9月13日放送のがっちりマンデー ボウリングの玉の作成は日本で1社のみ!?
ラスト1社で儲かる最後のトリデ特集が特集されました。
ラスト1社の日本エボナイト社が頑張る訳にはこんな理由があるのです。


Sponsored Link



日本エボナイト社はボウリングの玉 最後のトリデ


日本エボナイト社は日本で唯一のマイボウル作成メーカーです。

がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア2

中山律子さんなどが大活躍した約40年前のボウリング大ブームの時代は、
アシックスなどの大手メーカーを含め7、8社がボウリングの玉を作っていました。


そのころでも、エボナイト社は現在と比べると8倍~10倍ぐらい
作っていたとのことです。

がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア3

さすがにブームの頃を比べると、ボウリング人気も落ちているので
ボールを作る量も随分と違いますね。



ボウリングブームが過ぎた後は、作成メーカーが次々と撤退し、
1980年頃にはとうと最後のトリデになってしまいました。

がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア4


なぜ撤退しなかったのか?



なぜ、日本エボナイト社は大手メーカーと同様に撤退しなかったのかと言いますと、
「受注が減っているときも、日本で唯一のメーカーだから無くすわけにはいかない」
と色々なところが協力してくれて注文をだしてくれたりしたそうです。


業界一丸で日本唯一のボウリングメーカーを後押し!
それにより、今のボウリング界を支える存在になっています。

がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア5



日本エボナイト社が生き残っているワケとは!?


がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア7

それでは何故、日本エボナイト社が今でも生き残ることが出来ているのかというと、
純粋な日本人がテストをして、良いなと言ったテストボールを製品にするという、
日本人に特化したボール作りをしているからだそうです。


ボウリングの玉の作り方は、
型の中に樹脂を流して作ります。

がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア8

ポイントとなるのは、型の中に入れる黒い塊です。

がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア9

そう、これがボウリングの玉の「コア」です。
樹脂の真ん中に入れるコアの形や傾きによって、ボールの性質が変わります。

これにより、ボールが曲がってからの加速感を出したり、
曲がる角度を鋭角にしたり鈍角にしたりと、
様々な特性になるということです。

がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア10


つまり、ボウリング場においてあるようなハウスボールは
ただのプラスティックの固まりのようなものなので
まっすぐ転がせば、まっすぐ進みます

けれども、このコアの形や傾きを変えることで、
まっすぐ投げてもピンの手前でグイッと曲がって
ストライクを取る確率が跳ね上がったりするわけです。

もちろん、微妙な力加減やコントロールは必要となりますが、
無理やり手首をひねってボールを曲げたりはしていないのです。

ボウリングのプロが投げているボールは、
いずれもこの「コア」が重要なボールを使っているというわけです。





この「コア」をエボナイト社は30年で100種類以上も開発しています。

がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア11


急激に曲げたい場合は、きのこ型のコアを使います。

がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア12

緩やかに曲げたい場合は、エックス型のコアを使います。

がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア12


日本人はスピードや回転数が少ないため、
「コア」をスピードの出やすい形にしたり、
「コア」の比重を大きくすることで回転数が多くなるようにできるのです。



樹脂を型に流し込み、固めることで玉の原型を作ります。

がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア13


そして、色を付ける樹脂をさらに流し込みます。

そして、ボウリングの玉が出来上がります。
ちなみに、この段階ではまだ指を入れる穴はありません。

がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア13


指を入れる穴は、使用者によって大きさや幅が違うので、
ボウリング場でちゃんと計ってから穴をあけます。

余談ですが、病院の患者さん毎に「カルテ」があるように、
ボウリングの玉も穴を開けてもらう時に履歴を残すので、
ボウリングの穴の「カルテ」も出来ます。



一般的に、ボウリングのボールはレーンの油を吸い込むため
100ゲーム位で買い替えがオススメなので、
日本にボウリングがある限り、日本エボナイトの玉は売れ続けます!

がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア14

がっちりマンデー,ボウリング,エボナイト,コア15


と番組では締めくくっていました。

実際、マイボウルを持っている人は1日に10ゲームとか簡単に投げます。
なので、100ゲームで買い替えはちょっと誇張な気がします。

けれど、下火にはなっているものの、ボウリングはまだ人気の娯楽施設です。

個人的にはラウンドワンが大きな支えになっているかと思います。
(ラウンドワンのボールは多分、外国製でしょうけども。)

ただ、日本にボウリングがある限り、日本エボナイト社は市場を独占できるでしょう!


プロボウラー


私の趣味がボウリングということで、
ちょっと番組では言っていなかったウンチクまで披露してしまっていました。

ここで私の好きなプロボウラーをちょっと紹介。

ボウリング人気番組
P★リーグ公式ページ


姫路麗(ひめじ うらら)選手:
日本を代表する女子プロボウラーです。
とても強くて綺麗。白鳥のような投げ方が特徴。
サイン持ってます♪




名和秋(なわ あき)選手:
お父さんがドリル士。
こちらもとても綺麗で、アラブの石油王にプロポーズされた経歴あり。




吉田真由美(よしだ まゆみ)選手:
小さい体だけど、安定感抜群!




ボウリングは楽しいし、運動にもなりますので
趣味にするにはうってつけです。

毎回、ボールやシューズを借りるのはお金がかかるので、
是非とも、マイボウル・マイシューズを揃えてみてはどうでしょうか?

その際は、ボールが日本エボナイト社製かどうかチェックしてみてください。



私も持ってる名和秋プロのレッスン本です。
名和秋プロは私の心の師匠です。
【送料無料】 DVD ボウリング入門 180UPをめざせ! / 名和秋 【単行本】



やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ