黒田が居残り練習の際に、ひっそりと自分で記念プレートを付けたことで話題になっています。
それは、広島カープの記念プレートは先日の7月3日に新井の2000試合達成記念プレートの取り付けの際に発覚しました。
目立つのが嫌という黒田のちょっとしたお茶目なところですね。
そんなカープの記念プレート。
歴代にはどんなプレートが付けられているのか調べてみました。

Sponsored Link



目次

1枚目:2009年4月11日 マツダスタジアム球団初勝利

plate01
勝利投手は前田健太です。
プレートにも前田健太の投げる姿が映っています。



2枚目:2009年5月24日 永川勝浩の球団新記録 通算最多セーブ

plate02
永川勝浩の139セーブ目の記念プレートになります。
当時の永川のフォークはえぐかったですよね。



3枚目:2009年4月28日 大竹寛の球団新記録 連続イニング無失点

plate03
今は巨人にFAした大竹寛の43イニング連続無失点の記録です。
未だ破られない素晴らしい記録です。



4枚目:2009年6月8日 緒方孝市の通算安打 1500本達成

plate04
現在(2015年)、監督の緒方孝市。
尾道しまなみ球場という地方球場での達成。
オリックスとの交流戦でしたが、カープファンの声援で湧きました。



5枚目:2010年5月2日~2010年5月14日 栗原健太の球団新記録 連続試合複数安打

plate05
栗原 健太が9試合連続のマルチヒットを記録した際のプレートです。
あのころの輝きが復活して欲しい。



6枚目:2010年8月4日 赤松真人のファインプレー

plate06
赤松 真人がフェンスに上ってのスパイダーマンキャッチ。
このプレーは海外でも絶賛されていました。
その姿はフィギュアにもなりました。



7枚目:2012年4月6日 前田健太のノーヒットノーラン

plate07
対横浜DeNA戦、場所は横浜スタジアム。
前田 健太がDeNAを2対0のノーヒットノーランで勝利した記念です。
なお、2012年の沢村賞はソフトバンクの摂津に持っていかれました。



8枚目:2012年5月22日~2012年8月11日 今村猛の球団新記録 連続試合無失点

plate08
今村 猛が29試合もの長い間、連続して無失点という記録を達成。
中継ぎとして抜群の安定感を誇っていました。
今期もその安定感が戻ってくることを望みます。



9枚目:2012年8月16日 河内貴哉の球団新記録 2903年ぶりの勝利

plate09
対ヤクルト戦での記録。
2903日というと、実に8年振りくらいでしょうか。
それほどの長い間、チームを支えてくれていたんですね。



10枚目:2012年8月25日 天谷宗一郎のランニングホームラン

plate10
対阪神戦で記録。
俊足 天谷宗一郎らしい記録ですね。




11枚目:前田健太の球団新記録 シーズン最優秀防御率

plate11
前田健太が2012年シーズンを通して1.53という防御率を達成しての記録。
現在の前田健太も素晴らしいですが、2012年の前田健太はものすごかった。
繰り返しますが、沢村賞はソフトバンクの・・・



12枚目:堂林翔太の球団新記録 シーズン最多三振。

plate12
堂林翔太がシーズン通して150個の三振を喫した記念?プレート。
長打にこだわった結果の三振です。
そのような指示が出ていたのでしょうけれど。
尚、本塁打は14、打率は.242。
本塁打はもう少し出して欲しかった。



13枚目:2013年4月26日 広瀬純の球団新記録 15打席連続出塁

plate13
安打と四球を交えての記録となります。
広瀬純が塁に出るたびに、拍手喝さいが起こっていました。
広瀬純のレーザービームももっと見たいですね。



14枚目:2013年5月12日 丸佳浩と菊池涼介の1試合チーム2満塁弾

対中日戦のマツダスタジアム。
丸佳浩と菊池涼介にて、1試合で2本のグランドスラムが飛び出しました。
マツダスタジアムも大盛り上がり。
歴代プレートで初の2人同時のプレートにもなりました。



15枚目:2013年9月19日 バリントンの球団新記録 球団歴代外国人投手通算勝利

plate15
バリントンが30勝目を上げ、ミンチーの持つの通算29勝を更新しました。
抜群の成績を誇る助っ人でしたね。
この成績をさらに更新する助っ人が出て欲しいところ。



16枚目:前田健太の最優秀防御率投手記念

plate16
前田健太の通算4枚目となる記念プレートです、
2013年もシーズン通して安定のある活躍を見せました。
尚、成績は15勝7敗、防御率2.10
オフにはメジャーか?と騒がれましたが残留。


17枚目:前田智徳 引退プレート 一途な野球人生を忘れない

plate17
怪我に悩まされた孤高の天才 前田智徳の引退プレート。
入団から引退までカープ一筋でチームを支えました。
晩年は代打の切り札として素晴らしい成績を残しています。



18枚目:菊池涼介の日本プロ野球記録 同一守備位置最多捕殺

plate18
菊池涼介が年間528個となる捕殺数を誇っての記録。
日本を代表する守備プロフェッショナルですね。



19枚目:丸佳浩の2013年セリーグ最多盗塁

plate19
丸佳浩の最多盗塁29個を記念してのプレート。
機動力野球のたまものですね。


20枚目:黒田博樹のカープ復帰初勝利 黒田博樹

2015年、メジャーからの復帰となった黒田博樹が今シーズンの初勝利を飾った際の記念プレート。
ひっそりと一人で取り付けたらしいです。
オールスターにも出場が決まっており、今年はまさに黒田イヤーですね。



21枚目:2015年7月3日 新井貴浩のプロ通算2000試合出場

plate21
新井貴浩の広島→阪神→広島での通算2000試合達成を記念してのプレート。
まさに長期間で活躍を続けているからこその記録ですね。
新井も広島に戻ってきて輝きを増しました。




まさに、歴代のプレイヤーの活躍ぶりを象徴したプレートですね。

堂林は悔しいでしょうけど。



今年はどんなプレートが追加されていくのでしょうか。

望むものなら、リーグ優勝プレートを飾ってもらいたいですね。

やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ