allstar

2015年 マツダオールスターのファン投票結果が発表されました。

広島カープからは、投手:黒田 博樹、捕手: 會澤 翼、一塁手:新井 貴浩、二塁手:菊池 涼介の4名が1位、
外野手:丸 佳浩が2位で、計5名が選出されました。
セ・リーグからは広島カープの5名が最多となります。

そんな広島カープの過去10年のオールスター選出選手を調べてみました。




過去10年の広島カープ出場選手

2015年 5人

投手:黒田 博樹
捕手:會澤 翼
一塁手:新井 貴浩
二塁手:菊池 涼介
外野手:丸 佳浩

2014年 8人

投手:前田 健太
投手:一岡 竜司
投手:ミコライオ
一塁手:キラ
二塁手:菊池 涼介
三塁手:堂林 翔太
外野手:丸 佳浩
外野手:エルドレッド

2013年 5人

投手:前田 健太
投手:大竹 寛
内野手:堂林 翔太
外野手:丸 佳浩
外野手:廣瀬 純

2012年 4人

投手:前田 健太
投手:大竹 寛
投手:野村 祐輔
内野手:堂林 翔太

2011年 4人

投手:バリントン
投手:サファテ
捕手:石原 慶幸
内野手:栗原 健太

2010年 3人

投手:前田 健太
二塁手:東出 輝裕
外野手:廣瀬 純

2009年 7人

投手:大竹 寛
投手:ルイス
投手:永川 勝浩
捕手:石原 慶幸
内野手:栗原 健太
内野手:東出 輝裕
外野手:赤松 真人

2008年 5人

投手:高橋 建
投手:大竹 寛
捕手:石原 慶幸
内野手:東出 輝裕
外野手:前田 智徳

2007年 4人

投手:黒田 博樹
内野手:栗原 健太
内野手:新井 貴浩
外野手:前田 智徳

2006年 3人

投手:黒田 博樹
投手:永川 勝浩
内野手:東出 輝裕


Sponsored Link


こうして10年間を並べてみるとちょっと感慨深いものがありますよね。

ここで気が付いたのは、カープの日本人選手をピックアップすると、
引退しているのが高橋と前田(智)の2選手しかいないということです。
大竹は巨人に移籍していますが、それ以外の選手はまだ現役でカープにいています。

そしてさらに注目となるのは2007年。
なんと、黒田と新井が出場しています。
お互い一度はカープを離れたものの、
再びカープに戻ってきた年に二人とも選出されました。
これは非常に喜ばしいことですよね。
何か運命的なものを感じます。

意外なところで東出の出場回数が多いところ。
今でこそ2軍のコーチ兼のような存在ですが、
ピーク時は内野手の代表選手だったのですね。

栗原は・・・ガンバレ。
個人的には栗原選手は大好きです。
せめて代打の切り札と言える存在になってもらいたい。
カープファンなら誰しもがそう思っているはずです。


悪夢?の2014年

2014年にはなんと8名もの選手が出場しています。
これは、2014年の開幕ダッシュで首位を独走している最中に
ファン投票が開始されたからかと思います。

ここまでは良かったのですが、
ファン投票が開始された後に始まったセパ交流戦。
この交流戦でカープは大失速。
首位から陥落しました。

こうした負のムードがあり、各選手の不調もある中、
交流戦前までのアドバンテージで8名もの選手が選ばれたのですね。

個人的には交流戦の時期にしっかり休息か練習をしてもらいたかったのですが。
大ブレイク中の一岡に至ってはオールスター後の活躍はほとんどなかったです。


そして、昨年に続いてのセ・リーグ最多出場のカープ。
投手の黒田と一塁手の新井は活躍通りの選出で納得がいきます。

2塁手の菊池が成績てきには微妙な感じ。守備の人気で選ばれた感じがします。
捕手の會澤は納得できるようなできないような。
昨年の成績と同様であれば文句なしですが、今年が頼みの打線も少しイマイチ。
キャッチングも石原には及びません。
ただ、未熟な部分が成長すれば非常に魅力のある捕手ですね。

丸は今季不振だと感じていましたが、調べてみると5月26日時点で
本塁打10、打点36で以外にもカープの最多得点者でした。
あれ?丸って今年は不調じゃなかったでしたっけ・・・?

なんにせよ、せっかくのセパ交流戦。
會澤や菊池、丸は他チームの年長者から何か盗み出してもらいたいですね。


そんなセパ交流戦は7月17日(金)、7月18日(土)です。
お楽しみに!