中川政七商店

みなさんは蚊帳生地ふきんを知っていますか?
吸水性と速乾性に優れ、しかも肌にも優しい、
まさに台所の味方です。
そんな「蚊帳生地ふきん」の秘密を紹介します。
老舗の中川政七商店さんも創業300年の歴史あり。

Sponsored Link


蚊帳生地ふきんは、「ふきん」として使うだけではなく、
他の用途にも活用できます。

使用用途

大きいサイズならお重箱を包むこともできます。
もう少し小さいサイズではお弁当を包んだり、
茶巾絞りにも活用できます。

生地自体は薄手なので、お料理にも色々と活用できます。

吸水性に優れていて、たたんで使うとあっという間に水を吸い取ります。
うっかりジュースをこぼしてしまった時などに便利です。

また、この薄手の良いところは、その速乾性です。
毎日洗って干しても、すぐに乾いてくれるので、
またすぐに使うことが出来ます。


まさにキッチンの味方ですね。

さらに「蚊帳生地ふきん」は生地もやわらかいので、
肌の敏感な方や赤ちゃんの沐浴にも最適です。


メリットとデメリット


簡単にメリットとデメリットをまとめます。

メリット

  • 吸水性が良い。
  • 洗って干してすぐ乾く!速乾性に優れている。
  • 肌に優しい。
拭いて洗ってすぐ乾く。
まさに台所の一連の流れがスピードアップしますね。


デメリット

  • 値段に関しては人それぞれ

値段に関しては、小さいサイズでも安いもので500円程度から。
「ふきん」として考えると少し高いかと感じます。
その分、機能性に優れているので、その対価と言ったところでしょうか。
それ以外のデメリットに関してはあまり見受けられませんでした。
さすが、台所の味方ですね。




尚、「蚊帳生地ふきん」の老舗である中川政七商店を少し紹介します。

中川政七商店とは


奈良後で享保元年(1716)に創業。
まさに来年で300周年!

創業以来、手編み手織りの麻織物を取り扱っており、
近年は工芸をベースに全国に直営店を展開しています。

会社ベースですと、
社名:株式会社中川政七商店
資本金:10,000千円
売上高:42億8000万円 (2015年2月期)
代表者:代表取締役社長 十三代 中川 淳

という企業となっています。
社長さんの淳さんはなんと13代目!
さすが創業300年。
代々、その技術を引き継いでいるんですね、

中川政七商店さんの蚊帳生地のふきんは、
綿100%で吸水性と速乾性に非常に優れており、
洗うと汚れが素早く落ちます。

使えば使い込むほどに柔らかさが増していき、
食器ふきや台ふきなどに最適です。

中川政七商店さんの蚊帳生地のふきんは
記念品やノベルティなどにも人気がありますね!




一度、蚊帳生地のふきんを使ってみてはいかがでしょうか?

我が家では食器拭きに始まり、台所回りで大活躍しています。
だいたい、3色を色違いで常備して、使いまわしています。

その便利さから、親へプレゼントしたり友達に紹介したりしています。
密かに蚊帳生地のふきんの普及活動に貢献しています。


一度、蚊帳生地のふきんを使ってみてはいかがでしょうか?
その便利さから離れられなくなりますよ!

やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ