スポンサードリンク


嵐の毎年恒例の嵐ワクワク学校2019の開催が決定しました!
2019年も京セラドーム大阪と東京ドームでの開校となります!

ここでは、嵐のワクワク学校2019のチケット発売日と気になる当選倍率についてレポートしていきます。

そして今年助手にHey!Say!JUMPを加えての開催となります!
今年はキンプリか?とも噂されていましたが、JUMPに決まりましたね。


東京ドームと京セラドーム大阪の計4公演とあって、かなりの人気と倍率になることが予想されます!

老若男女に人気のある嵐の記念すべき嵐のワクワク学校2019!

何度もライブに参加したことがある方はもちろん、
嵐のライブに初参加してみたい方は是非、チェックしてくださいね!



スポンサードリンク


嵐のワクワク学校2019の日程


まずは、『嵐のワクワク学校2019』の日程から見てみましょう。

下記がその各日程となります。

日程 会場 開演 6月22日(土) 京セラドーム大阪 17:00 6月23日(日) 京セラドーム大阪 17:00 6月29日(土) 東京ドーム 17:00 6月30日(日) 東京ドーム 17:00
6月22日から6月30日にかけて京セラドーム大阪2days、東京ドーム2daysでの開催となります!
これは2018年と同じ開催になりますね。

全国の嵐ファンとHey!Say!JUMPファンが京セラドーム大阪と東京ドームに集結します!



嵐のワクワク学校2019のチケットの発売日は?


https://twitter.com/youka22221/status/1117095064629497862

「嵐のワクワク学校2019」の申し込みの説明をする前に、まず一つ大事なことをお伝えします。

2019年の嵐ワクワク学校は、嵐かHey!Say!JUMPのファンクラブ会員しか申し込むことができません!

チケットぴあでの申し込みはありませんのでご注意ください!


「嵐のワクワク学校2019」の会員向けチケット先行予約は次の通りです!

応募申し込み日程:2019年4月24日(水)12:00~2019年5月8日(水)17:00まで
当落発表    :5月21日以降

申し込みと当落発表の日程は上記の通りです。
約2週間の応募申し込み期間がありますので、ファンクラブの方は応募を忘れずに!


今年は嵐かHey!Say!JUMPのファンクラブ会員のみが申し込み対象となります。
嵐のファンクラブ会員は現在、急増中ですのでかなりの倍率になることが予想されます。

さて、その当選倍率予想はどうなっているのでしょうか?



Sponsored Link

嵐のワクワク学校2019のチケット当選倍率を予想!


予想
嵐は言わずと知れた日本を代表するトップクラスのグループですよね。

ドームツアーを何度も行っているほどです。

ライブのチケットが販売されるやいなや、チケットセンターにアクセスが殺到して全然つながらなかったり、プレミアチケットになったりすることもあります。

それだけにライブチケットも倍率が高いことが予想されます。


それではいったいどれぐらいの当選倍率になるのでしょうか?

そこで、まずは会場の収容人数の合計がどれぐらいになるのか試算してみます。

日程 会場 会場/開演 座席数
2019/6/22 京セラドーム(大阪) 16:00/18:00 55,000
2019/6/23 京セラドーム(大阪) 16:00/18:00 55,000
2019/6/29 東京ドーム(東京) 16:00/18:00 55,000
2019/6/30 東京ドーム(東京) 15:00/17:00 55,000
総合計 220,000

以上より、各会場の座席数から総座席数は220,000席と試算しました。

さすが2つのドームで計4公演だけあって、かなりの観客動員数となりますね!


次に、嵐のファンクラブ会員数とHey!Say!JUMPのファンクラブ会員数がどれくらい応募をするかを考えてみましょう。

推定になりますが、嵐のファンクラブ会員数は急増して約220万人ほどと言われています。
また、Hey!Say!JUMPのファンクラブ会員数も約56万人ほどと言われています。

こちらを合計した数が276万人です。
そのうち、8割の人が応募をすると仮定して計算してみましょう。

そして、各都道府県にお住まいのかファンクラブ会員の方が最寄りの会場に応募するとして計算してみます。
まずは地域別のエントリー割合は下記のような計算となりました。

地域 割合(%) 収容人数 エントリー
関東地方 50.00% 110,000 1,410,376
近畿地方 50.00% 110,000 1,355,596
合計 220,000 2,765,972

東日本と西日本が真っ二つに分かれて、両ドームに分散された形になっていますね。
さて、東京ドームと大阪ドームは数字上ではキャパ数が同じですので、綺麗に日本を2分したような感じになっています。


そして、ここから各会場の嵐の当選倍率予想がズバリ次の通りです!!

会場 座席数 エントリー概算 倍率(1人2枚)
京セラドーム(大阪) 110,000 1,355,596 24.65倍
東京ドーム(東京) 110,000 1,410,376 25.64倍
総合計 220,000 2,765,972


ライブの座席数220,000席に対して約276万人の動員と想定しています。

んー、計算してみた結果ですが、かなりエグイ数字になってしまいました!

京セラドーム大阪が24.65倍で東京ドームも25.64倍という凄まじい倍率予想となっています!

両ドーム共に25倍前後と、当選する人はかなりのラッキーだと言えるでしょう。
嵐のファンクラブ数が一気に増えた結果、このようなヤバイ数字になっています。

せめて名古屋ドームや福岡ヤフオクドームでも開催があればもっと分散されるのでしょうけれどね・・・

とにもかくにも、東京ドーム・大阪ドームともにスゴイ当選倍率となりました。
もはや当たるのは神頼みとしか言いようがありません。

当たりやすい会場、当たりにくい会場を考えるまでもなく、両方とも当たりにくい会場と言えるでしょう。

ただ、これはあくまでもファン数と会場のキャパからの計算となっていますので、実際は曜日や様々な要因によって倍率は前後します。
あくまでも参考としてお考えいただければ幸いです。


嵐のワクワク学校2019の開催にファンの声は?


それでは最後に待望の嵐のワクワク学校2019の開催を待ち望んでいたファンの声をまとめていきます。
当落結果などもまとめていきたいと思います。




https://twitter.com/Arashi__0821/status/1117088177460617216



https://twitter.com/Tm29357151/status/1117059163224338432



Sponsored Link

まとめ



今回は嵐のワクワク学校2019の日程と当選倍率予想をお届けしました。

ファンクラブ会員でも取れるかどうか分からない超プレミアムになるであろう嵐のワクワク学校2019。
いずれにせよ、嵐のワクワク学校2019に行きたい方は、申し込み期間中に確実にお申込みを忘れずに!

これがラストになる可能性が非常に高い嵐のワクワク学校2019。
今年はどのような修学旅行になるのか楽しみですよね!

参加者のレポートも待ち望んでおきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!

記事の内容をご参考いただけたら幸いです。
それではまたのご来訪をお待ちしています。

以上、「嵐ワクワク学校2019の日程は?当選倍率予想がヤバすぎと話題に!」でした!

Sponsored Link