7月10日(金) 中日対広島 11回戦。
カープが3対2で接戦を制し、3位をキープ。
前田健太は1ヶ月間負けなしの4連勝となりました。

Sponsored Link


カープは初回に頼れる4番新井のタイムリーツーベースで先制点。
前田健太は初回から3者凡退に切ってのスタート。
まずまずの立ち上がりでした。

しかし、2回。中日の平田・森野の連続ヒットと、
高橋のゴロの間に1点を取られ同点に。

続く3回。シアーホルツに勝ち越しのツーランホームランが飛び出し、
前田健太を援護します。

しかし、その裏。大島に3塁打を打たれ、ワンアウト3塁。
亀澤をピッチャーゴロで抑えてツーアウト。
続く遠藤の打球はショートに転がり、
ヘッドスライディングの末に間一髪のセーフ。
これで1点を失い、1点差に詰め寄られます。

続く5回、中日の攻撃。
先頭打者の桂にヒットを打たれます。
エルナンデス、大島をフライアウトで抑えてツーアウト1塁。
続く亀澤にツーベースを打たれてツーアウト2,3塁のピンチに。
続く打者は先ほどヘッドスライディングを見せた遠藤にデッドボールを与え満塁となります。

迎える打者は強打者ナニータ。
一打逆転のピンチでしたが、ここは前田健太がゴロで乗り切ります。

試合はそのまま両チームともランナーを塁には出すものの、
得点にはいたらずに進みます。





前田健太は7回を7安打2失点で勝ち投手の権利をながらマウンドを大瀬良に託します。


その大瀬良も先頭打者の亀澤にヒットを打たれ、
藤井の送りバントでワンアウト2塁の同点のピンチ。

しかし、続くナニータをフライアウト、
平田をハーフスウィングの空振り三振でピンチを脱します。

そして9回。守護神中崎がマウンドに上がります。
今日の中崎は先頭打者の森野をキッチリと抑え、
続く高橋、ルナをゴロて仕留めて3者凡退でゲームセット。

やはり、先頭打者を抑えた場合の中崎は安定感がありますね。
これで11セーブ目。
ここ数試合、キッチリと9回を抑えるようになってきました。

これからさらに暑くなってきますので、
体調を崩さないかが心配です。



これでカープは連敗をストップ。
借金2となりました。
オールスターまでのこり4試合。
キッチリと借金を返済し、後半戦に挑みたい。


首位のジャイアンツとは2.0ゲーム差。
まだまだ首位を奪える位置にいます。

悲願のリーグ優勝を目指し、突き進んでほしい。

やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ