米アップルは7日、サンフランシスコで開かれた新製品発表会 にて、

「iPhone(アイフォーン)7」と「7プラス」を発表しました。

カメラは更に高機能となり、本体も薄型化となっています。


同時に腕時計型端末「アップルウオッチ」の新製品も発表しました。

「ポケモンGO」と連携するアップルウオッチ向けアプリやスーパーマリオを起用したアップル専用のゲームアプリも発表されました。


ティム・クック最高経営責任者(CEO)曰く、

「アップルがこれまでに作ったなかで最高のアイフォーンだ」と自信に満ちあふれたコメントをしています。

iPhone7



iPhone7の主な変更点


iPhone7シリーズの主な変更は、言わずと知れた薄型化でしょう。

今までも薄いと思っていたiPhoneがさらに薄型化し、携帯しやすく進化しています。

iPhone7シリーズでは今回の薄型化い伴い、3.5ミリイヤホンジャックをなくしています。

イヤホンは充電などに使うライトニング端子やワイヤレス規格に対応した製品を使用することができます。

つまり、bluetooth(ブルートゥース)でイヤホンを接続する場合は問題ありませんが、
既存のイヤホンを使用出来なくなることに注意が必要ですね。


また7シリーズでは従来のアイフォーンの下部にあったホームボタンがなんと物理式から感圧式に変更されています。

これによりボタンが物理的にへっこんだりする故障なども減ることになります。

ただ、未だ物理ボタン推奨派の方々がいると思いますので、賛否両論はありそうですね。

カメラ機能では画質を大幅に向上させたほか、フラッシュにも改良を加えており、一層、風景や人物撮りに磨きがかかっています。



アップルウオッチ「シリーズ2」


アップルウオッチの新製品「シリーズ2」に関しましては、
16日から発売することも公表されました。

GPSを内蔵し、ジョギングなどの走行データを記録する際でもアイフォーン本体を携帯しなくてもよくなっています。

これはジョギング愛好家には嬉しいところですね。

アイフォーン本体を携帯していると多少なりとも重みはありますし、
何よりも走っている間の本体落下リスクが無くなります。


さらに防水性能も大幅に高められており、プールで泳いだ距離や消費カロリーを測定することもできるようになりました。



アプリの発表


任天堂の宮本茂・代表取締役クリエイティブフェローが発表会に登場し、

アップル向けのゲームアプリ「スーパー・マリオ・ラン」の発売を発表しました。

画面をタップしてマリオを操作してコインを集めるゲームで、

さらには他のプレーヤーとの対戦モードも用意されている、とのことです。

発売時期は2016年中の模様。


アップルと任天堂のタッグ。

夢が広がりますね!



さらに「ポケモンGO」を開発した米ナイアンテックのジョン・ハンケCEOも登場しました。。

アップルウオッチ向けのポケモンGO対応アプリを年内にリリースすると発表しました。

これにより、アイフォーンを使用しなくても、近くにいるポケモンを確認したり、
ポケストップでのアイテム入手ができるようになっています。

少し加熱もおさまって来たポケモンGOですが、これでさらに過熱が復活するかもしれませんね。





終わりに


毎年、進化していくiPhoneシリーズもとうとう、iPhone7まできました。

今回の大きな特徴はさらなら薄型化が目玉でしょう。

薄型化はポケットに入れる人にとっては願ったりの進化です。

しかし、おしりのポケットに入れたまま座ったりして割ったりしないように気を付けないといけませんね。


まだまだ人気のiPhoneシリーズ。


一番に入手する人のニュースなどもまた放送されることでしょう。

毎回、新型のiPhoneを手に入れる方はもちろん、

そろそろ型が古くなってきたなという方は、

iPhone7を是非ともゲットしましょう!


docomoホームページ

softbankホームページ

auホームページ



やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ