10月9日放送のぴったんこカン・カンで鈴木亮平さんおすすめのオムレツが話題になっています。
その大きさと弾力に安住アナも驚愕!
鈴木亮平と世界遺産巡りの名物料理紹介です。



Sponsored Link


このオムレツ、鈴木亮平さんがフランスの世界遺産であるモン・サン=ミッシェルに訪れた際、
現地で残念ながら食べられなかったという伝統的なオムレツです。


その理由は、お値段がとても高かったからです。

なんと、現地での価格は50ユーロ(約6750円)

さすがにこのお値段のオムレツにはちょっと手が出せないですよね。



この、モン・サン=ミッシェルの名物料理であるオムレツが
有楽町で食べることができるのです。

そのお店は、東京国際フォーラムにあるお店
「ラ・メール・プラール」です。

ぴったんこカンカン,鈴木亮平,オムレツ,モン・サン=ミッシェル,ラ・メール・プラール


このオムレツは、ラ・メール・プラールの創業者である
プラールおばさんが長旅をして巡礼に訪れた人のために
栄養たっぷりのオムレツを作ったことが始まりと言われています。

ぴったんこカンカン,鈴木亮平,オムレツ,モン・サン=ミッシェル,ラ・メール・プラール2



厨房の様子をちょっとだけ覗かせていただきました。


フワッフワのオムレツの元となる生地をよーくかき混ぜます。
空気を含ませるのがフワフワの秘密ですね。
機会を使わずに人の手でかき混ぜているところにお店のこだわりを感じます。

ぴったんこカンカン,鈴木亮平,オムレツ,モン・サン=ミッシェル,ラ・メール・プラール3


その生地を大き目のフライパンに流し込みます。

ぴったんこカンカン,鈴木亮平,オムレツ,モン・サン=ミッシェル,ラ・メール・プラール4


このフワフワ生地から作り出されたオムレツ。

こちらがそのモン・サン=ミッシェルの名物料理のオムレツです!

鈴木亮平さんはスモークサーモンオムレツを注文。
こちらは薄味のオムレツと相性抜群の本場と同じメニューとのことです。

ぴったんこカンカン,鈴木亮平,オムレツ,モン・サン=ミッシェル,ラ・メール・プラール6



安住アナはフォアグラリゾットのオムレツを注文していました。
こちらは東京店限定の一番人気メニューとの事です。

ぴったんこカンカン,鈴木亮平,オムレツ,モン・サン=ミッシェル,ラ・メール・プラール5



どちらも2000円ちょっとですので、本場の6750円と比べると
実に3分の1の価格ですね!





それにしても、その大きさには驚きです。
30cmくらいあるのではないでしょうか。

そして安住アナの言うように
テンピュールのような弾力!

ぴったんこカンカン,鈴木亮平,オムレツ,モン・サン=ミッシェル,ラ・メール・プラール7



けれども食感はとっても柔らか。

一回口に入れるとフワッと膨らんで、
そこから溶けるような食感です。


オムレツをナイフで切ると、その瞬間に中身がどっと溢れ出てきます。
これは卵が固まっているのは表面だけで、中身は泡立てられた卵液のままの状態です。
これがフワフワの秘密ですね。

ぴったんこカンカン,鈴木亮平,オムレツ,モン・サン=ミッシェル,ラ・メール・プラール8



サーモンとの相性も抜群です。

ぴったんこカンカン,鈴木亮平,オムレツ,モン・サン=ミッシェル,ラ・メール・プラール8


これだけフワッフワでとろける様な生地だと
女性にすごく人気がありそうですね。




このプラールおばさんが作った伝統の味を
今こうして日本でも味わえることができるのって
素敵なことですね。


もちろん、モン・サン=ミッシェルの現地で食べても
それはまた旅先での素晴らしい思い出になるかと思います。


ちなみに、このメール・プラールのオムレツ。

すでにメール・プラール風オムレツという一つのジャンルとなっています。


このフワフワのオムレツ。

是非、一度味わってみて下さい!


住所:
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1東京国際フォーラム内

TEL :
03-5252-7171

営業時間:
<レストラン>11:00〜23:00(22:00ラストオーダー)
<カフェ>11:00〜21:00(20:30ラストオーダー)

着席数 : 74席
駐車場 : 無し(近隣利用:有料)

JR線:
有楽町駅より徒歩1分
東京駅より徒歩5分(京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)

地下鉄:
有楽町線:有楽町駅とB1Fコンコースにて連絡
日比谷線:銀座駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩5分





【フランス おみやげがポイント10倍&2,990円以上送料無料!】ラ・メール・プラール 缶入りガレットクッキー1缶(フランスのクッキー)

やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ