八戸では、救急医が着々と拡大しています。

『コード・ブルー』には感謝しており、第三弾に心待ちしている。

正確無比な救急処置の表現、救急医の心の葛藤、それに災害処理についても描いてくれればと打ち出していました。


八戸ERの第一人者として尽力を尽くし、さらにドラマ「コード・ブルー」においても現場の目線でのコメントを表明しておられます。

それもこれも、やっぱり八戸ERの分野におきまして、
今明秀さんが類まれな経歴を持っているからでしょうね。


2月11日の情熱大陸の出演においても、かなりの反響となっています。



今明秀さんの情熱大陸出演!


2月11日放送の情熱大陸におきましては、
「日本最大規模のER(救急専門外来)を立ち上げた名物院長」の特集にて出演しておられました。




その際には、「サンダーバード作戦とは!?」といったエピソードを披露!

サンダーバードとは、イギリスで製作された人形劇特撮のSFテレビ番組です。

世界各地で発生した事故や災害で絶体絶命の危機に瀕した人々を、国際救助隊と名乗る秘密組織がスーパーメカを駆使して救助する活躍するストーリーです。

八戸ERでも、このサンダーバードで同じく空陸同時出動を行うものだそうです。

空陸同時出動とは、ドクターカーとドクターヘリが同時に出動するというもの。
ドクターヘリの方が出動に時間がかかるのですが、空の移動のため、移動時間は短くなります。

ドクターカーはすぐに準備が早くすぐに出発できますが、移動が道路のため、
交通状態が現場への到着に左右されます。

ドクターヘリとドクターカーのどちらが早く現場で治療を開始できるか。
一刻も早く現場へ向かうということが、空陸同時出動の「サンダーバード作戦」というわけですね。


なによりも人命救助を優先し、多くの命を救ってきた今明秀さん。

59歳となった今も、八戸市立市民病院院長として多くの医師を育てつつ、
多くの命を救い続けています。


まとめ


今回は2月11日放送の情熱大陸に出演した、
八戸ERの今明秀さんのプロフィールやお仕事関係をご紹介しました。


さすが、多くの方の八戸ERで第一線で活躍しておられるだけあって、反響がかなり多くなっています。

ER(救急専門外来)という医療の現場で最も過酷で的確な判断を求められる職場。
コード・ブルーの影響力も相まって、これからさらにER(救急専門外来)が注目され、
必要とされていくことが予想されます。


これからも今明秀さんがテレビや雑誌などに出演する際はチェックです。

今後の今明秀さんの活躍に期待しましょう!!


以上、「今明秀の年齢や年収、プロフィールは?実は経歴が凄い!」でした。