レゴランド,課題,入場料,高い
レゴランドの課題がだんだんと見えてきた。
名古屋市初の大型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」が港区の金城ふ頭にオープンしたのは2017年4月1日のこと。
そして早くもオープンから1ヶ月を迎えることになります。
そこにはどんな課題があがっているのでしょうか。



Sponsored Link





レゴランドの課題は値段が高過ぎること!



ゴールデンウイーク(GW)期間中、レゴランドを訪問するファミリー向け宿泊プランの評判は高くなり、
市内のホテルなどで少しずつ開業効果が見え始めています。

しかし、大々的にスタートしたレゴランドですが、一部不評の声が噴出しています。

それはもっぱら、「入場料が高過ぎる」というもの。

それというのも、レゴランドの入場料は大人が6900円!

ちなみに代表的なテーマパークとして、日本の2大テーマパークの値段は下記になります。

・ディズニーランド⇒7400円

・ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)⇒7600円



レゴランドは6900円とわずかにディズニーやUSJよりも安い設定ではありますが、
レゴに特化したテーマパークゆえ、6900円という価格は世間では高すぎるとの声が頻出しています。


専門家も、レゴランドのこの6900円という値段は1度訪れるには構わないが、
リピーターをつけるにはちょっと高過ぎるという見解を見せています。

尚、13歳以上の1日パスポート6900円、年間パスポート17300円、
3~12歳の1日パスポートが5300円、年間パスポートが13300円となっています。

一般的な大人二人、子供二人の家族で訪れた場合、
1日パスポートだけで24400円、年間パスポートの場合は60600円にもなる計算です。

よほどのレゴ好きなら気にならない値段かもしれませんが、一般に考えて随分と強気に値段と言えるでしょう。


そんなレゴランドは高過ぎるとの世間の声も上がっているなか、名古屋近隣のホテルなどは満室も多く、嬉しい悲鳴を上げていますが、
逆にゴールデンウィークなどに訪れようと考えていた一般客はホテルが取れないとの悲しい悲鳴を上げているとか。



尚、レゴランドは4月24日までに年間パスポートを購入した人を対象に、
同行者2人まで1日パスポートが半額になる期間限定のキャンペーンを始めています。

キャンペーンの目的としては、「値下げによる効果を測るため」としており、
ゴールデウィークの集客状況はこれから先の価格戦略に影響を及ぼすことも想定されます。




いずれにしても、関東のディズニーランド、関西のユニバーサルスタジオジャパンに続き、
東海のレゴランドと人気テーマパークにより経済消費が上がれば嬉しいところ。

そのためには、レゴランドも継続して新アトラクションの追加を練っていく必要があるでしょう。





宿泊施設も課題の一つ。レゴホテルはいつ?


レゴホテル,レゴランド,課題,入場料,高い


他の課題としては、名古屋付近の旅行客向けの宿泊施設がもっと増えないと、これからの集客にも影響があるかもしれません。

ディズニーランドもユニバーサルスタジオジャパンも、共にテーマパーク横にホテルを構えています。

レゴランドも同様に、来訪客を対象とした宿泊施設の強化が迫られることでしょう。

ちなみにそれを解消するべく、レゴホテルが2018年に名古屋に出来る予定となっています。

それも待ち遠しいところですね。





やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ