ごくせん等で若手人気俳優の小出恵介さん。
過去のドラマ撮影でキツかった経験を告白していました。
まさかの最終回での出来事とは!?


Sponsored Link



パッチギ・ごくせん2・ROOKIES・JIN・梅ちゃん先生

など、多数の人気ドラマに出演している小出恵介さん。

ドラマの撮影でのキツかった出来事を語っていました。


プロフィール


ここで小出恵介さんのプロフィールをちょっと紹介します。


プロフィール



オーディション情報誌『月刊De-View』の誌上オーディションに応募し、
写真が掲載された事で、アミューズから声が掛かり所属が決まりました。


風が強く吹いている [ 小出恵介 ]



主な出演は下記の通りです。


2005年:映画「パッチギ」

2005年:「ごくせん2」日向浩介役

2006年:「のだめカンタービレ」奥山真澄役。おかまのパーカッションですね。

2008年;「ROOKIES」御子柴徹役

2009年:「JIN-仁」橘恭太郎役

2012年:「梅ちゃん先生」下村竹夫役


ドラマの他、映画やCMでも多数の出演をしており、
大人気の俳優さんですね。



最もキツかった撮影


放送では小出恵介さんが、
今までのドラマで大変だったことを告白しました。

それは、ROOKIESの最終回の撮影では、
収録前にまさかの盲腸に!

盲腸でお腹を切る手術をしたにも関わらず、
ヘッドスライディングを行うシーンの撮影があったとか。
代役を使うかと思いきや、そのまま本人での撮影へ。

さすがにスライディングは台車で
「スーン」と滑ったと告白していました。



盲腸の手術明けでスライディングを要求する監督さんも凄いですね。

でも、そんな盲腸開けでも撮影に挑む、
小出恵介さんの俳優根性も素晴らしいものです。


そんな小出恵介さんを、今後も注目しています!



俺の同級生 [ 小出恵介 ]

やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ