今、広島カープが熱い。

8年ぶり日本球界に復帰し、大注目を浴びている。

今年2015年のマツダオールスターゲーム2015において
広島カープの黒田 博樹がセ・リーグのファン投票 投手部門で1位となっている。

Sponsored Link


まだ中間発表ですが、2位の高木 勇人とは約3万票差。
まだ予断ならない差とは言えますが、セ・パ交流戦で投手トップの3勝を上げたことからほぼファン投票ではこのまま1位通過することはほぼ間違いないと言えます。


そんな黒田も8年前の2007ガリバーオールスターゲームにおいても投手部門1位を獲得しています。
2007年の黒田はどういう成績をおさめたかというと、下記の通りとなっています。


2007年1戦目6回からマウンドに立つ。
球数8球
打者3人 高橋(日ハム)を三ゴロ、川崎(ソフトバンク)を遊ゴロ、高須(楽天)を中飛
被安打0
ピシャリと3者凡退で抑えています。
(尚、この日の優秀選手賞でカープの前田 智徳が表彰されています。)

黒田は2006年シーズンにてFA権を取得しました。
しかし、ファンから多数の残留を願いに応え、2007年はFA権を行使ぜず、残留を決意。
そしてその決意のもと、オールスターには1位で選出。


2007年シーズンを通しても、9勝5敗の成績をおさめています。
尚、2007年の最多勝は巨人の上原 浩治と同じく巨人のグライシンガーが共に10勝であることから、2007年も9勝という安定した成績をおさめたことになります。


2015年6月現在、黒田は6勝2敗とこれまた安定した成績をおさめており、現段階の最多勝が大野(中日)の7勝であることから最多勝を狙える位置にいます。


2007年は広島カープは5位でシーズンを終えています。
尚、4位の横浜とは10.5ゲーム差というかなり引き離された結果です。

2015年は交流戦終了時、リーグ最下位となっていますが、1位の巨人と4.5ゲーム差という混セ状態であり、1週間後の順位も予想できない状態となっています。

2007年の5位という結果の再来とならないよう8年振り日本球界復帰の黒田ブームに乗って、広島カープが虎視眈々とトップを狙っている。

やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ