2016年8月7日、広島対巨人18回戦、1位の広島が新井の劇的サヨナラ打でルーズヴェルト・ゲームを制し、
同カード3連敗免れた。ところでプロ野球の試合でルーズベルトゲームと言われる由来を知っていますか?

ルーズヴェルト,ルーズベルト,ゲーム,野球

Sponsored Link


ルーズヴェルト・ゲームの由来


ルーズヴェルト・ゲームとは、アメリカ大統領のフランクリンルーズベルトが
「野球が一番面白いのは8対7の試合だ」と言ったことから、
点を取りあって抜きつ抜かれつの試合のことをルーズヴェルト・ゲームと言われるようになりました。


8対7になるためには、両チームとも点を取りあう必要があります。
抜きつ抜かれつのデットヒートとなる試合は見ててハラハラしますが、
楽しいものでもありますよね。

とは言っても、片方のチームが8点を先制し、後からもう一方のチームが7点を追い上げても、
こちらはルーズベルトゲームとは言われません。



尚、ルーズヴェルト・ゲームは、池井戸潤の著書の方が世間一般には知られています。

大手ライバル企業に攻勢をかけられ、業績不振にあえぐ青島製作所。
リストラが始まり、歴史ある野球部の存続を疑問視する声が上がる。
かつての名門チームも、今やエース不在で崩壊寸前。
廃部にすればコストは浮くが──社長が、選手が、監督が、技術者が、
それぞれの人生とプライドをかけて挑む奇跡の大逆転「ルーズヴェルト・ゲーム」




池井戸潤の名作「ルーズヴェルト・ゲーム」は唐沢寿明主演でドラマ化もされた人気作品です。



日本ではシーソーゲームと表現



野球好きでなくとも、スポーツが好きな方なら当然お判りでしょうけれども、
点を取ったり取り返したりするのをシーソーゲームと言いますね。

シーソーのように片方が上に上がって、次にもう一方が上に上がり。
お互いが行ったり来たりします。

これを元に、両チームが逆転し合うのをシーソーゲームと表現されます。


面白いのは8対7


アメリカ大統領のフランクリンルーズベルトが言ったように、
8対7くらいが一番面白いと言えます。


1対0や2対1などの投手戦もまた息をのむ緊迫した試合ではありますが、
やはり野球の醍醐味はホームランです。
スラッガーが特大ホームランで点を取りあうのが見てて楽しいですよね。

両チームがホームランを打ち合い、抜きつ抜かれつで8対7くらいになるのが
ベストな面白だと言えます。
フランクリンルーズベルトの言い方も、ごもっともな考え方ですね。





終わりに


そして本日、8対7で広島が巨人を新井のサヨナラ適時打でルーズベルトゲームを制しました。

リメイクドラマと世間で言われているほど、2位巨人が1位広島を猛追しており、
逆に失速気味の広島はかなり焦っている状態と言えます。

1996年のメイクドラマと言われた、最大11.5ゲーム差あったのを
巨人に逆転優勝された苦い過去を持つ広島カープ。

リメイクドラマにならない為にも、今後の巨人の追い上げを振り切ることが出来るのでしょうか。

そんな広島も、先発・岡田が肩の不安で登録抹消となり、先発陣の編成し直しが必須となります。
ヘーゲンズが先発に回るかもという話も浮上しています。

厳しい台所事情となりますが、このまま夏を逃げ切ることができるのか。
広島の25年振りの優勝は、この夏にかかっています。



以上、ルーズヴェルト・ゲームの由来でした。

やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ