スポンサードリンク


KAT-TUNの2019年ライブツアー「KAT-TUN LIVE TOUR 2019」が発表されました!
ここではKAT-TUNのチケット発売日と気になる当選倍率についてレポートしていきます。

「KAT-TUN LIVE TOUR 2019」は横浜アリーナを皮切りに、全7箇所 全19公演のツアー日程となっています。

人気のKAT-TUNだけにライブチケットも落選する人が続出・・・
会場はいずれもアリーナクラスで全19公演ですので座席数はかなりのものになります、
それでも果たして今回はどれくらいの当選倍率になるのかどうか。

若い世代に絶大な人気のあるKAT-TUNの記念すべき2019年コンサートツアー!

何度もライブに参加したことがある方はもちろん、
KAT-TUNのライブに初参加してみたい方は是非、チェックしてくださいね!



スポンサードリンク


KAT-TUN LIVE TOUR 2019の日程


まずは、KAT-TUNの2019年コンサートツアー『KAT-TUN LIVE TOUR 2019』のライブスケジュールから見てみましょう。

下記がその各日程となります。

日程 会場 会場/開演
8月9日 横浜アリーナ(神奈川) 18:00
8月10日 横浜アリーナ(神奈川) 13:00
8月10日 横浜アリーナ(神奈川) 18:00
8月11日 横浜アリーナ(神奈川) 13:00
8月11日 横浜アリーナ(神奈川) 18:00
8月15日 大阪城ホール(大阪) 18:00
8月16日 大阪城ホール(大阪) 18:00
8月17日 大阪城ホール(大阪) 12:00
8月17日 大阪城ホール(大阪) 17:00
8月23日 セキスイハイムスーパーアリーナ(宮城) 18:00
8月24日 セキスイハイムスーパーアリーナ(宮城) 16:00
8月31日 広島グリーンアリーナ(広島) 16:00
9月1日 広島グリーンアリーナ(広島) 15:00
9月6日 サンドーム福井(福井) 17:00
9月7日 サンドーム福井(福井) 15:00
9月21日 マリンメッセ福岡(福岡) 17:00
9月22日 マリンメッセ福岡(福岡) 16:00
9月28日 真駒内セキスイハイムスーパーアリーナ(北海道) 17:00
9月29日 真駒内セキスイハイムスーパーアリーナ(北海道) 16:00
総合計

横浜アリーナ公演を皮切りに全19公演となります!
これはかなりの観客動員数になります。
KAT-TUNファンは待ち遠しくてたまりませんね!


KAT-TUN LIVE TOUR 2019のチケット当選倍率を予想!


KAT-TUNは若い世代に人気のあるジャニーズですよね。
アリーナクラスのツアーを何度も行っており、集約力も十分です。

ライブのチケットが販売されるやいなや、チケットセンターにアクセスが殺到して全然つながらなかったり、プレミアチケットになったりすることもあります。

それだけにライブチケットも倍率が高いことが予想されます。


それではいったいどれぐらいの当選倍率になるのでしょうか?

そこで、まずは会場の収容人数の合計がどれぐらいになるのか試算してみます。

日程 会場 座席数
8月9日 横浜アリーナ(神奈川) 17,000
8月10日 横浜アリーナ(神奈川) 17,000
8月10日 横浜アリーナ(神奈川) 17,000
8月11日 横浜アリーナ(神奈川) 17,000
8月11日 横浜アリーナ(神奈川) 17,000
8月15日 大阪城ホール(大阪) 16,000
8月16日 大阪城ホール(大阪) 16,000
8月17日 大阪城ホール(大阪) 16,000
8月17日 大阪城ホール(大阪) 16,000
8月23日 セキスイハイムスーパーアリーナ(宮城) 7,063
8月24日 セキスイハイムスーパーアリーナ(宮城) 7,063
8月31日 広島グリーンアリーナ(広島) 10,000
9月1日 広島グリーンアリーナ(広島) 10,000
9月6日 サンドーム福井(福井) 10,000
9月7日 サンドーム福井(福井) 10,000
9月21日 マリンメッセ福岡(福岡) 15,000
9月22日 マリンメッセ福岡(福岡) 15,000
9月28日 真駒内セキスイハイムスーパーアリーナ(北海道) 10,024
9月29日 真駒内セキスイハイムスーパーアリーナ(北海道) 10,024
総合計 253,174


以上より、各会場の座席数から総座席数は253,174席と試算しました。

さすがアリーナツアーだけあってかなりの観客動員数となりますね!

次に、KAT-TUNのファンクラブの方がどれくらい応募をするかを考えてみましょう。
現在のKAT-TUNのファンクラブ数はおよそ25万人くらいだと言われています。

正確な人数まではわかりませんが、この25万人の会員がいてチケットの先行応募を行うと仮定して計算してみましょう!

そして、各都道府県にお住まいのかファンクラブ会員の方が最寄りの会場に応募するとして計算してみます。
まずは地域別のエントリー割合は下記のような計算となりました。

地域 割合(%) エントリー
北海道地方 7.92% 10,586
東北地方 5.58% 17,670
関東地方 33.57% 84,573
中部地方 7.90% 42,213
近畿地方 25.28% 48,340
中国地方 7.90% 18,195
九州地方 12% 28,423
合計 250,000

地元開催の会場が無い都道府県のファンクラブ会員は、
最寄りの会場に遠征すると仮定してエントリー数を割り振っています。
やっぱり関東にファンが集まっているような数字になっていますね。

そして、ここから各会場のKAT-TUNの当選倍率予想がズバリ次の通りです!!

会場 座席数 エントリー概算 倍率(1人2枚) 倍率(1人4枚)
横浜アリーナ(神奈川) 85,000 84,573 1.99 3.98
大阪城ホール(大阪) 64,000 48,340 1.51 3.02
セキスイハイムスーパーアリーナ(宮城) 14,126 17,670 2.50 5.00
広島グリーンアリーナ(広島) 20,000 18,195 1.82 3.64
サンドーム福井(福井) 20,000 42,213 4.22 8.44
マリンメッセ福岡(福岡) 30,000 28,423 1.89 3.79
真駒内セキスイハイムスーパーアリーナ(北海道) 20,048 10,586 1.06 2.11
総合計 253,174 250,000


ライブの座席数253,174席に対して25万人のエントリーと想定しています。

計算してみた結果ですが、結構バラつきがあり、結構高い当選倍率になりました!
数字的にみると一番当選倍率が高いのはサンドーム福井公演の2枚応募で4.22倍、4枚応募で8.44倍となります。
今回は名古屋での公演がありませんので、中部のファンがサンドーム福井へ殺到することから、ここまで高い当選倍率になったのだと思われます。

一方、一番当選倍率が低い会場が真駒内セキスイハイムスーパーアリーナで2枚応募で1.06倍、4枚応募で2.11倍となりました。これは真駒内セキスイハイムスーパーアリーナのキャパに対し、北海道のファンクラブ数が少ないことから当選倍率も少なくなったのでしょう。


以上より、当たりやすい会場、当たりにくい会場を割り出してみました。

ただ、これはあくまでもファン数と会場のキャパからの計算となっていますので、実際は曜日や様々な要因によって倍率は前後します。

あくまでも参考としてお考えいただければ幸いです。


セクシーなコンサートを満喫できるKAT-TUNのコンサートツアー。
行きたい方は、先行発売日に確実にお申込みを忘れずに!


セットリストもどのようなものになるのか楽しみですね。

ほかにも新曲が発表されたりサプライズ発表があるかもしれません!

セクゾ好きの方は、是非とも2019年コンサートに参加して、KAT-TUNの最高のパフォーマンスを味わいましょう!

皆様に奇跡の当選が舞い降りますように・・・


Sponsored Link

KAT-TUN LIVE TOUR 2019の当落結果報告!


「KAT-TUN LIVE TOUR 2019」の当落結果が出ましたら、続々とファンからの報告が届きます。

下記にKAT-TUNファンの声をまとめていますので、当落結果発表後にご参照ください。




Sponsored Link

KAT-TUNライブ2019のチケット当選倍率と当落結果まとめ


今回は「KAT-TUN LIVE TOUR 2019」の先行発売日情報や当選倍率予想、当落結果などの情報をお届けしました。

KAT-TUNはパフォーマンスも素晴らしいですし、ライブもメチャメチャ盛り上がって楽しめます!

KAT-TUNで会員に入っていない方は急いで会員に入って応募資格を得るようにしましょう!
そしてKAT-TUN会員の方は先行応募が始まったら祈るような気持ちで応募しましょうね。


最後までご覧いただきありがとうございました!

記事の内容をご参考いただけたら幸いです。
それではまたのご来訪をお待ちしています。

以上、「KAT-TUNライブ2019のチケット当選倍率と当落結果は?」でした!

Sponsored Link