十二指腸がんの生存率は?梅宮辰夫さんも戦う十二指腸がんについてまとめました。
近年、癌にかかる芸能人、癌で亡くなる芸能人が後を絶ちません。
梅宮辰夫さんが乳がんを告白し、川島なお美さんが胆管がんで亡くなりました。
癌についての正しい知識を持ち、早期発見に努めましょう。


十二指腸がん,梅宮辰夫,ステージ,生存率,辛坊治郎

Sponsored Link



十二指腸がんとは?


十二指腸は、胃と小腸をつなぐ消化管です。

小腸は3つの部分に分けられ、それぞれ十二指腸、空腸、回腸からなっています。

このうち、小腸の十二指腸にできるがんのことを十二指腸がんと言います。

尚、小腸にできる癌のうち、この十二指腸にできる癌が圧倒的に多くなります。


十二指腸がんの症状・病状


十二指腸がんは癌の発生する部位によって、症状・症状も異なります。

十二指腸がんの中でも乳頭部にできるのが乳頭部がん(梅宮辰夫さんもこの「十二指腸乳頭部がん」)です。

十二指腸乳頭部がんは、他の部位にできるがんと比べて症状も異なってくるため、
十二指腸がんとは別に考えられることもあります。

一般的に、十二指腸がんの症状としては下記のものが現れます。

腹部の痛み、腹満感、吐き気、、悪心・嘔吐、下痢

尚、十二指腸がんは大きな腫瘤を作ることが多く、
腹部腫瘤としてあらわれることも多くなります。

お腹にコブができた場合は特に注意しましょう!


十二指腸乳頭部がんの症状としては下記のものが現れます。

・黄疸(胆汁の出口を塞いでしまうことでおこる閉塞性の黄疸)
・胆管炎や膵炎を伴うと、腹痛や発熱
・下血や貧血

梅宮辰夫さんも黄疸の症状から癌が発覚したと公表されています。


十二指腸がんの治療方法


十二指腸がんの治療方法には下記の方法があります。

・外科療法
・放射線療法
・化学療法

どの治療方法を行うかは、がんの進行度や部位、大きさ、患者の年齢などを考慮して選択します。


外科療法


十二指腸がんは、早期に発見できれば、内視鏡による治療で癌を切除することができます。

内視鏡による切除を行う前には、がんの浸潤の深さを検査するため超音波内視鏡検査を行い、
癌が粘膜内におさまっていると判断された場合には、内視鏡による治療が可能となります。

内視鏡による切除の場合、開腹する手術に比べて術後の回復も早いため、患者への体の負担も少なくて済みます。
そのため、出来る限り早期発見をすることが大切ですね。

超音波内視鏡検査の結果、がんが粘膜下層にまで浸潤してしまっている場合は、手術により癌を切除します。
しかし、この場合は癌がリンパ節にまで転移している可能性も高くなっています。


放射線療法・化学療法


外科治療が困難となるほど癌が進行していて手術により切除できない場合や、

患者の年齢や体力などによって手術が困難な場合には、放射線療法や化学療法が行われます。

放射線療法や化学療法は、副作用が出ることも考えられるため、
患者の状態を考慮しながら行うこととなります。


癌のステージ別生存率


ステージ1


初期の段階で発生しやすいのが乳頭部がんです。

腫瘍を取り除けば予後は良好となります。
内視鏡で発見した際に同時に切除することが可能です。

5年生存率は「50~70%」となります。

特に早期での治療の場合には5年生存率は「90%以上」となります。

他の癌と比べ、生存率は高い方と言えますね。


ステージ2


癌が乳頭部癌でない場合で、下記の自覚症状が現れていた場合、
ステージ2まで進行している可能性が高いです。

・腹痛
・吐き気
・貧血
・体重減少
・下痢

ただし、この時点では十二指腸全体にガンが進行している事は少ないとされています。

この時点で手術を行い、癌を切除することができれば、
5年生存率は「50~70%」となります。


ステージ3


癌が進行がさらに進んでいくと、胆汁出口を塞ぎがれたことによる黄疸が出始めます。

ここまで癌が進行していると、リンパ節への転移が見られる場合がありますが、
まだ外科手術での対応が可能なことが多いとされています。

この段階ではまだ他の部位への転移はあまり無いそうです。

手術で腫瘍の切除をすれば、5年後生存率は「50~70%」となります。



ステージ4


十二指腸以外の部位に転移を起こした状態まで進むと、ステージ4となります。

この段階で「末期がん」となります。

ここまで癌が進行していた場合は、抗がん剤治療が中心となります。

外科手術での切除・根治が困難なため、5年生存率が「20%」にまで下がります。

ここまで来ると、血液やリンパに癌細胞が流れてしまうことで、
十二指腸以外の臓器などに転移を起こします(遠隔転移と言います)。




十二指腸がんの芸能人等


辛坊治郎





朝番組のニュースキャスター辛坊治郎さんは2012年に十二指腸がんを患いました。

番組の企画のための検査で癌が発覚。
12月19日に内視鏡による十二指腸腫瘍の摘出手術を行い、翌週には完全復帰するというスピード復帰をしています。



梅宮辰夫





今回の癌報道を行った梅宮辰夫さんは、「十二指腸乳頭部がん」であると長女の梅宮アンナが会見で発表しています。

12時間にも渡る手術は無事に成功し「元気に自宅で療養中です」と説明しています。

症状としては、黄疸が出たことから発覚したと公表しています。

「十二指腸乳頭部がん」ではなく、十二指腸がんで黄疸が出ていたらステージ3まで進んでいることと判断できますが、
十二指腸乳頭部がんで、すでに手術も成功していることから、
ステージは1から2くらいだったと推測できます。

初期の段階ですので、5年生存率も「50~70%」だと思われます。

手術は無事に成功しましたが、今後の療養と、再発・転移していないことを祈ります。



まとめ



ステージ4まで進行してしまうと生存率は低くなっていますが、
十二指腸がんにかかり手術によって克服した芸能人も多数います。


しかし、誰しもが侵される可能性のある病となっています。


上記の症状が見られた場合、
出来るだけ早く検査を受けるようにしましょう。

早期発見が生存率に直結します。

自分の自己判断をせずに、
必ず病院へ行きましょう。


検査キットでは匿名で検査も可能です。気になる方は急いで確認をお勧めします!


がんが見つかる前に保険を見直す方が良い?


北斗晶さんが乳がんに侵されていると発表があってから、がん保険に入る人が急増しています。
小林麻央さんの発表後もさらにがん保険の加入者が増えると予想されます。

※乳がんではありませんが、「カレーライス」「不滅の男」などで知られるシンガーソングライターの遠藤賢司さん(69)も、がんのため闘病中であることが発表されました。
続々と有名人のがん闘病が公表されています。

かくいう私も月1000円台のがん保険に入りました。

がんには「悪性新生物」「上皮内新生物」とがあり、簡単に言うと悪性は進化をし、転移の可能性がある一般的にがんと言われたときは悪性を指します。
対して上皮内は治療を行えばほぼ完治し、転移もしないもので上皮内がんと表現されます。

がん保険は「上皮内新生物」の場合は「悪性新生物」と比べて10分の1しか保険料が下りない場合が多いので、がん保険を見積もる際は注意して下さい。

私はがんでの入院には保険料は下りませんが、がん治療(放射線治療や抗がん剤治療)を続ける際に一か月ごとに毎月数万円が下りるプランに入りました。尚、上皮内新生物でも悪性新生物と同じ額が下ります。
これで治療が長引いても安心です。一般的にがん保険といえば、手術1回につき何万円や入院1日につき何千円というプランがほとんどですが、上記のようなプランもあるということを保険の相談で知ることができました。

がんは入院は短いけど治療が長い病気です。
入院代を考慮するか、退院後の治療代を考慮するか、よく考える必要があります。

がんになってからでは保険に加入できないことがほとんどです。(一部、がんになってからでも入られるがん保険はありますが、保険料が高めです。)

相談だけなら無料ですので、がんになる前に一度保険のプロに相談をするのをおススメします。

保険マンモス