7月2日(木) 巨人対広島。
カープの福井が巨人打線を8回2安打2失点で抑え6勝目をあげました。
9回は中崎がノーアウトのランナーを出すも続く3人を打ち取り9セーブ目。
首位の阪神が敗れたため、首位とのゲーム差を1.5ゲームに縮めたが、
なんと未だ5位という珍事となっています。



今カード、1勝1負で迎えた3戦目。
カープの初回の攻撃でシアーホルツの先生2ランホームランが飛び出しました。

その裏、今カード絶好調の長野にフェンス直撃の3塁打を浴び、
立岡の犠牲フライで1点を返されます。

さらに3回巨人の攻撃。
四球とヒットで塁を溜め、坂本の犠牲フライで同点に追いつかれます。

本日、タイムリーヒットは出ていないものの、
犠牲フライで失点を繰り返していますね。

その後の5回カープの攻撃。

ノーアウト2,3塁の絶好のチャンスに、
會澤のショートゴロにて梵がアウトとなりワンアウト1,3塁に。
続く福井の打席。
スクイズをするか?と思いきや、
そのままバットを振った打球はショートゴロとなり、
アウトになりつつも勝ち越しの点となります。

結果的に言えばこれが決勝点となり、
福井の殊勲打ということになりました。

その後、福井は一度もヒットを許さず8回まで投げ切りました。

9回表、カープの攻撃の最中、
中崎がブルペンで投球練習をしている姿を目撃したファンからは
小さく悲鳴が上がっています。

未だ中崎はファンからの信頼を得ていない証拠ですね。
絶対的な信頼感を得られるのはいつになるのでしょうか。

そんな中崎。本日も当然のごとく先頭打者にヒットを打たれてノーアウト1塁。

誰しもが一昨日のサヨナラ負けが脳裏によぎります。

そこを中崎は続く阿部、亀井、高橋を3人で片づけ、
気合で9セーブ目をもぎ取りました。

少しずつですがクローザーとしての経験と実績を積み上げていますね。
このまま信頼も勝ち取って欲しいところ。

Sponsored Link


なんといっても、本日は福井デーでしたね。
投げては2安打、打っては決勝打。
そしてチームでは前田、黒田と並ぶ6勝目。

今年の福井は2桁を狙えます。

これでジョンソン7勝、前田健太6勝、黒田博樹6勝、福井優也6勝となり、
6勝以上が4人となりました。

このまま各々が順当に勝ち星を伸ばし10勝をあげれば、
2桁カルテットも夢ではありませんね。


首位の阪神が敗れたため、首位との差は1.5ゲーム差に。
でも、順位的には5位だったりします。
まさにセリーグ団子状態。
日替わり首位の状態になりつつあります。

黒田の帰還とマエケンの最後の日本?と言われている今年。

何としても優勝してマエケンを気持ちよくメジャーへ送ってあげたいです。