11月24日放送のケンミンSHOWで福岡もつ鍋を特集!
誰もが認める福岡もつ鍋の名店をご紹介します。
人気店・レシピ・作り方などを簡単にまとめます。

%e3%82%84%e3%81%be%e4%b8%ad_%e3%82%82%e3%81%a4%e9%8d%8b


Sponsored Link



こんばんは、コップ一杯で顔まで真っ赤に酔っぱらってしまう、あかねです。

今回はプリプリでコラーゲンたっぷりのもつ鍋の特集ということで、

ちょっとテンションが上がっています!


福岡県といえば、誰もが認める美味いもの大集合の地域です。

福岡・「博多明太子」は言うまでもなく、先日放送しました「鶏かわ」も大人気です。

そして、今回の放送で特集する「もつ鍋」も大人気のメニューです。


でも、もつ鍋はちょっと苦手な人がいるかもしれません。


もつ鍋が苦手なんてもったいないですよ!

どこでもドアがあるのに、電車で通勤するくらいもったいないです!


それくらいもったいない人にも、今回の特集でもつ鍋を是非、克服して頂きたい!

そして、多くの人に福岡もつ鍋を存分に味わっていただきたいと思います。




もつ鍋とは


もつ鍋(もつなべ)とは、牛または豚のもつ(小腸や大腸などの内臓肉、別名「ホルモン」)を主材料とする鍋料理です。

別名をホルモン鍋(ほるもんなべ)とも言います。


昔はホルモン⇒放るもん⇒捨てるもの

といった感じで、内臓は捨ててしまっていたそうですが、

そんな内臓をこれだけ美味しく仕上げるもつ鍋(ホルモン鍋)は素晴らしいですよね。


ちなみに、もつ鍋は福岡県福岡市近辺の郷土料理として始まり、

「もつ(ホルモン)を使った鍋料理」全般のことを「もつ鍋」と呼ぶようになりました。


居酒屋さんでも定番のもつ鍋。

福岡発祥の郷土料理です。




概要


福岡・博多におきまして、第二次世界大戦後に、

もつ肉とニラをアルミ鍋で醤油味に炊いたものがルーツとなっています。

まさに戦後のジャンクフードといったところでしょうか。


今のもつ鍋とは違い、1960年代にはごま油で唐辛子を炒めてもつを入れてから、

味付け用調味料とネギ類を入れすき焼き風にして食べていたそうです。



もつ鍋って味噌風、または醤油味のイメージが強すぎるので、すき焼き風だったことに驚きを感じますね。


もつ鍋は、かつてのBSE問題の際にダメージを受けましたが、

それでも根強い人気があることから老舗が多くなっています。


実のところ、一般の居酒屋でも博多ラーメンに次ぐ人気メニューとなっています。




もつ鍋のレシピ・作り方


ここで、今風である味噌ベースのもつ鍋の作り方をご紹介します。


もつ鍋の一般的なレシピは下記の通りです。

・下処理したもつ
・ニラ
・キャベツ
・おろしニンイク

もつ鍋材料


1.鰹や昆布などでとったダシをとり、醤油や味噌で味付けします。

2.「1」で出来たスープに、下処理したもつと、大量のニラとキャベツをいれます。

3.ニンニクをいれます。もつの臭みを消すためにニンニクは絶対あった方がいいです。
(ニンニクはスープにあらかじめ風味付けしておく場合もあります。)


4.ぐつぐつと煮込み、もつとニラ・キャベツなどにスープの味が染み込めばもつ鍋の完成です。


お好みで唐辛子(鷹の爪)を入れてもピリ辛もつ鍋になって美味しいですよ!

もつと野菜を食べ終わった後には、残ったお汁にちゃんぽんの麺を入れて「締め」をするのも定番です。

場所によっては、水炊き風に酢醤油を付けて食べる方法を推奨する店もあります。


ダシをとったりするのが面倒な場合は、市販のもつ鍋の元を使うのがお手軽ですね。

こうしてご家庭でも簡単にもつ鍋を作ることができます。




もつ鍋に似た料理


もつ鍋は非常に似通ったメニューが存在します。

いわゆる、ホルモン鍋の一種となるます。


田川ホルモン鍋


福岡県田川地方では、『田川ホルモン鍋』と呼ばれるホルモン鍋が存在します。

田川ホルモン鍋

炭鉱で栄えた町である田川では、とある日に一人の炭坑夫がお鍋の代わりに紙製のセメント袋を七輪に乗せて、

なんとなくホルモンを焼いて食べたことがありました。

その際、セメント袋の紙が余分な水分を吸うことで、

もつのお肉が非常に柔らかくまろやかな味わいとなって美味しくなったことから、

この製法が広まっていきました。

これにより、田川でホルモンが多く食べられるようになったと言われています。


下関とんちゃん鍋


山口県下関市では、『とんちゃん鍋』と呼ばれる、ホルモン鍋があります。

とんちゃん鍋

「とんちゃん鍋」は博多の「もつ鍋」とは全く異なり、

平たいステンレス製の鍋に、甘辛い味噌ベースのたれにつけ込んだ牛のホルモンを、

キャベツ、モヤシ、ネギと一緒に山のように盛りつけて、

そのまま火にかけて蒸し煮にしたものです。

もつ鍋のようにダシを取ったりはせず、野菜の水分のみで煮るのが特徴です。

尚、「とんちゃん」は元々韓国語で「豚の小腸」のことを指します。

但し、現在は牛の腸が多く用いられているそうです。






福岡もつ鍋の名店



博多もつ鍋 やま中 本店


ケンミンSHOW,ケンミンショー,もつ鍋,福岡,ホルモン,やま中

住所:〒815-0035 福岡県福岡市南区向野2丁目2−12
電話番号:092-553-6915
営業時間:17時00分~23時00分
アクセス:
地下鉄空港線赤坂駅より徒歩5分
赤坂駅から190m
博多もつ鍋 やま中 本店公式ホームページ
〒815-0035 福岡県福岡市南区向野2丁目2−12


もつ鍋の超人気店である、「やま中」

本店も赤坂店もともに、いつも人気に賑わっています。


人気のもつ鍋のスープは「味噌」「醤油」「しゃぶしゃぶ風」からお選びいただけます。

もつは言うまでもなく、プルプルでとてもおいしいです!

ケンミンSHOW,ケンミンショー,もつ鍋,福岡,ホルモン,やま中

また、スープも濃厚でおいしいです。

卓上には唐辛子とおろしにんくがありまするので、味を変えたいときに調整しながら食べることができます。


締めは、ごはんでも良し、ちゃんぽんも良し。

濃厚なお汁と美味しい締めで、最後まで美味しいもつ鍋を頂くことができます。




もつ鍋 もつ幸


ケンミンSHOW,ケンミンショー,もつ鍋,福岡,ホルモン,もつ幸

住所:福岡県福岡市博多区綱場町7-14
電話番号:092-291-5046
営業時間:17:00~24:00(L.O 23:30)
祝日のみ17:00~23:00(L.O 22:30)
夜10時以降入店可
アクセス:
呉服町より徒歩2分
呉服町駅から115m
もつ鍋 もつ幸公式ホームページ
福岡県福岡市博多区綱場町7-14


もつ鍋 もつ幸さんは、40年に渡り博多で愛される、独創性溢れるもつ鍋の老舗です。

博多の郷土料理であり、庶民に愛される味といえばもつ鍋。

ケンミンSHOW,ケンミンショー,もつ鍋,福岡,ホルモン,もつ幸

元は夫婦二人ではじめた小さな店のもつ鍋は、

他店が醤油ベースや塩ベースのスープで味わうのに対し、鶏ガラスープで煮た具材を、
自家製の酢醤油で味わうオリジナルスタイルです。

現在は二代目・松尾一豪氏が伝統の味を受け継ぎ、昔さながらの味を提供し続けています。

小腸、センマイ、赤センマイ、ハツの4種を使用し、餃子の皮を浮かべた鍋

〆は大量のごまを投入したちゃんぽんと、何から何まで独創的なもつ鍋は。

誰しもが認めるもつ鍋の最高峰です。


もつ鍋 おおやま 本店


ケンミンSHOW,ケンミンショー,もつ鍋,福岡,ホルモン,おおやま

住所:福岡県福岡市博多区店屋町7-28
電話番号:092-262-8136
営業時間:17:00~00:00 (L.O.23:30)
夜10時以降入店可、日曜営業
アクセス:
福岡市地下鉄 呉服町駅より徒歩2分
呉服町駅から134m
福岡県福岡市博多区店屋町7-28


おおやまさんのもつ鍋のお味噌はかなり濃厚です。

ケンミンSHOW,ケンミンショー,もつ鍋,福岡,ホルモン,やま中,おおやま

ズラッと並んだニラがとても美しいですね。

だけど、このお味噌がクリーミーに感じます。
また、たっぷりのニンニクの良い香りが食欲をそそります。

ゴマ油で仕上げた香りの良い味噌スープは、甘味とコクが有りとても美味!

こちらのお味噌は10種類をブレンドした味噌で、この味はおおやまさんでしか食べられません!


とにかく美味しいもつ鍋を食べたければおおやまさんがおススメです。





まとめ



本当においしいもつ鍋なら、もつが苦手な方でも食べられるかと思います。

また、〆のちゃんぽんも、格別に美味しいもつ鍋。


これから寒い時期になってきますので、

もつ鍋にちょうど良い季節になってきましたね。


普通のお鍋も良いですが、プルップルのもつ鍋で

お肌もツヤツヤにしちゃいましょう♪


福岡名物、もつ鍋。

是非、本場の味を食べてみて下さい!


以上、福岡もつ鍋特集でした。