スポンサードリンク

8月5日のイッテQはと「珍獣ハンターイモトワールドツアー In ラオス」です!

イモトがラオスで超危険な川渡り漁に挑戦します!

「川渡り漁」とは行っても、その内容はメコン川の激流の上に引かれた細いワイヤーを伝って漁を行う対岸に渡るというもの。

実際に映像をみていただければわかると思いますが、超激流の上にひかれた細いワイヤーを伝うなんて、
普通の人にとっては危険すぎて足が震えてしまうことは間違いありません!

でも、先週の放送で大ファンの安室奈美恵ちゃんと対面して「なんでも挑戦する!」と、
決意を新たにしたイモトだけに、危険な川渡りに挑むことになります。


そんな危険な川渡りをした結果はいかに・・・!?






イモとは漁に挑戦するコーンパペンの滝とは?


コーンパペンの滝

ここは「コーンパペンの滝」と呼称される、メコン川で一番大きな滝です。


別名「メコンの折れる場所」と呼ばれていて滝の落差はなんと15m前後!

幅はおよそ300m
ここは観光地にもなっていて、その雄大さがアピールポイントですが…


こんな危険な場所で漁をするのは、この周辺を漁のエリアとするサムニアンさん。

出展:http://www.ntv.co.jp



川岸に降りてみると物凄い激流!
サムニアンさんはどうしてこんな場所で漁をするのでしょうか!?


“このような想像を超える場所で漁をすることになった事情とは?”

実のところ、メコン川では、村ごとに漁ができるエリアが決められているそうです。
そういうわけでサムニアンさんはこの滝の周囲で漁をするほかありません。

このような不遇とも言える環境の中で、サムニアンさんはあるやり口を思いつきました。


それこそが鋼鉄製で直径1cmくらいのワイヤー
そしてワイヤーを固定化しているのは、細い木。


これらは岩場の上に置かれ、木の根っこにヒモで結んだだけの非常に簡素なものです。


万が一、ワイヤーから落ちてしまえば、疑う余地もなく激流ににも困れて今います!

そのため、他の漁師は決して渡ることはありません。
その影響でワイヤーを渡った先の島は、サムニアンさんにとって文句のつけようがない漁の最高の穴場となっているのです。


実際、20年くらい前からこのやり方で漁を行うことで、他の漁師との競争を避けてきました。

命あっての漁ですから、サムニアンさんの真似をする人は居ないということですね。


出展:http://www.ntv.co.jp




魚は激しい流れを逃れ、岩陰で流れが落ち着いたエリアに集まりやすい。


でも緩めの流れの場所とはいっても、どこに魚がいるか分かりません。

それでもサムニアンさんの長年の経験と勘で魚が集まりそうな位置を絞っていきます。


何を隠そうサムニアンさんのお父さんもワイヤー漁師でした。


雨季で水量が上昇する時期は、陸地が水没し、漁場に出向くのが不可能に。
それを回避するために、サムニアンさんのお父さんは、ワイヤーを張ったというのが始まりです。


その上サムニアンさんが、このワイヤーのルートを引き延ばして今の姿になっています。
親子代々、ハンディを負った漁場だけども創意工夫して漁を実行してきたのですね。



ここは2本のワイヤーだけが頼みの綱です。
水面からの高さは10mもないものの、それだけに、激しい流れが身近まで迫って感じます。


水深が深くないので、もし落ちれば川底に激突する可能性がかなり高い状況にあります。


激流に飲み込まれてしまうか、流されて岩に衝突するか…
そんな状況にも面と向かって、直径わずか1cmのワイヤーを一気に進みます。


サンダルに素手で、向こう岸にかけてはおよそ25m。
想像以上に正確で、途中で停止したりすることもありません。


こんな危険な場所を、イモトは無事に渡ることができるのでしょうか・・・!?


イモトがラオスで川渡りをした結果は・・・?


さて、こんな危険な場所で料をするため、ワイヤーを伝っててのラオスの川渡りに挑戦するイモト。


出展:日テレ


別のサイトでの番組紹介では、上記のように泥だらけになっているイモトの写真が公開されていました。

けれども、あれだけの激流なコーンパペンの滝に落ちてしまったら、決して泥だらけでは済まないでしょう・・・

他の漁師さんが真似をしないほどの危険なワイヤー渡り。


もう一回、コーンパペンの滝はこんなところです。

コーンパペンの滝



でも、安室ちゃんに誓ったため、決して諦めることはないでしょう!

やっぱり命がけのロケは見ている方もハラハラドキドキしますが・・・

そんな危険な川渡りの様子は、後ほどファンの方たちの声とともにご紹介します!












このようにイモトの体を心配しての声が多数寄せられていました。

やっぱり素人が安易に行ってもいいものではありませんでしたね。
ギブアップして正解だったかと思います。

安室ちゃんとの約束もありましたが、安室ちゃん自身もここまでイモトに危険な目にあって欲しいとは思っていないでしょうし。

イモトにまた別の機会に体を張った笑いを見せてくれたらいいと思います!




今回の「珍獣ハンターイモトワールドツアー In ラオス」もかなり危険なロケとなっています。

でもそれは、イモトさんだからこそ、体を張って己の限界に挑戦して成立しているんですよね。

それは芸人としてのプライドなのか、女としての意地なのか・・・


私はそんな頑張り続けるイモトさんが大好きです。



今回、お届けしましたイモトのラオスの川渡り!

世界にはこんな危険な漁があるのだということがわかりました。


そして珍獣ハンターイモトワールドツアーのイモトの挑戦はまだまだ続きます。

くれぐれも身体には気を付けて頑張ってほしいですね。



1

最後までご覧いただきありがとうございました!

記事の内容をご参考いただけたら幸いです。
それではまたのご来訪をお待ちしています。

以上、「イッテQ!8月5日のイモトがラオスの川渡り漁に挑戦した結果は?」でした!



Sponsored Link