3月12日放送のマツコ会議でゲーマーシェアハウスに潜入!
専属シェフや外国人助っ人までいるプロゲーマーはまさにスポーツの世界。
ゲームで大金を稼ぐ、謎のゲーマーシェアハウスに潜入しました。

Sponsored Link



マツコ会議は番組スタッフと企画編成会議を行うというコンセプトの下で、話題になっている場所と中継をつなぎ、一般人とやり取りを進めます。

気になる言葉があれば、即座に検索して新たな情報を得つつ、
中継先とやり取りを行うことで番組が進行されるという斬新な番組です。
そのため、出演者はマツコと番組関係者以外は全て一般人となります。


※当記事の画像は、芸能人及び一般人の方にはモザイクを入れております。ご了承願います。



今回中継場所はゲーマーシェアハウスです。

プロゲーマー集団が共同生活するシェアハウスです。

さながら、ゲーム版トキワ荘と言った感じでしょうか。

家賃・光熱費タダ。
さらになんと食事付きという至れり尽くせりの生活!

そこにはマツコの想像を超えるゲームだけで稼ぐ生活をする若者たちの姿が!


デトネーション(detonation)とは



皆さんはデトネーション(detonation)をご存知でしょうか?


江戸川区の6DKマンションを間借りして、運営を行っているプロゲーマーたちです。

公式ホームページ
http://team-detonation.net/

チーム名は「DetonatioN FocusMe」と言います。


こちらが、彼らがゲームをしている一室です。
皆、真剣な表情でゲームの対戦を進めています。

マツコ会議,プロゲーマー,detonation,デトネーション


なんと、DetonatioNはプロスポーツさながら、チームリーダーまでいます。

彼がチームリーダーの「セロス」さん。

マツコ会議,プロゲーマー,detonation,デトネーション,セロス

ホームページの紹介写真はまさに超イケメン!
マツコさんのタイプらしです。
サッカー選手のような表情に女性は釘づけなのでしょうか。
ご本人は眼鏡をかけてリラックスした柔らかな表情でした。



リーグ・オブ・レジェンドとは?


世界で最も人気のオンラインゲーム、「リーグ・オブ・レジェンド」

5人1チームとなって世界中の相手とネット対戦します。


5対5で行う対戦ゲームで、相手陣地のクリスタルを破壊した方が勝利となります。

マツコ会議,プロゲーマー,detonation,デトネーション2


そんなオンラインゲームを、彼らは1日10時間以上もプレイします。

マツコ会議,プロゲーマー,detonation,デトネーション3


まさにゲームというよりも仕事・・・?

これはお金を稼ぐと言う意識があれば仕事でしょうけれど、意識が無ければゲーム廃人です。。。


このリーグ・オブ・レジェンドは世界大会まで開催されている程のオンラインゲームです。

マツコ会議,プロゲーマー,detonation,デトネーション,世界大会

ゲームが好きなのは日本だけではなく、世界の人々にも愛されているのですね。

驚くのはその競技人口です。

マツコ会議,プロゲーマー,detonation,デトネーション,競技人口

日本でメジャーなゴルフや野球の競技人口よりも、リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)の方が世界での競技人口が多いという事実!

世界にはこれだけの人々がリーグ・オブ・レジェンドをプレイしているのですね。





デトネーション(detonation)の稼ぎ方


そんな集団生活をする彼らがどうやって収入を得ているのか、そんな疑問がよぎりますよね。

彼らの収入源は2つあります。

その一つが、ゲーム大会の賞金です。
世界大会の優勝賞金は約1億円にもなると言います!

マツコ会議,プロゲーマー,detonation,デトネーション,1億円


もう一つが、スポンサーです。

彼らが使用するキーボードやヘッドホンなど、スポンサーがついているようです。
聞けば聞くほど、スポーツ選手と同じですね。

マツコ会議,プロゲーマー,detonation,デトネーション,スポンサー


ゲーム大会に優勝すると、さらにスポンサー料が上がるという仕組みのため、皆、真剣そのもの。


そんなデトネーション(detonation)。

作戦会議や反省会は選手ではなく、コーチが手動で進めています。

ちなみに現在のコーチは「ドラゴン」さん。

マツコ会議,プロゲーマー,detonation,デトネーション,コーチ

選手の作戦会議や相手の分析、チームの悪いところを見つけて直す、といったことをコーチが進めます。

本当にスポーツのコーチと一緒ですね。



驚きのレギュラー性


ボンジンさん、今まではレギュラーで活躍していたそうですが、なんと助っ人外国人の加入によって補欠に落ちしてしまったそうです。

マツコ会議,プロゲーマー,detonation,デトネーション,補欠落ち

さらには、このゲームの世界、25歳が寿命だそうです。
25歳を過ぎると、反応速度などが落ちてしまって、戦力が低下するからだそうです。
これって普通のスポーツよりも厳しい世界なのかもしれません。

そんな補欠落ちしたボンジンさんは25歳。戦力外通告を受けたかのような状態・・・

引退の瀬戸際となっていますが、大好きな水樹奈々さんと握手したことを熱弁していました。



食生活も充実


6LDKに10人が暮らす、ゲーマーシェアハウス。

そこには、なんと専属のシェフまで雇っていました。

マツコ会議,プロゲーマー,detonation,デトネーション,専属シェフ

専属シェフが1日2食を作ってくれるそうです。

選手たちの栄養面を考えたメニューを作り、健康管理に努めています。

ちゃんと料理人として生活していけるだけの給料をちゃんと貰っているとのことでした。



チーム一のイケメン ダステルボックスさん


ホームページで一番調子にのった写真を載せているイケメンのダステルボックスさん。

マツコ会議,プロゲーマー,detonation,デトネーション,ダステルボックス,イケメン

ニットを着た爽やかなお兄さんでした。

そんなダステルボックスさん、年収600万円以上!

マツコ会議,プロゲーマー,detonation,デトネーション,ダステルボックス,イケメン,600万円


プロゲーマーさんって、そんなに稼げるものなんですね・・・

それだけ腕前が凄いということでしょうけれども。



マツコ、ゲームに挑む


そんなプロゲーマーさんとマツコがストリートファイター5で対戦をしました。

マツコの選んだのは中国の女性キャラクター、春麗(チュンリー)。


当然、勝てるはずもなく、相手の必殺技をくらって負けちゃいました。

マツコ会議,プロゲーマー,detonation,デトネーション,春麗

でも、そのゲームの画像や動きの進化は凄かったです。

動きは滑らかですし、躍動感も凄い。

それがオンラインで対戦できるのも凄いです。

ゲームの世界はここまで進化しているのですね。



まとめ


活躍しないと補欠に落ちてしまうプロゲーマーチーム、デトネーション(detonation)。

しかし、活躍すれば年収500万、600万は得られるという生活。

まさに、「プロ」の世界です。


一線から退いたら、引き続きコーチ業として雇われたりもするのでしょうかね。


世間一般からしては、ゲームとはレジャーからは脱しない存在ですが、このように仕事としてゲームを行う人たちがいることがよくわかりました。


世界で活躍するデトネーション(detonation)。

今後もゲームの世界では注目の存在ですね。


以上、マツコ会議 賞金を荒稼ぎするプロゲーマーたちでした。



【送料無料】カプコン ストリートファイターV【PS4】 PLJM80135 [PLJM80135]

やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ