2015年10月10日、CS 巨人対阪神の初戦。
2対2のまま延長10回裏、バッター高橋由伸が内角を見逃し、
押し出しサヨナラで勝負が喫しました。
これでCSファイナルへ王手です!

Sponsored Link


巨人の先発は今年一番の優良助っ人 マイコラス。
対する阪神の先発はタイガースの若きエース 藤波で試合が始まりました。


両チーム、2塁まではランナーを進めるものの、
なかなか決め手がないまま4回まで無得点が続きます。

そして試合が動いたのは5回裏。

ベテラン井端のヒットから小林が送りバント、
そしてピッチャー、マイコラスの自援護となるタイムリー2塁打で
ジャイアンツが先制点を取りました。

続く6回裏、長野のヒットから、
亀井のピッチャー強襲となるタイムリーヒットで巨人が追加点!


このままマイコラスが勝利を掴むのか!?
と思われた7回表。
80球を超えたマイコラスが崩れます。

先頭バッターの福留がヒット、
続くマートンにもヒットが出ます。
そして俊介の送りバントにより1アウト2塁3塁。
続く梅野が高めのつり球を打ち返し1点を返し、なおもランナー1塁3塁。

続く西岡がきっちりと犠牲フライによりタイガースが2対2に追いつきました。

7回裏、タイガース先発の藤波は2対2で負け投手にならないまま、
マウンドを岩崎に託します。

同じく8回表、ジャイアンツはマイコラスから山口に投手交代です。

そして両チーム、またもランナーは出るものの
決めてがないまま延長戦へと突入します。





10回表、巨人は澤村がマウンドに立ちます。
先頭ランナーの上本、今成、鳥谷をピシャリと3人で抑えてパーフェクトピッチング!

続く10回裏、阪神は9回に続き安藤が回を跨いでマウンドに立ちます。

ここで先頭打者の坂本に痛恨の四球。
阿部のボテボテのゴロの間に坂本が2塁に進みます。

1アウト2塁でバッターは長野。
阪神バッテリーは勝負を避け、敬遠で次の亀井勝負。
ここで亀井はフルカウントを見送って四球。

これで1アウト満塁、バッターは代打高橋由伸。

1アウト、フルカウントからの6球目、
内角ギリギリを見逃し、わずかに外れて押し出しサヨナラとなりました。


これで巨人は3対3で初戦を制し、
CSファイナルへ王手です!

高橋のヒーローインタビューで初戦を締めくくりました。



明日の試合は続く巨人が連勝するか、
はたまた阪神が取り返すのか。

ヤクルトへの挑戦権はどちらのチームがつかみ取るのでしょうか。






やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ