9月27日放送のがっちりマンデーで3年で50店舗以上急増店特集が特集されました。
24時間営業の磯丸水産が店舗急増した理由とは!?


Sponsored Link


大人気の居酒屋、磯丸水産。

お客さんが自分で魚介類を焼く浜焼きスタイルが人気の秘密です。
香ばしい香りが食欲をそそります。

がっちりマンデー,磯丸水産,24時間営業

街中で魚介類のバーベキューが出来るとのことでレジャー気分も味わえるので老若男女に人気です。

がっちりマンデー,磯丸水産,24時間営業2


2009年に1号店をオープンさせると、初日から大行列の人気振りに!

2013年までは年に10店舗程ずつの増店でしたが、
2014年で20店舗以上増店し、
さらに2015年には既に40店舗以上を増店しています。

たった6年で111店舗もの増店しています!

がっちりマンデー,磯丸水産,24時間営業3



他の居酒屋には無い特徴とは!?


磯丸水産が他の居酒屋には無い特徴としては、
やはり24時間営業というところが大きな特徴です。

がっちりマンデー,磯丸水産,24時間営業4

24時間営業ということは、
「人の少ない朝に客は来るの?」
「光熱費や人件費が高いのでは?」
という懸念が浮かびますよね。



けれども、そんな懸念とは裏腹に、
朝5時でも仕事が終わる警察官の方とか夜勤明けの方が
来てくれるのだそうです。

朝早くても需要がちゃんとある、ということですね。

ちなみに朝5時でもこの盛況ぶりです!

がっちりマンデー,磯丸水産,24時間営業5



朝のお客さんは、
「朝までやってるからうれしい」
「仕事が4時上がりでも、24時間だから開いてて入りやすい」


お昼の3時頃のお客さんは、
「定年後でも昼間からお酒が飲めるのが良い」

というインタビューの返答でした。


つまり、朝方は夜勤明けに、
お昼は会社を退職したシニア層に、
需要があるということです。

がっちりマンデー,磯丸水産,24時間営業6

このように、幅広い客層で24時間大繁盛しているということですね!


ただ、24時間営業でも必ずしも集客が良いとは言えません。

そこで、磯丸水産の次の戦略があるのです。




立地にこだわる


磯丸水産が店舗を構える立地の基準として、
駅から徒歩5分を目安に場所を決めています。

がっちりマンデー,磯丸水産,24時間営業7

多少、家賃が高くても駅近に決めています。
また、居酒屋は普通は家賃の安い2階や地下が多いのですが、
磯丸水産は目につきやすい路面店で展開しています。

がっちりマンデー,磯丸水産,24時間営業8


つまり、お店にガッチリお金をかけて集客し、
かけたお金以上に収益を得ているという訳ですね。




目立つ店作り


他の細かい戦略としては、
お店の入り口はとにかく目立つように作る
という戦略をとっています。

電飾を煌々と普通のお店の何倍も電気を使って
目立たせるようにしています。

こうして、内装や外装でお店を目立たせることで
集客に結びつけている、ということですね。

がっちりマンデー,磯丸水産,24時間営業9


他にも、ジャンケン大会などのイベントを定期的に開催し、
お店を盛り上げるようにしています。

とにかく集客にお金をかける戦略が他の居酒屋と違う特徴ですね。




まとめ


・24時間営業
・立地は駅近のみ
・内装・外装にお金をかける。

という風に、とにかく集客に結びつくポイントにお金をかけ、
経費以上に利益を稼ぐ戦略をとる磯丸水産。


現在の剥離多売のスタイルとは異なったやり方で
利益を急上昇させています。


なかなかマネのできるスタイルではありませんが、
このような経営戦略で大成功を収めた例として
参考になるのではないでしょうか?




居酒屋2015 [ 柴田書店 ]

やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ