マツコの知らない世界で特集されるマンガ飯が話題になっています。
美味しんぼの究極のメニューなど一度は食べてみたいですよね。
ここでは家庭でできそうなマンガ飯の漫画をまとめてみました。



Sponsored Link



始めに


美味しんぼ、ミスター味っ子、ザ・シェフ、トリコ、食戟のソーマなどなど、
料理を題材にした漫画は数え切れないほどあります。

私たち視聴者は、これらの美味そうな料理を美味そうに食べる漫画のキャラクターの表情を通して見ることしかできません。

せっかくの料理漫画のマンガ飯なので、自分でも味わってみたいですよね。


ただ、これらの料理漫画においてほぼ共通にして言えることがあります。

それは、食材が豪華過ぎたり作り方が複雑過ぎたりすることです。


自分で再現しようにも、とても再現できそうもないメニューであることがほとんどです。

そこで、実際に家庭でも作れそうなマンガ飯を題材にしている漫画をまとめてみました。


知っている漫画、知らない漫画、色々あると思いますがご参考にしてみてください。



家庭で出来そうなマンガ飯の漫画


花のズボラ飯




これこそ家庭で出来そうなマンガ飯の代表ともいえると思います。

単身赴任の夫を持つ主婦、駒沢花(こまざわ・はな)。30歳。
駒沢花は今日も自分のためだけに、ズボラだけど美味しいご飯を作ります!

身近な食材で簡単にできるからこそ、自分で再現できるマンガ飯だと言えるでしょう。

しかもズボラがテーマ。超簡単に再現できそうなのがとても良さげですね!

幸腹グラフィティ




一人暮らしをする中学生の女の子・リョウちゃん。

料理が得意な彼女は、食事を通して 皆とあたたかい関係を築いていきます。

食欲をそそる緻密な料理描写&少しエロチックな食事シーンが満載のお食事ストーリー4コマ。

中学生が作る料理と美味しそうに食べる仲間がテーマなので、作る料理も素朴で家庭的なものが多い漫画です。
でも自分たちで食べる料理を本当においしそうに食べるリョウちゃん達の表情に、とてもほっこりとした気持ちになります。


クッキングパパ




家庭を大事にしているクッキングパパだからこそ、家庭的なメニューが豊富にあります。

作り方もパパが丁寧に説明しているので、ご家庭でも再現できますね。


甘々と稲妻




2016年7月からTVアニメにもなった甘々と稲妻 つむぎと作るおうちごはん。
料理初心者の父が男手ひとつで挑む子育マンガです。

料理が苦手な彼ですが、ひょんなことから教え子の小鳥ちゃんと一緒にご飯を作って、娘と3人で食べることに!

料理初心者の男性が主人公だからこそ、家庭でも作れそうなマンガ飯が多いですね。
ストーリーもほんわかあたたかくなります。


パパと親父のウチご飯




気丈夫な元カノから子供をあずけられた、整体師・千石。子供を引き取り妻と離婚した、漫画編集者・晴海。子育てに奮闘する2人は、郊外でのルームシェア生活を始めることに。

料理を作る事、食事を一緒に食べる事で、理解しようとしたり、わかり合えたり。
重くもあり、登場人物に共感する部分もあります。

料理マンガですが、レシピは基本料理の丸写しと言った感じなので再現するには難しいかもしれませんが、シングルファーザーが作る料理なので作り方自体はお手軽なものが多いといった印象ですね。


新米姉妹のふたりごはん




両親の再婚により突然姉妹となったサチちゃんとあやりちゃん。
はじめこそぎこちない姉妹関係でしたが、話が進むにつれてお互いを理解して、信頼関係を築いていく描写をとても丁寧に描いています。
女の子がおいしそうにご飯を食べるのは見ていていいものです。

ただ、新米姉妹のふたりごはんは、ちょっと食材が贅沢過ぎて一般家庭には難しいかもしれません。
しかし、価格に目をつぶれる場合は調理の様子も事細かに書かれているので再現性はありそうですね。




終わりに


ご家庭で出来そうなマンガ飯のメニューが多く出されている漫画をまとめてみました。

新しい漫画から古い漫画まで色々ありますが、いずれも比較的簡単に揃えられる食材(一部例外もありますが)を使って、お手軽に作ることができるメニューを取り扱っていました。


実際、漫画の通りに美味しく作ることができるかどうかは、あなたの腕しだいという事になりますが、漫画で説明している通りに作ってみるのも楽しそうですね。


今回、取り上げました漫画以外でも、再現できそうなマンガ飯を出している漫画は他にもたくさんあります。

漫画の中のキャラクターが大絶賛するほどのマンガ飯が再現できるかどうか。


是非、一度お試ししてみてはいかがでしょうか?


以上、マツコの知らないマンガ飯の世界でした。

やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ