7月3日(金)。広島対ヤクルト。カープの先発前田健太が7回1失点で完勝し、チームトップタイの7勝目。
中継ぎの大瀬良も1安打無失点、ヒースも9回を3者凡退で抑え、最後を締めくくった。
カープも7月は負けなしの3連勝で、首位と0.5ゲーム差まで迫った。



本日の先発は前田健太。今季は好投するも援護が無く落とした試合もありましたが、
今日は味方打線が大爆発。

初回に打者1巡となる3四球4安打で一挙に5点をもぎ取ります。
前田健太はこれで気が楽になったのか、3回は3者三振!
それ以降はランナーをリズムよく好投を続けました。

7回に四球と2安打で1失点をしましたが、
それでも難なくHQSを達成。
安定感抜群の成績で7勝目を挙げました。


8回には6点差と大差ながら大瀬良を投入。
1安打を浴びながらも4人でヤクルト打線を抑えました。
大瀬良もこれで3試合連続無失点。
中継ぎとして開花してきた感じです。

そして9回は先日にも投げたヒースを投入。
こちらは全く危なげなく、3者凡退でゲームを締めくくりました。
大差があるから余裕を持っての登板でしたので、
リラックスして投げることができたのでしょうか。

今後、クローザーの座は中崎で行くのか、
はたまたヒースや大瀬良に役が回るのか。
それは緒方監督の考え次第です。

Sponsored Link


本当は、今村や一岡、中田といった中継ぎ陣が安定していれば
大瀬良を先発に戻すことができるのですが。
大瀬良自身、勝ち星こそ少ないですが、防御率自体は悪くありません。
今期は打線の援護が無く、泣く試合が多くありました。
その打線も今はリーグトップの得点をたたき出すようになっています。
大瀬良を先発に戻す日は来るのでしょうか。

先日の薮田や明日先発予定の野村が計算できるのであれば、
大瀬良はこのまま中継ぎで行くことになるでしょう。



7月のカープは負けなしの3連勝。
対して、本日は阪神がDeNAに逆転負けを喫したので、
首位との差を0.5ゲーム差に縮めました。

それでいて、順位が5位のままです。
5位なのに首位まで0.5ゲーム差。

オールスターまでに借金を返済する、という緒方監督の言葉通り、
借金は残り2まで減らしています。

残り2の借金を完済するころには、
首位を奪っているかもしれません。


そのためには、明日の野村の好投を期待しましょう!