9月20日放送のがっちりマンデーで儲かる禁止ビジネスが特集されました。
アイリスオーヤマがパソコンを禁止して儲けた理由とは!?
仕事は質で勝負です!



Sponsored Link



アイリスオーヤマとは?


がっちりマンデー,アイリスオーヤマ,禁止ビジネス

アイリスオーヤマは生活家電から日用品、収納用品、ペット用品など
様々な商品を製造、販売する会社です。

1971年4月設立、資本金1億円の大きな会社ですね。


皆さんのご家庭にもアイリスオーヤマの製品があるのではないでしょうか?

我が家にもアイリスオーヤマの収納用品がたくさんあります。

ホームセンターにはアイリスオーヤマ製品が多く並んでいますね。



アイリスオーヤマがパソコンを禁止している理由とは!?



アイリスオーヤマがパソコンを禁止していますが、
これは「自分のデスクでパソコンを使う事」を禁止しているのです。

SnapCrab_NoName_2015-9-20_7-54-25_No-00

「パソコンを使うときは、共有のパソコンを設置しているデスクに移動し、
使い終わったら自分のデスクに戻る」

というルールになっています。

がっちりマンデー,アイリスオーヤマ,禁止ビジネス3


これはまた面倒くさいルールだな、
と感じる方も多いかと思います。


個人パソコンを禁止するメリットとは?


では、何故このようなルールがあるのでしょうか・・・!?


それは、
「長時間だらだらとパソコンをいじって仕事をした気になるのではなく、
パソコンをする時は限られた時間で集中するため」

という理由のためです。


確かに、自分のデスクでパソコンを触るとき、
仕事以外の事をやってしまう場合もあるかと思います。


そのため、アイリスオーヤマでは2007年に個人専用のパソコンを撤廃し、パソコンは部内で共有することにしました。
しかも、共有のパソコンに関しては1回45分という制限時間まで設けているのです。
また、一度パソコンを使用するとその後は15分間使用禁止というルールまであり。

がっちりマンデー,アイリスオーヤマ,禁止ビジネス4

がっちりマンデー,アイリスオーヤマ,禁止ビジネス5

そのため、長時間ダラダラとパソコンを触ることができないということですね。

実際に社員さんに大変では?と聞いてみたところ、
「時間が区切られてやれるので、パソコンに集中して取り組めて
メリハリが付けられる。」

というメリットがあるという回答でした。


このルールのため、
45分以内にパソコン業務を終わらせようと
とにかく集中力を持って取り組むようになったとのことです。

がっちりマンデー,アイリスオーヤマ,禁止ビジネス7


さらに、別のメリットとしましては
個人所有のパソコンが無いことから、
「メールのやり取りが減少」
したことです。

メールのやり取りをするくらいなら、
直接会って話す方が速いということで、
社内での立ちミーティングが増えたとのことです。

がっちりマンデー,アイリスオーヤマ,禁止ビジネス8

これにも理由があり、立ってミーティングをすることで
短い時間でサクッと話し合いを済ませられるのです。

実際、座ってミーティングとなると、
会議室を取ったりスケジュールを立てたりと
スピーディな動きが取れなくなります。

そのため、アイリスオーヤマの部内では
立ちミーティング用の立ちテーブルが至るところに設置してありました。






個人パソコンを禁止した結果



この「個人パソコン禁止」のルールを決めて以降、
新商品比率が年々上昇し、パソコン禁止した2007年から
2015年で実に18ポイントもの上昇するという結果が出ています。

それに伴い、年間売り上げは755億円から1100億円にまで上昇。
これは実に68%もの売り上げ上昇となっています!

がっちりマンデー,アイリスオーヤマ,禁止ビジネス9

この売り上げの伸びは凄いですね!
個人パソコンを禁止することで、
それに波及して様々な効果を生み出し、
結果として売り上げに上昇に結び付いた、ということですね。



「個人パソコンの禁止」という、
一見して生産性が悪くなると思うようなルールですが
逆に社員が集中して仕事に取り組むようになったという
メリットを生み出しました。


やはり、仕事は質が大事だということですね。


禁止で儲かるビジネス、参考にしてみてはいかがでしょうか?



こちらは話題のノンフライヤー オーブントースターです。
余分な油をカットし、ヘルシー志向に。それでいてサクッと美味しいと評判です。

ノンフライ熱風オーブン ノンフライヤー オーブン オーブントースター FVH-D3A-R アイリスオーヤマ〔ランキング入賞〕【送料無料】【P2】


やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ