月曜から夜ふかし 京都 滋賀 水

8月10日放送の月曜から夜ふかしで、京都と滋賀の水問題でのバトルが展開されました。
京都人と滋賀県民のプライドが激突します。京都と滋賀の水で美味しいのはどっち?
これにはマツコも飽きれ顔。


Sponsored Link



琵琶湖と言えば「近畿の水がめ」と比喩されるほど、
近畿地方と水問題は琵琶湖と密接な関係にあります。


そんな中、京都では水がとても美味しいということで
京都の水道水が販売されるようになっています。

その名も「京の水道 疎水物語」です。

月曜から夜ふかし 京都 滋賀 疎水物語

本来、災害備蓄用として販売されたものが、
おいしいと評判で常用水として飲むために
買う人が続出しているとのこと。


その事実を滋賀県民と京都人のそれぞれの意見が面白いです。


【滋賀県民】

「滋賀の水ですよね。」

月曜から夜ふかし 京都 滋賀 水2

「図々しいですね。」

月曜から夜ふかし 京都 滋賀 水3


琵琶湖の水を使っているのに
京都として売り出していることに反感を持っている模様です。



つぎに京都人の意見はというと
【京都人】

「京都っていうブランド価値がこの飲料水に入っているので
売ってあげてる感もちょっとあります。」


月曜から夜ふかし 京都 滋賀 水4
月曜から夜ふかし 京都 滋賀 水5

あ、これは上から目線ですね・・・

他にもこんな意見が。
「琵琶湖にしちゃったら、もう価値がない」
「売れない、絶対に売れない」
「京都って言うだけでブランド」
月曜から夜ふかし 京都 滋賀 水7

「京都」にブランド価値があると言います。

京都人は「京都」に絶対のプライドがあるのですね。



さらにバトル


滋賀県民の反論意見では
「市長に言いに行こう」

月曜から夜ふかし 京都 滋賀 水8


京都人の上から目線発言
「琵琶湖の水を滋賀の人達だけでは飲みきれない
「京都の人もお金を払って飲んであげてる
「京都の人が飲んでなかったら琵琶湖溢れ出してるかも

月曜から夜ふかし 京都 滋賀 水9

月曜から夜ふかし 京都 滋賀 水10

月曜から夜ふかし 京都 滋賀 水11

あかん、完全に上から目線です。



そんな「京の水道 疎水物語」を飲んだ滋賀県民のお母さん。

「滋賀の人間が使い終わった水が流れてきたのが京都の水」

月曜から夜ふかし 京都 滋賀 水12

との発言。こちらも滋賀にプライドがありますね。



京都人のお母さんたちは、
「京都に着いたらおいしくなる」
「京都のお水になる」
「人間も垢抜けるようにお水もキレイに垢抜ける」

月曜から夜ふかし 京都 滋賀 水13

月曜から夜ふかし 京都 滋賀 水14

こちらのお母さんたちも、
「京都」に流れ着いたら京都という価値になるような
発言ですね。

京都人、プライド高しです。



まとめ



まぁ、京都・大阪・神戸・滋賀県民は
それぞれが地元愛のプライドが高いので
このような上から目線発言は日常茶飯事です(笑)


琵琶湖から流れ出た水は、琵琶湖疏水を通り
京都へと流れ着きます。

その間には素晴らしい景色と風情があります。


京都人も滋賀県民もお互いのプライドがありますが、
同じ近畿の仲間として仲良くしましょう。


そんな京都のお水(元は琵琶湖の水ですが)。

是非とも飲んでみて下さい。



京都・天然水『京都嵯峨野旬水』 2L×6本


やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ