マツコ会議,ビール,売り子,動画,掘り下げ,ホームページ,深掘り,無料視聴,見逃し配信,hulu

5月28日放送のマツコ会議はビールの売り子に密着。歩合制のため女子同士の熾烈な争いから売り場の裏まで知られざる実態を大暴露!


Sponsored Link




はじめに


マツコ会議,ビール,売り子,動画,掘り下げ,ホームページ,深掘り,無料視聴,見逃し配信,hulu


マツコ会議は番組スタッフと企画編成会議を行うというコンセプトの下で、
話題になっている場所と中継をつなぎ、一般人とやり取りを進めます。


気になる言葉があれば、即座に検索して新たな情報を得つつ、
中継先とやり取りを行うことで番組が進行されるという斬新な番組です。
そのため、出演者はマツコさんと番組関係者以外は全て一般人となります。

※当記事の画像は、芸能人及び一般人の方にはモザイクを入れている場合があります。
ご了承願います。




今夜の舞台は、ビールの売り子さんたちに密着



そこには、マツコの想像を超える
!」女子大生たちの熾烈な争いが!


野球場での野球観戦と言えば、ビールの売り子さんたちが付きものですよね。
球場の中でお気に入りのチームを応援しながら飲むビールは格別の味です!

どの子も爽やかな感じがしていて、見ているこちらも応援したくような子たちが大勢います。





今となっては、人気タレントとなった、おのののかさんもビールの売り子だったというのが有名ですよね。





その球場の中では、ビールや他の飲み物の売り子さんたちが必死に売り上げをあげようと働いていますね。



そんなビールの売り子さんたちですが、実は裏では熾烈な争いが行われているなんて考えてもいませんでした。

そんな、ビールの売り子さんたちの知られざる裏の話を大暴露します。





マツコ会議で暴露!ビールの売り子の知られざる実態



それでは、マツコ会議の放送で暴露された、ビールの売り子の知られざる実態をまとめまてみます。



チェッカーと呼ばれる監視役がいる


マツコ会議,ビール,売り子,動画,掘り下げ,ホームページ,深掘り,無料視聴,見逃し配信,hulu

他のアルバイトでもチェッカーという監視役のバイトがありますよね。

そのチェッカーさんがビールの売り子さんを厳しくチェックしています。


それはビールの売り子さんがキッチリと仕事をしているのかの監視役だという立場だったら、チェッカーがいても当然かな、と思います。

でも、そのチェッカーさんも実はアルバイトだったりするのです。


アルバイトがアルバイトをチェックする。

なんか変なシステムですよね。


チェッカーさんは社員さんだったら納得もいくのですけど、まさかアルバイトとは・・・



ビールの売り子さんは飲み物で格差


ビールの売り子さんと言えば、歩合制だというのも有名です。

売れば売るほどお給料が上がります。


そのため、球場ではみんな必死に売り上げを上げようと頑張っていますね。

そんなビールの売り子さん達も、実は最初からビールを売ることができるわけでは無いのです。


東京ドームでは飲み物は下記のような値段設定になっています。

マツコ会議,ビール,売り子,動画,掘り下げ,ホームページ,深掘り,無料視聴,見逃し配信,hulu


酎ハイ ⇒ 550円

ハイボール ⇒650円

ビール ⇒ 800円


見ての通り、ビールが一番値段が高いです。

先ほども述べた通り、ビールの売り子さんは歩合制です。

少しでも単価の良いビールを売るのが一番稼げますよね。


そのため、ビールの売り子さんはビールを売ることが出来るようがんばっているのです。




ビールはみんなが売れるわけではない


一番単価の高いビールを売る方が当然儲かりますよね。

でも、みんながみんなビールを売ることができるわけではないのです。


今日はあなたが酎ハイで、あなたがビールね。
といって役割を与られるのではなく、勤務実績や成績によって、ビールを売ることができるようになるわけです。


つまり、
酎ハイ⇒ハイボール⇒ビール
といった感じに、ステップアップしてビールを売ることができるようになるわけです。


そのため、球場でビールを打っている売り子さんたちは、現場での熾烈な競争に勝ち抜いてきた子たちなんだということになります。



どうやってビール売りになれるの?


当然、アルバイトに入りたてで実績のない子の場合はビールではなく酎ハイからのスタートになります。


では、どうやってビールを売ることができるようになるの?

という点。

そこで出てくるのは、チェッカーさんの評価です。


勤務実績や成績、態度などで評価されれば、単価の高い飲み物を売ることができるようになります。

マツコ会議,ビール,売り子,動画,掘り下げ,ホームページ,深掘り,無料視聴,見逃し配信,hulu



そのため、アルバイトを始めて2年目の子でも、まだビールを打ったことが無い子たちも大勢います。


ということは、チェッカーさんに気に入られればいいというわけになるのでは・・・

ということになります。


チェッカーさんの好みに合うような行動や態度であれば、早くビール売りに就くことができるようになりますね。

マツコ会議,ビール,売り子,動画,掘り下げ,ホームページ,深掘り,無料視聴,見逃し配信,hulu

まぁ、もちろん、仕事が出来てこその実力あってのものでしょうけどね。



ビールの売り子さんの収入は?


歩合制と言いつつ、ビールの売り子さんは、実際はどのくらいの収入があるのでしょうか。


こちらは成績トップクラスの売り子さんの実績です。

だいたい、月に20万円くらいも稼いでいるとのこと。

マツコ会議,ビール,売り子,動画,掘り下げ,ホームページ,深掘り,無料視聴,見逃し配信,hulu
アルバイトとしてはかなり良い額ですよね。


だいたい、準備も含めて1日の仕事は5時間くらいだそうです。

マツコ会議,ビール,売り子,動画,掘り下げ,ホームページ,深掘り,無料視聴,見逃し配信,hulu


そして、試合数は月に10数試合。

マツコ会議,ビール,売り子,動画,掘り下げ,ホームページ,深掘り,無料視聴,見逃し配信,hulu
つまり、5時間×10数試合=20万円
という計算になります。


仮に大きく見積もって20試合あったとして5時間だと、100時間。
それで20万円だとしたら、時給換算ですと2000円ということになりますね。

これはアルバイトとしてはかなりの高額ですね。
ビールの売り子のアルバイトが人気となっていることにも納得できます。


それにしても、この売り子さん、可愛いですよね!
やっぱり可愛い子は売り上げも多いのでしょうか。




背負っている樽はどのくらいの重さ?


もちろん、樽の大きさなどで重さも変わるでしょうけれども、こちらの樽はなんと13kg!


マツコ会議,ビール,売り子,動画,掘り下げ,ホームページ,深掘り,無料視聴,見逃し配信,hulu

マツコさんも、
「こんなの持ってるの!?」
と、その重さにビックリしていました。


こんな重たい樽を背負って、球場の階段を上がり下がりしているんですね。


みんな可愛い顔していて、実は体力を削って仕事をしているわけです。


そりゃ体力がないとやっていけない仕事ですね。




ビールの売り子が付けているお花は伝統


そして最後はビールの売り子さんが付けているお花。

このお花は、ただ可愛くてつけているだけではありません。

球場のお客さんに少しでも覚えてもらおうと、お花の種類などでワンポイントで覚えてもらおうという意味があります。


そのため、同じエリアを売っていた先輩の売り子さんから受け継いだお花をつけていると、そのお花を覚えていてくれているお客さんが買ってくれたりするわけですね。

マツコ会議,ビール,売り子,動画,掘り下げ,ホームページ,深掘り,無料視聴,見逃し配信,hulu

アクセントとして付けているお花でも意味があるわけです。



このように、可愛くて華やかなビールの売り子さんたちですが、裏では厳しい競争社会があり頑張っているわけですね。









終わりに


マツコ会議,ビール,売り子,動画,掘り下げ,ホームページ,深掘り,無料視聴,見逃し配信,hulu


ビールの売り子さんたちの知られざる実態が暴露されましたね。

お客さんに気に入られる前に、まずはチェッカーさんに気に入られなければ。
チェッカーさんも一人の人間ですので、自分の気に入った子を良い配役に就けたくなりますよね。

そんなわけで、お客さんに笑顔で対応する裏では、チェッカーさんに気に入られる努力も必要だということがわかりました。


売れば売るほど儲かるビールの売り子さん。
ここでの競争社会の経験は、社会人になってもきっと活かすことができることでしょう。

そんなビールの売り子さんたちの更なる密着が、見逃し配信で動画配信されます。


PCやスマホでテレビ番組や映画が見放題でマツコ会議の見逃し配信されてますので見逃した方におススメです。私も絶賛利用中!一度是非お試しください。
↓ ↓ ↓
【限定!】マツコ会議の見逃し配信動画を無料視聴する方法


みなさんも球場に観戦しにいく機会があれば、ビールの売り子さんたちにもちょっと注目してみてください。
そして、良ければ買ってあげて下さいね。




以上、「マツコ会議》第2のおのののかを探せ!ビールの売り子女子の知られざる実態が話題に!」でした。




やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ