4月7日放送のケンミンSHOWで徳島県の徳島ラーメンを特集!
徳島ラーメンはごはんのおかず!?徳島ラーメンが美味すぎると話題になっています。
そして徳島ラーメンにはなんと3系統が存在!?

Sponsored Link



徳島ラーメンを知っていますか?


皆さんは徳島ラーメンをご存知でしょうか?

数ある徳島名物の中でも、徳島ラーメンは外せません。

混濁した真っ茶色のスープにセンターにはドンと生卵の存在感がハンパないです。


そして、ラーメンと言えば普通はチャーシューなのですが、徳島ラーメンには豚バラ肉が入っています。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉

見た感じ、とても濃い味がするような出で立ちであります。

しかし、実際に徳島ラーメンとはどのようなラーメンなのか、その実態はどんなラーメンなのでしょうか?


そんな徳島ラーメンを知らない方々へ、「徳島ラーメン」の実態をご紹介します。



徳島ラーメンとは?


徳島県では、「阿波踊り、鳴門の渦潮、徳島ラーメン」と言われるくらい徳島ラーメンは超メジャーな食べ物です。

街を見渡せば、どこのラーメン屋さんも徳島ラーメンを猛アピールしています。

それもそのはず、徳島ラーメン提供店は県内に150軒以上!

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉2

四国と言えば「うどん」と思いますが、徳島市内のうどん店・ラーメン店では
うどん店が約100軒に対し、徳島ラーメンの提供店はなんと約130軒!
徳島ではうどんよりも徳島ラーメンの方が人気があるのです。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉3


それだけ、売れ行きも良くて県民に愛されているメニューだと言う事ですね。


甘辛い濃いスープに生卵を絡めて食べるのが徳島ラーメンの特徴です。

まさにすき焼き感覚なラーメンなのです。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉4


そのため、徳島ラーメンはご飯との相性も抜群!

ご飯とラーメンを一緒に食べるのが普通の食べ方になります。
つまり、徳島ラーメンはまさに「ご飯のおかず」という認識で考えてもらって構いません・

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉7


生卵がフリーサービスのお店においては、生卵を二つ落とすというダブル卵をする方もいるくらいです。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉6




徳島ラーメンの作り方



ここで徳島ラーメンの作り方をご紹介します。


豚骨と鶏ガラを10対1の割合でじっくりと煮込んだ豚骨命の濃厚スープを作ります。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉8


そして、別のお鍋では豚バラ肉を真っ黒な醤油ダレのスープに投入し、煮込みます。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉8

すると、甘辛い醤油ダレを存分に染みこんだ濃厚な豚バラ肉の出来上がりです。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉9


どんぶりに濃い口しょう油ベースの真っ黒な汁を入れます。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉10


そこに超濃厚豚骨スープを融合させます。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉11


この濃厚スープに麺と豚バラ肉を大量にトッピングします。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉12


そして、青ネギをいれて、最後に生卵をドボンと落とします。
こうして、徳島ラーメンの完成です。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉13



白菜や玉ねぎなどの野菜が無いのも徳島ラーメンの特徴ですね。

まさに、麺と豚バラ肉命なラーメンです。





徳島ラーメンには系統がある


徳島ラーメンにはさらに別種があります。

それがコチラ。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉14

白いスープにチャーシューが入っています。

先程紹介しました濃厚スープの徳島ラーメンとは真逆なビジュアルです。

しかし、この白いスープも徳島ラーメンなのです。

しっかり味は濃く、クリーミーで甘みの方が強いのが特徴です。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉15

このように、徳島ラーメンには系統があり、小松島市周辺では白系の徳島ラーメンがメジャーとなっています。

一方、徳島市周辺では茶系の徳島ラーメンがメジャーです。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉16



さらには、茶系・白系のどちらにも属さない徳島ラーメンもあります。

スープの色が黄色いことから、黄系と称されるのがこちらの徳島ラーメン。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉17


以上の、黄系・茶系・白系の3種の徳島ラーメン3系統が存在しているのです。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉18


まとめ



徳島県には日本ハムの前身の徳島ハムの工場がありました。

そこで、ハムを作る過程で豚骨が大量に余ったので、それを安く手に入れたラーメン屋さんが、
その豚骨をダシに使って今日の味を確立していったと言われています。

また、ラーメン専門店で豚バラ肉や生卵を使い始めたのは、徳島市内にある「銀座一福」というお店がルーツだと言われています。


また、徳島ラーメンの他に、ラーメンの代わりにご飯の上に豚バラ肉と生卵を落とした「徳島丼」というメニューも存在します。

ケンミンSHOW,徳島ラーメン,生卵,豚バラ肉,徳島丼

まさにガッツリ派には持って来いのメニューですね。


このように、徳島県は濃い味のラーメン・丼に生卵を落としたメニューをこよなく愛しているのです。

一度、本場の徳島ラーメンを食べてみてはいかがでしょうか?

ご飯がどんどん進んでしまいますよ!



以上、徳島民の愛する徳島ラーメン紹介でした。

やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ