7月5日(日) 広島対ヤクルト。
広島の勢いが止まらない。5回の攻撃で2アウトから、エルドレッドのホームランを含む
一挙5点にて、ヤクルト連勝。7月は未だ負け無しの4連勝となりました。
野村は7回6安打2失点の嬉しい4勝目。続く大瀬良・中崎が三者凡退で締めた。

Sponsored Link


野村祐輔。本日を迎えるまで。3勝5敗の成績となっています。
未だ、安定感には少し欠ける成績で、
今日は進退を決める1戦だったかと思われます。

迎えた1回。川端にヒットを許すも、
続く畠山をダブルプレーで抑えます。


2回は2者三振とし、徐々に調子を上げていく野村祐輔。

そんな野村に感化してか、3回に広島打線が爆発します。

會澤、野村がアウトになるものの、
続く1番の丸が四球で塁に出ると、
2番菊池がヒットで繋ぎます。

そして3番シアーホルツが先制点となるタイムリー2塁打で1対0となります。

続く4番新井のライトヒットにて2点を追加。
さらにはエルドレッド。高めのつり玉をレフトスタンドまで運ぶ2ランホームラン!

この回、2アウトからの猛打にて一挙に5点を奪います。

これで気持ち的に楽になった野村。
4回5回は楽に抑えましたが、続く6回。
ヤクルト打線の切り込み隊長、山田に痛いホームランを浴び、1失点。
続く7回に大引きにタイムリーを浴び、2失点。

しかし、今日の野村はいつもと気合が違いました、
上記の2失点で見事に切り抜け、QS(クオリティスタート)を達成。

7回6安打2失点でマウンドを中継ぎに託します。


続く8回。中継ぎ特性を開花させてきたのか、
大瀬良が好調ヤクルト打線を3者凡退で抑えると、
続く守護神中崎が9回もキッチリ3者凡退で抑えてゲームセット。



先発がマウンドを降りてから、
ゲームセットまで無安打で抑えるのは久しぶりな気もします。


それくらい、本日の中継ぎは安定していましたね、

毎回これくらいの活躍をしてくれれば、
胃腸薬の消費が少なくてすみます。

これで中崎は2桁となる10セーブ目。
これでひと皮むけて、絶対なる守護神として確立してくれたら嬉しいですけど。



本日の収穫としては、やはり野村の好投ですね。

前日までは3勝5回。
ルーキーの薮田などの活躍により、
本日の成績次第では2軍送りになる可能性も高かったかと思います。

そんな矢先、好調ヤクルト打線を見事に抑え、
勝利をつかみ取ります、

そして頼れる助っ人、エルドレッドのホームラン。
最近のホームランはホームランこそ少なかったものの、
かなりの確率で打点を積み重ねてきていました。
そして本日のホームラン。

やはり、エルドレッドの醍醐味は豪快なホームランですよね。
打点を積み重ねつつ、ここぞという場面でホームランを放つ。
頼れる助っ人がさらに調子を上げてきました。


そして、本日の次の収穫。
大瀬良、中崎が見事に無安打で締めたことです。

大瀬良は最近の2試合では無失点で切り抜けることがあったものの、
ヒットか四球により、ランナーは出していました。
それを本日は見事に3者凡退。

黒田の勝ち星を消した試合以降、
人が変わったかのように好投を続けるようになりました。
先発を任せたい気持ちは未だありますが、
本日のように安定して任せられるのなら、
先発陣も安心してマウンドを引き継ぐことができるでしょう。

そして中崎も見事に3者凡退でラストを締めます。
中崎は先頭打者を出すか否かで、その日の調子を伺えます。
本日の中崎は綺麗な中崎と言える安定した調子でした。
三振こそ無かったものの、ヤクルトのクリーンナップ、
川端・畠山・デニングを見事3者凡退で抑えました。


これで、先発-大瀬良-中崎の勝利の方程式が確立できたと言えるでしょうか。
もう2,3試合ほど安定すれば、絶対的な信頼はおけるようになるかと思います。



本日は、上位の阪神と巨人が勝利したため、
首位奪還はならず。
首位までは未だ1ゲーム差となります。

しかし、とうとう最大「8」まであった借金が
残りわずか「1」になりました。

続く7日からのDeNA戦にて、
借金生活を終えられるかどうか。

7月負けなしのカープが、
首位奪還に向けてさらに突き進む。

やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ